動画でお散歩 / 大きな 古時計

童謡
Sponsored Link

■ 大きな古時計

「大きな古時計」(おおきなふるどけい、英: My Grandfather's Clock)は、アメリカ合衆国のポピュラー・ソング。

作詞・作曲はヘンリー・クレイ・ワークで、1876年に発表され、当時アメリカで楽譜が100万部以上売れた。ワークがイギリスを訪問している際に、宿泊先のホテルの主人から聞いたエピソードにヒントを得て歌にしたものである。

「おじいさんが生まれた時から90年間[1](保富康午による日本語詞では100年間)ずっと時を刻み続けてきた大きなのっぽの古時計が、おじいさんが亡くなった後の今では、もう動かなくなっている」と言うのが、歌詞の内容である。

■ 日本での受容

1940年(お祖父さんの時計)1940年に、ミミー宮島歌唱、門田ゆたか作詞、仁木多喜雄編曲で「お祖父さんの時計」としてリリース。1943年に製造中止となるまでに5173枚(2002年の音楽市場規模に換算すると5万枚に該当[2])のレコードを売り上げた。

このときの歌詞は原詞とは全く異なり、シンデレラをモチーフとしたものだった。「お祖父さんの時計」はコロムビアミュージックエンタテインメント(現日本コロムビア)から発売されたオムニバスCD『舶来流行歌 笑・撃篇』に収録されている。

1962年にNHKのテレビ番組『みんなのうた』で、保富康午の訳詞によって「大きな古時計」として放送され、日本人の間に急速に浸透した。
現在日本でよく知られている歌詞は、このときのものである。

歌手・平井堅がカバーしたバージョンでさらに親しまれるようになった。

◇ A Related Words :
大きな古時計 歌詞 /大きな古時計 楽譜 /平井堅 大きな古時計

=掲載のテキスト=
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
著者:空欄   掲載サイト
掲載のテキストはクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンス
の下で利用可能です。最終更新 2010年11月16日 (火) 10:37