動画でお散歩。。。懐かしの浪曲・浪花節

 動画でお散歩。。。懐かしの浪曲・浪花節

nagomi画像

森の石松・三十石船道中

コウモリ
広沢虎造
三十石船道中

浪曲(ろうきょく)とは

浪曲(ろうきょく)とは、明治時代初期から始まった演芸の一つ。「浪花節」(なにわぶし)とも言い、三味線を伴奏に用いて物語を語る。

浪花節は古くから伝わる浄瑠璃や説経節、祭文語りなどが基礎になって、大道芸として始まった、その後明治時代初期、大阪の芸人・浪花伊助が新しく売り出した芸が大うけして、演者の名前から「浪花節」と名付けられた。(浪花節と言われ始めたのは1872年頃と言われている。)「浪曲」と呼ぶようになった理由は諸説あり定かではない。東京では関東節の祖と言われる浪花亭駒吉や横浜で祭文語りで活躍していた玉川派の祖と言われる青木勝之助が東京の寄席に出演し人気を博し浪花節は全国的に広まった。以後、桃中軒雲右衛門や二代目広沢虎造の活躍で戦前まで全盛を迎えた。太平洋戦争後は娯楽の多様化で衰退し現代まで続いているが、現代に合う新しいスタイルを模索している。

庶民的な義理人情に訴える作品が多い事から、転じて「浪花節にでもでてきそうな」という意味で、義理に流された話を「浪花節的な」あるいは単に「浪花節」と比喩することも多いが、実際は武芸物、出世物、任侠物、悲恋物、ケレン物(お笑い)など多種多様である。

現在、浪曲の定席は東京都台東区浅草の「木馬亭」と、大阪府大阪市天王寺区の「一心寺門前浪曲寄席」がある。

浪曲の構成
浪曲は一話完結から連続ドラマのように長い話もある。時間にするとだいたいは三十分位の話がほとんどである。

内容は一つの物語を節(ふし)と啖呵(たんか)で演じる。節は歌う部分で物語の状況や登場人物の心情を歌詞にしており、啖呵は登場人物を演じてセリフを話す。浪曲を勉強する時は節よりも啖呵が難しいと言われ、「フシで三年タンカで五年」と言われている。

節の種類
浪曲で演じられる節には様々な種類があり、簡単大きくに分けると関東節、関西節、中京節(合いの子節)と地方ごとで三つに分けられる。

関東節は基本的に明るくキーが高めでテンポは早めだが、主流は浪花亭派といい浪花亭駒吉が演じたのが最初でその他にもそこから独立した木村派(木村重友)、上州祭文に瞽女歌をミックスした東家派(東家浦太郎)、デロレン祭文語りを発展させた玉川派(青木勝之助)がある、逆に関西節は短調でキイは低めでテンポは遅めである、主流は京山恭安斎の祖とする京山派と、吉田奈良丸を祖とする吉田派がある。 その間に中京節は上手く二つをミックスした独特の伊勢祭文語りの流れをくんだ鼈甲斎虎丸の節がある。

また、それらの節は演者の手で変えられ、人気を博した節は考えた浪曲師の芸名から名づけられたりする。有名な節を作った代表的な浪曲師としては、関東節と中京節をミックスして虎造節を作り、当たり芸「清水次郎長伝」を演じた二代目広沢虎造や、暗めなイメージの関西節を高音でノリのよいテンポの幸枝若節を作り、歯切れの良い啖呵で任侠物の「河内十人斬り」やケレン(お笑い)の「左甚五郎」を演じ戦後の浪曲界を支えた初代京山幸枝若などがいる。

他に中京では浪曲に新内節をミックスして三門節を作り美空ひばりの十八番だった「唄入り観音経」を演じた三門博が挙げられる。他にも伴奏が三味線ではなく、戦前はピアノの伴奏で演じる楽浪曲や、主に関西でやられるギターと三味線で伴奏をするモダン浪曲があり、オーケストラをバックに浪曲を語る歌謡浪曲などは三波春夫や中村美律子など浪曲出身の演歌歌手が演じている。現在歌手ではなく浪曲師として歌謡浪曲を演じているのは関西の浪曲師真山一郎の一門である。戦後の関西(上方)では漫才の人気により多くの浪曲師は漫才師に転向し漫才の中に浪曲の節回しを取り入れたりして人気者になったコンビも多い。主に暁伸・ミスハワイ、宮川左近ショウ、タイヘイトリオ、東洋朝日丸・日出丸、ジョウサンズ等がいる。(浪曲漫才) 尚上方には古くから節劇といわれる浪花節を歌舞伎の義太夫節(チョボ)のように使って演ずる劇がある。

浪曲の舞台セット
演じる時の舞台のセットはまず舞台の中央に金屏風を置き、その前に腰ぐらいの高さの小さめのテーブルを置きその上にテーブルかけをかけてある。真後ろに背もたれの長い椅子がありそこには、それぞれの流派の家紋がある布が掛かっていて、演者は大体は立ちながら演じている。

テーブルかけと言われてはいるが、かけるテーブルかけは普通のではなく、花や動物など華やかで相撲の化粧回しのようにファンが浪曲師に送る物であり、送られるテーブルかけには金糸で寄贈者の名前や会社名が記してある事が多い。

真ん中に、テーブルかけのかかったテーブルがあり、観客から見て右手の方に「曲師」と呼ばれる三味線の演奏者が座っている。 現在、曲師は定席など正式な舞台では衝立を挟んで観客から見えないようになっているが、それ以外では「出弾き」と呼ぶ客前に出て弾くスタイルである。

曲師を隠した理由は明治時代活躍した桃中軒雲衛門が、曲師をしていた美しい妻を、観客が狙わないように隠したことに由縁すると言う説がある。

=掲載のテキスト/画像=
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
著者:空欄   掲載サイト
掲載のテキストはクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンス
の下で利用可能です。最終更新 2010年12月21日 (火) 16:07
掲載の画像:歌川広重(京都名所之内 淀川)public domain(公有)