動画でお散歩。。。
オスプレー 来年後半 沖縄に配備 垂直離着陸輸送機

 動画でお散歩。。。
オスプレー 来年後半 沖縄に配備 垂直離着陸輸送機

nagomi画像

 米国防総省のラパン副報道官は6日に発表した声明で、米海兵隊の新型輸送機オスプレイ(垂直離着陸輸送機:MV22)について、来年後半に米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)へ配備することを正式に明らかにした。

 これに伴い、沖縄防衛局は6日、2012年から普天間飛行場に配備する方針であることを、県や関係自治体に正式に伝達した。
沖縄に駐留している第3海兵遠征軍に所属している輸送ヘリCH46を、2012年後半にMV22に置き換える作業が行われるとした。

 CH46は老朽化しており、速度や航続距離などに優れたオスプレイに機種変更することは米軍の既定路線。
「CH46に比べて、MV22はより安全で、騒音レベルも全般的に低い。能力ははるかに高い」と強調した。

 開発段階で墜落事故があったことなどから、沖縄県側は騒音や安全性を強く懸念している。

nagomi画像
Credits:wikipedia pablis domain (公有) 掲載サイト 海兵隊所属 MV−22
nagomi画像
Credits:wikipedia pablis domain (公有) 掲載サイト 飛行中のCV-22
試作機段階での事故
V-22は試作機段階で2回、重大な事故を起こしている。
1回目の事故は、1991年6月11日に試作5号機が初飛行時に左右に揺れながら離陸後、数mの高さから大きく機体を傾けてナセルとローターが接地し、機体は転覆して地上へ落ちた。
火災も起きずパイロット2名は脱出して軽傷で済んだが、機体は失われてしまった。
この墜落原因は、飛行制御システム (FCS) の3つのロールレイト・ジャイロの配線の内の2つが逆に接続されていたミスと判明し、3ヵ月後に試験飛行は再開された。
Sponsored Link

■ Osprey

V-22はアメリカ合衆国のベルとボーイング・バートルが共同で開発したティルトローター機。
アメリカ合衆国海兵隊と空軍に配備されている。
愛称のOspreyはミサゴを意味する。日本語メディアではオスプリー、オスプレイなどと表記されている

■ 開 発

ヘリコプターは垂直離着陸・ホバリング(空中停止)・超低空での地形追従飛行が出来るが、速度が遅くまた航続距離も短かった。
対して通常の固定翼機は高速移動や航続距離の面では優れているものの、離着陸のための長い滑走路が必須な上、垂直離着陸もホバリング(空中停止)も超低空での地形追従飛行もできなかった。

もしヘリコプターの利点である垂直離着陸・ホバリング(空中停止)・超低空での地形追従飛行をこなしつつ、通常の固定翼機のように高速移動かつ長い航続距離が可能ならば、それは戦略上非常に有用なことであり、このことからアメリカ軍は第二次世界大戦直後から両者の利点を持ち合わせた航空機を欲しがっていた。

そのため1950年代半ばからXV-3やXV-15などのティルトローター機やティルトウィング機の実験が幾度となく行われていた(第二次世界大戦中にもF5Uの原型機の試験飛行まで漕ぎ着けている)。

この一連の流れの中、1980年、米軍によるイーグルクロー作戦失敗が契機となって、これまで以上にティルトローター機実現に向けて立ち上げた計画がJVX計画である。

■ 飛行の特徴

メインエンジンV-22は固定翼面積が小さく固定翼から発生する揚力だけでは上昇・前進が出来ず回転翼から発生する揚力のベクトル軸の向きを必要に応じて調整し運用することになる。
V-22はその要求通りヘリコプターの利点である垂直離着陸と固定翼機の利点である長い航続距離や速さを持ち合わせている。
V-22は主翼の両端に大型の回転翼を装着したターボシャフトエンジンを装備し、このエンジンの角度を垂直にかえることによって垂直離着陸を可能としている。エンジンは垂直より少し後方まで向けることが可能で、速度は出ないが後退飛行をする事もできる。

また、エンジンを前方斜めに傾けることによって短距離離陸 (STOL) を行うことも可能である。ただしV-22の回転翼は大型のため完全に前方に向けてしまうと地面に擦ってしまう。
巡航時にはエンジンを完全に水平にすることによって通常の飛行機と同じように飛ぶことが可能である。ただし、上記の理由により回転翼は幾分斜め上に向けて飛行する場合が多い。この場合、回転翼は広い面積を有し十分な揚力を得られるので、水平飛行時は通常の固定翼機に比べゆっくりな回転を示している。

なお、2つの回転翼の配置の特性から、垂直離着陸時に片方の回転翼が停止した際の墜落を防ぐために、2つのエンジンを連結シャフトでつなぐことによって、片方のエンジンが止まった場合でも、稼動している側のエンジンによって2つの回転翼を回すことが可能となっている。

■ 性 能

V-22とC-130/H-60シリーズの比較V-22の最高速度は300kt(約555km/h)を超える。
これは高速のヘリコプターの最大速度である200kt(約370km/h)程度と比べても1.5倍の速度であり、現在アメリカ軍が採用している同規模の輸送用ヘリコプターと比べても実に2倍以上の速度である。

航続距離も空中給油などを併用した場合最大で2,000 nm(約3,700km)以上と長いものとなっている。

固定翼を併用するために、回転翼のみよりエンジンの単位出力当たり大きな揚力を得られる。
また回転翼機より高い高度に上ることが可能である。
また、海兵隊が使用する強襲揚陸艦などで使用できるよう、ローターと主翼は折りたたむことが可能となっている。

サン・アントニオ級ドック型輸送揚陸艦ではヘリコプター甲板に4機・格納庫に1機の積載とヘリコプター甲板から同時に2機の発着が可能とされている。

2007年9月にイラク配備のための輸送では、ワスプ級強襲揚陸艦「ワスプ」に10機が積載された。

◇ A Related Words :
オスプレー 沖縄に配備/垂直離着陸輸送機mv-22/オスプレーとは/V-22 オスプレイ/Osprey/オスプレー 事故

=掲載のテキスト=
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
著者:空欄   掲載サイト
掲載のテキストはクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスの下で利用可能です。
最終更新 2011年6月15日 (水) 14:53