動画でお散歩 / ホット ニュース

パトカーにハチの大群が。。。車内に3時間閉じ込められる   2010年8月

Sponsored Link

@ パトカーにハチの大群が。。。車内に3時間閉じ込められる事故が起こった。

米ノースカロライナ州ローリー近郊の路上で今月17日、パトカーにハチの大群が押し寄せ、運転席の副保安官が出るに出られず、3時間にわたり車内に閉じ込められた。

ミツバチを運んでいたトレーラーが故障し、立ち往生するなか、パトカーの明るい色に引き寄せられたハチの群れは、一斉にパトカーに殺到。
5万匹近くがトランクや側面を覆い尽くした。

A ミツバチが見せた意外とどんくさい一瞬 (笑)

働き者のイメージもあるミツバチが、意外にも間抜けな一瞬をビデオで撮られていた。機敏に空を飛び回るミツバチが 蜂合わせ??。。。鉢合わせ!

ミ ツ バ チ

ミツバチ(蜜蜂)とはハチ目(膜翅目)・ミツバチ科(Apidae)・ミツバチ属(Apis アーピス)に属する昆虫の一群で、花の蜜を加工して巣に蓄え蜂蜜とすることで知られている。世界に9種が知られ、とくにセイヨウミツバチは全世界で養蜂に用いられており24の亜種が知られている。

日本のミツバチ

日本ではニホンミツバチ、セイヨウミツバチの2種が飼育(養蜂)され蜜の採取が行われている。また作物の受粉にも広く用いられるが、トマトやピーマンなどのナス科の果菜類は蜜を出さず特殊な振動採粉を行うためミツバチではなくマルハナバチ(ミツバチ科マルハナバチ属)が使われる。 セイヨウミツバチの養蜂においては規格化された巣箱を用いて大規模な採蜜が行われるが、ニホンミツバチの場合は野生集団を捕獲して飼育し採蜜の際は巣を破壊して搾り取ると言う伝統的な手法が主であり蜂蜜の流通量も少ない。

新たな女王蜂が誕生した巣では(分蜂)が起こり、女王バチは働きバチを引き連れ巣を出て新しい巣を探しに出る。この際、女王バチを護って働きバチが塊のようになる分蜂蜂球を作る。

ミツバチの働きバチは受精卵から発生する2倍体(2n)であり全てメスである。通常メスの幼虫は主に花粉と蜂蜜を食べて育ち働きバチとなるが、働きバチの頭部から分泌されるローヤルゼリーのみで育てられたメスは交尾産卵能力を有する女王バチとなる。オスは未受精卵から発生する1倍体(1n)であるが、巣の中では働き蜂に餌をもらう以外特に何もしない。オスバチを指す英語「drone」は「なまけもの」の意味である。

オスは女王バチと交尾するため、晴天の日を選んで外に飛び立つ。オスバチは空中を集団で飛行し、その群れの中へ女王バチが飛び込んできて交尾を行う。オスバチは交尾の際に腹部が破壊されるため交尾後死亡するが、女王バチは巣に帰還し産卵を開始する。交尾できなかったオスも巣に戻るが、繁殖期が終わると働きバチに巣を追い出される等して死に絶える。

毒物への耐性は弱く、ショウジョウバエの半分程度という。

セイヨウミツバチの成虫の寿命は、女王蜂が1-3年(最長8年)、働き蜂が最盛期で15-38日、中間期は30-60日、越冬期が140日、雄蜂は21-32日である。

◇ A Related Words :
遊助 ミツバチ /日本ミツバチ /ミツバチ 歌詞 /ニホンミツバチ ミツバチの羽音と地球の回転 /西洋ミツバチ /ミツバチ イラスト /上地雄輔 ミツバチ /ミツバチのささやき /ミツバチの巣

=掲載のテキスト=
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
著者:空欄   掲載サイト
掲載のテキストはクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスの下で利用可能です。
最終更新 2011年4月7日 (木) 16:03