放射能飛散中
アンパンマン
アンパンマン
バイキンマン
アンパンマン
吹き出し
下段に僕の生みの親
やなせたかし先生の
 紹介があるよ 〜!
それいけ! アンパンマン。。。
愛と勇気の ヒーロー!


絵本誕生から40年! アニメ誕生から20年!
ばいきんまん、ジャムおじさん、バタコさん、めいけんチーズ
アンパンマンの仲間たちも、みんな元気だよ!
新しい仲間も たくさん登場しま〜す。
吹き出し
最新ニュースはこちらをご覧下さい。アンパンマン 公式ポータルサイト

動画でお散歩 / ア ニ メ ・ アンパンマン 【NO.2】

吹き出し
アニメ・アンパンマン(13)
おむすびまんと
化石の魔王
アニメ・アンパンマン(14)
しょくぱんまんと
コキンちゃん
アニメ・アンパンマン(15)
ドキンちゃんと
シチューおばさん
アニメ・アンパンマン(16)
バタコさんと
あかちゃんたぬきおに
アンパンマン/おむすびまんと化石の魔王 アンパンマン/しょくぱんまんとコキンちゃん
アンパンマン/ドキンちゃんとシチューおばさん アンパンマン/バタコさんとあかちゃんたぬきおに
アニメ・アンパンマン(17)
しょくぱんまんと
オーロラ姫
アニメ・アンパンマン(18)
ゆず姫と
ポッポちゃん
アニメ・アンパンマン(19)
ナンドバットと
こおりおに
アニメ・アンパンマン(20)
メロンパンナと
つばき姫
アンパンマン/しょくぱんまんとオーロラ姫 アンパンマン/ゆず姫とポッポちゃん アンパンマン/ナンドバットとこおりおに アンパンマン/メロンパンナとつばき姫
アニメ・アンパンマン(21)
ホラーマンと
ぶたまんまん
アニメ・アンパンマン(22)
ドキンちゃんと
コアンコラ
アニメ・アンパンマン(23)
ばいきんまんと
おかゆちゃん
アニメ・アンパンマン(24)
やきそばパンマンと
アコーディオンマン
アンパンマン/ホラーマンとぶたまんまん アンパンマン/ドキンちゃんとコアンコラ アンパンマン/ばいきんまんとおかゆちゃん アンパンマン/やきそばパンマンとアコーディオンマン
Sponsored Link

■ 「アンパンマン」の原作者の豆知識

■ やなせ たかし

やなせ たかし(本名:柳瀬 嵩(読み同じ)、1919年2月6日 - )
東京府北豊島郡滝野川町(現・東京都北区)生まれ、
高知県香美郡在所村(→香北町、現香美市)出身の漫画家・絵本作家・イラストレーター・詩人。聖公会のクリスチャンである。日本漫画家協会理事長。有限会社やなせスタジオ社長。作曲家、歌手、デザイナー、舞台美術家、演出家、司会者、編集者、シナリオライターとしての活動歴もあり、作曲者としてはミシェル・カマという筆名を使う。

『アンパンマン』の生みの親として知られ、サンリオから刊行されていた雑誌『詩とメルヘン』編集長(1973年 - 2003年)を長年務めた。現在は季刊雑誌『詩とファンタジー』に責任編集という形でかかわっている。
上記のように多彩な仕事を手がけているが、『アンパンマン』の人気が上がり売れっ子になった時はすでに50代後半になっており、漫画家としては大変に遅咲きである。

■ 略 歴

やなせの自伝によると、在所の実家は伊勢平氏の末裔で300年続く旧家であったという。
父は上海の東亜同文書院を卒業後、講談社で編集者を務めていた。やなせはその時期に出生したため、生誕地は当時の家族が居住していた東京府北豊島郡滝野川町字西ヶ原である。
父はやなせの生まれた翌年東京朝日新聞に入社し、1923年に特派員として単身上海に渡る。その後、やなせも母とともに上海に移り住むも、まもなく父がアモイに転勤となり、母や弟(中国で出生。のち京都帝国大学学生から海軍予備学生となり、フィリピンで戦死)とともに在所村の実家に移る。
1924年に父がアモイで死去。
やなせは母・弟と高知市に暮らすようになるが、その後母が再婚したため、後免町(現・南国市)で開業医を営んでいた伯父(父の兄)に弟と引き取られて育てられる。
後免野田組合小学校(現南国市立後免野田小学校)、高知県立高知城東中学校(現高知県立高知追手前高等学校)に進む。
少年時代は『少年倶楽部』を愛読し、中学生のころから絵に関心を抱いて東京高等工芸学校図案科(現千葉大学工学部デザイン学科)に進学。当時の同期生に風間完がいる。卒業後、田辺製薬宣伝部に職を得る。

1941年に徴兵され、野戦重砲兵として日中戦争に出征する。乙種幹部候補生に合格し、主に高等司令部において中国人・中国兵向けのプロパガンダ宣伝ビラ(伝単)の制作を担当した。最終階級は陸軍軍曹。

終戦後はクズ拾いを経て高知新聞記者になり、後に夫人となる小松暢と出会う。1947年に上京、三越宣伝部のグラフィックデザイナーになり、三越在社中に漫画集団に所属、副業で漫画家をしていた。
三越では、包装紙「華ひらく」(図案は猪熊弦一郎)に書かれた「mitsukoshi」のレタリングを手掛ける。1953年3月に三越を辞め34歳で専業漫画家となった。

独立はしたものの漫画家としてはなかなか芽が出ず、漫画やイラストの仕事よりも舞台装置の製作や放送作家、作詞家としての仕事の方が多かった。
作詞家としては、いずみたく作曲のポピュラー・ソング『手のひらを太陽に』の仕事が有名。
性教育用語「ワレメちゃん」を、『ウルトラQ』脚本家北澤杏子とともに考案した事でも知られる。

1966年、山梨シルクセンター(現サンリオ)の辻信太郎社長の薦めで出した詩集『愛する歌』で詩人としてデビュー。
以後、大人向けの詩集や絵本を次々に刊行し、1973年には『詩とメルヘン』を立ち上げた。同年出版した子ども向け絵本『あんぱんまん』が転機となり、現在は主に子ども向けの童話や絵本で知られる。

香美市立やなせたかし記念館「アンパンマンミュージアム」が1996年7月に、同「詩とメルヘン絵本館」1998年8月に出身地である高知県香美市に開館した。
2008年、東京国際アニメフェア2008 第4回功労賞表彰受賞。
最近では、高知県・須崎市の新名物・鍋焼きラーメンのイメージキャラクター・なべラーマンと、かわうそのカウちゃんを、須崎商工会議所から、鍋焼きラーメン・Xプロジェクトに賛同してほしいという要請を受けて、制作している。

1993年、暢夫人が逝去し、現在は独身。
2003年にCDを発売して歌手デビューを果たし、コンサートも年に数回行っている。

■ エピソード

血液型AB型。
暢夫人との間に子供は無く、アンパンマンを二人の子供であるとしている。
称号は東京都新宿区名誉区民。
絵柄はエルジェの影響を受けている。
高校の先輩である横山隆一から大きな影響を受けた(中学時代、横山隆一の妻の弟と席が隣同士だった)
朝食はパン食に徹している。本人曰く「御飯では胃がもたれるから必ずパンにしている」との事。又、パンは自家製で、製パン機を所有している。パンと一緒にけんちん汁(本人は「けんちんスープ」と称している)も作って食べている。
日本漫画家協会賞の選考委員長、漫画甲子園の選考委員も務めている。

手塚治虫とは1960年代から手塚の晩年に至るまで親交があり、やなせは手塚が虫プロダクションで制作した劇場アニメ『千夜一夜物語』(1969年)に美術監督として参加し、キャラクターデザインも手がけた。
手塚はそのお礼として、やなせの原案によるアニメ映画『やさしいライオン』を制作している(大藤信郎賞を受賞)。
2009年に江戸東京博物館で開催された「手塚治虫展」では、 「ぼくが学んだのは、手塚治虫の人生に対する誠実さである。才能は努力しても、とてもかなわないが、誠実であることはいくらかその気になれば可能である。もちろん遠く及ばないにしても、いくらかは近づける。
手塚治虫氏はその意味でぼくの人生の師匠である。」 というやなせのコメントが紹介された(やなせは手塚より9歳年長である)。

◇ A Related Words :
やなせたかし 年収/やなせたかし記念館/やなせたかし 詩/アンパンマン やなせたかし/やなせたかし 画像/やなせたかし展/やなせたかし キャラクター/やなせたかし 本/やなせたかし クリスチャン/やなせたかし 弟

=掲載のテキスト=
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
著者:空欄   掲載サイト
掲載のテキストはクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンス
の下で利用可能です。最終更新 2010年10月10日 (日) 11:57
豆知識画像