動画でお散歩。。。懐かしの時代劇

 動画でお散歩。。。懐かしの時代劇

お夏清十郎
姿姫路清十郎
ひばり
お夏清十郎

美空ひばり/市川雷蔵/お夏清十郎

侍
侍
広沢虎造

お夏清十郎(おなつせいじゅうろう)

お夏清十郎は、 実在の事件を脚色した歌謡、小説、戯曲の登場人物名。
1661年(寛文1年)ごろ、姫路の旅宿但馬(たじま)屋の手代清十郎が主家の娘お夏と密通し、大坂へかけおちしたが捕らえられて処刑され、残されたお夏は乱心したという。

この事件が俗謡「清十郎ぶし」をはじめ、俳諧(はいかい)、歌祭文(うたざいもん)、小説、浄瑠璃(じょうるり)、歌舞伎(かぶき)などの好題材となった。代表的なものは、小説で井原西鶴(さいかく)作『好色五人女』(1686)中の「姿姫路清十郎物語」、浄瑠璃で近松門左衛門の『おなつ清十郎笠物狂(かさものぐるい)』(1705)、『五十年忌歌念仏(うたねぶつ)』(1707)、近松半二、三好松洛(しょうらく)らの『極彩色娘扇(ごくさいしきむすめおうぎ)』(1760)など。

明治以後では坪内逍遙(しょうよう)作の舞踊劇『お夏狂乱』が有名で、戯曲にも真山(まやま)青果作『お夏清十郎』をはじめ多くの作品がある。

日本大百科全書(小学館)より =執筆:松井俊諭 =