動画でお散歩 / ホット ニュース

強 盗 団 「 ピンクパンサー 」 メンバー移送.. / 成田は厳戒体制

Sponsored Link

@ 国際強盗団「ピンクパンサー」逮捕 日本に移送

2007年に東京・銀座の宝石店で起きた強盗・傷害事件で、警視庁が国際手配して逮捕された国際強盗団「ピンクパンサー」の構成員「ハジアフメトビチ・リファト容疑者(42)=モンテネグロ国籍=」が、厳戒態勢のなか日本に移送された。

ピンクパンサーによる被害は、世界28カ国で約450億円に上るとみられ、構成員は150人ほどで、過去には逮捕されたメンバーを奪還したこともあり、厳戒態勢のなか日本に移送された。

ティアラ強奪直後の、同年6月14日、リファト容疑者は女性宅でティアラを分解してダイヤモンドだけを取り出し、イタリア国籍の女に渡したとみられることが15日、捜査関係者への取材で分かった。

女は宝石商で、事件後に同容疑者と同じ便で出国しており、警視庁組織犯罪対策2課は女が運び役で、海外でダイヤが売却されたとみている。

今年2月23日、国際強盗団「ピンクパンサー」など、世界的規模で活動する国際犯罪組織が日本に入り込み、犯罪のグローバル化が急速に進んでいることから、警察庁が新しい捜査体制を作ることを決めた。会見する、警察庁 安藤隆春長官。

早速の逮捕・身柄引き渡し。。。日本の警察!がんばれ!

◇ A Related Words :
強盗団の正体は国際犯罪組織/ピンクパンサー/国際窃盗団