動画でお散歩 / 夕 日

童謡
Sponsored Link

■ 童謡・夕日

この歌の作詞者葛原しげるの信条は「いつもニコニコいつもピンピン」で明朗な人柄から、ニコピン先生の愛称で慕われていた。
夕暮れ時の情景を明るく元気に描いたこの歌は今も愛されている

■ 作詞者:葛原 しげる(くずはら しげる)について

葛原 しげる(くずはら しげる、1886年(明治19年)6月25日 〜 1961年(昭和36年)12月7日)
日本の童謡詩人、童謡作詞家、童話作家、教育者。福山市名誉市民。なお「しげる」を「茲」など漢字で表記でされる文献も多いが、色々あって正しいのはどれかは不明。

葛原の代表作として広く知られる作品に「夕日」がある。
これは洋楽の童謡だが「夕日」の詩は最初、「きんきんきらきら」であった。小二の長女に「夕日は『ぎんぎんぎらぎら』でしょう」と言われて変更、おかげで強い生命力を感じさせる名作となった。
1921年(大正)10年、室崎琴月作曲でレコード発売され全国的に有名になった。

◇ A Related Words :
童謡夕日 歌詞/葛原しげる 夕日

=掲載のテキスト=
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
著者:空欄   掲載サイト
掲載のテキストはクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスの下で利用可能です。
最終更新 2010年12月26日 (日) 03:06