動画でお散歩 / ちいさい秋みつけた

童謡
Sponsored Link

■ 童謡 ちいさい秋みつけた

「ちいさい秋みつけた」(ちいさいあきみつけた) は、サトウハチロー作詞・中田喜直作曲による日本の童謡。

1955年にNHKの特別番組『秋の祭典』の楽曲の1つとして作曲され伴久美子がソロで歌った。番組内限定の曲であったが、1962年にキングレコードのディレクター長田暁二が合唱に最適な曲として見い出し、ボニージャックスの歌唱でレコーディングされた。同年末の日本レコード大賞童謡賞を受賞した。後年ダークダックスの歌唱でも発売された。後に文部省認定曲として小学校の音楽の教科書に掲載された。

■ 作詞のきっかけ

サトウハチローが住んでいた東京都文京区弥生の自宅の庭にはぜの木が植えられており、この木の紅葉する情景を見たのが作詩のきっかけとなった。この自宅は1996年に岩手県北上市のサトウ・ハチロー記念館に移築され、はぜの木は後楽園駅近くの礫川公園に移植された。

NHKの『みんなのうた』では、1962年10月にボニージャックスの歌で初登場。映像は藤城清治制作の影絵。 その後1972年10月に谷内六郎制作のスチール画像でリメイク、1982年10月には吉良敬三制作のアニメでリメイクされた。 吉良版では、2番の歌詞の映像に、レオタードを着た女性が登場するあたり、時代を映している。 後年の再放送では、専ら吉良版を放送。藤城版はほとんど再放送されない。

2011年1月1日放送のスペシャル版では、クロージングに放送。1番は谷内版を放送したが、2番以降は吉良版を放送した。

◇ A Related Words :
ちいさい秋みつけた 歌詞 / ちいさい秋みつけた 楽譜 / 童謡 ちいさい秋みつけた

=掲載のテキスト=
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
著者:空欄   掲載サイト
掲載のテキストはクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンス
の下で利用可能です。最終更新 2011年1月1日 (土) 14:42