動画でお散歩 / 故 郷

童謡
Sponsored Link

■ 故 郷

故 郷 (ふるさと)は、文部省唱歌の一つ。

■ 概 説

1914年(大正3年)の尋常小学唱歌の第六学年用で発表された。当時は尋常小学唱歌の性格上、作詞作曲者が明かされていなかったが、作詞者は高野辰之、作曲者は岡野貞一であるとされている。ただし岡野作曲説は学問的には疑わしい(岡野貞一の項参照)。

同じ作詞・作曲者の手による『朧月夜』、『春の小川』などと共に、文部省唱歌を代表する曲としていまでも世代を超えて歌い継がれている。

子供の頃の野山の風景を遠い地から懐かしむという内容で、生まれ故郷から離れて学問や勤労に励む人の心情を歌っている。当該歌詞にあっては、「かの山」は高野の生家のあった長野県下水内郡豊田村(現中野市永江)の「大持山」、「かの川」は「斑川」であるとする説が一般的である。 ただし、歌の中には場所や人を特定する歌詞が出てくることはなく、この歌を通じて、多くの日本人が、それぞれの故郷の光景や家族に思いをめぐらせ、歌の持つ情感に共感できることこそが、場所と時代を超えて歌われ続けているゆえんであろう。

この内容と、唱歌で教えられ始めた時期から、日系人1世はこの歌に涙する人が多い。また、北朝鮮による日本人拉致問題の支援者団体(救う会など)が開催する集会では、この歌を日本人拉致被害者の早期帰国を願って参加者全員で歌唱することが通例となっている。

高野の出身地である長野県中野市と、岡野の出身地鳥取県鳥取市に歌碑がある。

◇ A Related Words :
故郷 ドラマ/ 故郷 歌詞 /故郷の家 /故郷を離るる歌

=掲載のテキスト=
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
著者:空欄   掲載サイト
掲載のテキストはクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンス
の下で利用可能です。最終更新 2010年12月18日 (土) 15:27