動画でお散歩 / 仰げば尊し

童謡
Sponsored Link

■ 仰げば尊し

■ 歴 史

「仰げば尊し」(あおげばとうとし/あふげばたふとし)は、1884年(明治17年)に発表された文部省唱歌。卒業生が先生方に感謝し、学校生活を振り返る内容の歌で、特に明治から昭和にかけては学校の卒業式で広く歌われ、親しまれた。ニ長調または変ホ長調が多い。8分の6拍子で、編曲されたものが何種類か存在する。 2007年(平成19年)に日本の歌百選の1曲に選ばれた。

作詞・作曲者不詳のスコットランド民謡とされているが、作詞・作曲ともに当時の教育者伊沢修二ではないかとの説、作詞が大槻文彦・里見義・加部厳夫合議であるという説がある。

1884年(明治17年)に小学唱歌を編集する際に、伊沢が唱歌として加えたのが唱歌としての始まりである。明治から大正、昭和にかけて、学校の卒業式でしばしば歌われる定番の曲となり、現在でも中年以上の世代を中心に、日本の多くの人々の記憶に残る歌となっている。

しかし、第二次世界大戦後には、その歌詞の内容が「教師を崇めるもので、民主主義にそぐわない」として大都市を中心に批判の対象となった。特に1960年代末に学生運動が高揚すると、この歌を卒業式で歌うことを憚る空気が大都市を中心に醸成された。

学生運動終息後も伝統的な意識の退潮が続いたこと、また歌詞が文語であるため、児童・生徒には分かりにくいということなどから、卒業式で歌われないことも多くなった。

大都市の公立学校(特に小学校)では、卒業式合唱曲を『旅立ちの日に』、『贈る言葉』、『さくら (森山直太朗)』等、より近年のヒット曲を中心にする学校が多い。さらに、『仰げば尊し』を歌っている学校においても、2番の歌詞では「身を立て名をあげ」と立身出世を呼びかけている事が「民主主義」的でなく、また「いと」「やよ」のような文語は「難解である」として敬遠され、本来の2番を省略し3番を2番として歌われることも多い。戦後、児童文学者の藤田圭雄は、この歌詞を現代風にアレンジしたが、元の歌でないと涙が出ないと保護者から不評になった。

◇ A Related Words :
仰げば尊し 歌詞 / 仰げば尊し 歌詞 意味 /仰げば尊し 楽譜 / 仰げば尊し 合唱

=掲載のテキスト=
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
著者:空欄   掲載サイト
掲載のテキストはクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンス
の下で利用可能です。最終更新 2010年12月26日 (日) 10:04