動画でお散歩 / ホット ニュース

尖閣沖中国漁船衝突映像流出!  日本の機密管理能力崩壊の危機!

福島瑞穂参議院議員テレビ出演でのコメント:( 11月5日午前 )
「日本は大丈夫か?」「ガバナンス ( governance ) の問題です」の繰り返し。。。
大丈夫のはずがないではありませんか!
コメンテーターも、映像分析で、善か悪かの話題に集中!。。。そんな問題ではないでしょう
日本の機密・危機管理能力崩壊! 国際社会からの信用失墜! 外交能力「ゼ ロ」
尖閣漁船衝突
You Tube映像より
Sponsored Link

尖閣沖中国漁船衝突映像流出!2010年11月5日

映像投稿者(元版)のハンドルネームは「Sengoku 38」・・・仙石さんパーの皮肉か?

沖縄県の尖閣諸島沖での中国漁船と海上保安庁巡視船の衝突映像の流出を受け、海上保安庁では、5日未明から、幹部が慌ただしく集まり始め、対応を協議している。

5日午前3時すぎ、海上保安庁の広報室長は、「映像が流れているということで、情報が入りましたので、現在、その事実関係を調査しているところです。
部分的にわたしが見たものと、同じ部分もあります」と語った。

流出した映像は、合計およそ44分で、6本に分けて動画投稿サイト「YouTube(ユーチューブ)」に投稿された。
この映像について、海上保安庁幹部は「本物と考えて間違いない」と話している。

映像の冒頭には、撮影した海上保安庁の職員とみられる氏名も記載されている。

11月1日、衆参両院の予算委員会理事に限定公開された映像は、6分50秒に編集されたもので、今回の映像には、それ以外のものも含まれているという。

尖閣諸島沖で、中国漁船が海上保安庁の巡視船に衝突した際の状況を撮影したとみられる映像がインターネットの動画投稿サイト(You Tube)上に流されている問題で、海上保安庁は映像は本物だとみて流出の経緯を調べている。

今年、9月7日、尖閣諸島沖の日本の領海で、中国の漁船が海上保安庁の巡視船に衝突したときの状況を撮影したとみられる映像で、映像には中国漁船とみられる青い船が、海上保安庁の巡視船「よなくに」とみられる船に後ろから衝突して逃走する様子や、その後、巡視船「みずき」とみられる船に右側から衝突する様子が映っている。

海上保安庁は映像は本物だとみていて、5日未明から鈴木長官ら幹部が緊急に集まり、対応を協議。

今回流された映像は、全部で44分余りあり、今月1日に衆参両院の予算委員会の理事らが視聴した6分50秒に編集されたものとは長さが違う。

また、海上保安庁が事件当日撮影した編集されていない元の映像は、あわせて数時間あり、沖縄県の石垣海上保安部に厳重に管理されているという。

しかし、衝突事件の捜査の過程でほかにもコピーが作られた可能性もあるという。

海上保安庁は、石垣海上保安部に職員を派遣するなどして、映像が流出した経緯を調べている。

また、検察当局によると、海上保安庁が事件当日撮影した映像は、事件直後、証拠として海上保安庁から那覇地方検察庁に送られ、その後、那覇地検から福岡高等検察庁と最高検察庁にも送られていた。

映像の流出を受けて、検察当局では保管状況の確認を進めている。

石垣海上保安部(沖縄県石垣市)では、PCに閲覧制限なし 内部からの漏洩想定せず。2010年11月6日

部内者であれば誰でも閲覧したり、データをコピーできる状態に置かれていた。
石垣海上保安部に限らず、海保の捜査部門に置かれた同様のパソコンは、すべてこうした状態になっていた。
石垣海上保安部では事件発生直後、捜査担当者以外の職員も映像を編集する場面に出入りしていたとみられ、海保が調査を進めている。

各省庁では政府統一基準にのっとって省庁ごとに情報セキュリティーの指針を作成している。
海保の場合も、国土交通省の指針に基づき内部資料の保管体制を定めていた。

インターネットなどに接続しているパソコンには、すべて証跡管理ソフトなどを導入し不正アクセスによる情報漏洩に備えているほか、より機密性の高い情報は海保内だけのローカルネットワーク内で管理していた。

さらに、海上警備計画や過去に犯歴のある船舶の情報など最も機密性の高い情報については、何のネットワークにもつながっていないパソコン1台で管理。このパソコンからデータを移し替える場合は、所属長の許可を得て業務用のUSBメモリーを使うよう定められている。

だが、そのような原則が定められている一方で、 パソコン自体にパスワードなど閲覧を制限する仕組みはかけられていなかった。

厳重に管理されるべき捜査情報が日常業務の一環として扱われることも多かったという。

海保関係者は「捜査部門の担当者が自分のパソコンにデータを保存して作業することは日常的」と話しており、私用のUSBメモリーなどで情報を持ち出しても気づかれない状態になっているという。

加えて石垣海保の場合、パソコンが置かれていた警備救難課は当直体制のため部屋は施錠されず、24時間人が出入りできる状態だった。

海保関係者は「外からの侵入には気をつかっているが、中から漏れることは想定していない。
正直、「性善説に立った情報管理だと思う」
と話している。

◇ A Related Words :
中国漁船衝突 ビデオ/ 中国漁船衝突事件 /中国漁船衝突 海外の反応/ 韓国警備艇と中国漁船衝突 /中国漁船衝突 韓国 /中国漁船衝突 動画 /中国漁船衝突事故/ 中国漁船衝突事件 韓国 /尖閣諸島 中国漁船衝突/ YouTube 中国漁船衝突