動画でお散歩。。。
米海軍特殊部隊 SEALS = シールズ =

 動画でお散歩。。。
米海軍特殊部隊 SEALS = シールズ =

nagomi画像
アメリカ星条旗
SEALS
米国海軍特殊部隊エンブレム
Credits:(wikipedia)public domain
米国海軍特殊部隊 SEALS
prince william
prince william
ウサマ ビンダディン容疑者

ビンラディン容疑者潜伏先へ
米海軍特殊部隊ALS(シールズ)が急襲!
頭部を射抜き殺害!

米国海軍特殊部隊 SEALSが潜伏先を急襲!(Image Video)
prince william
Sponsored Link

■ アメリカ海軍の特殊部隊 Navy SEALs(ネイビーシールズ)

Navy SEALs(ネイビーシールズ、正式名称はUnited States Navy SEALs)とは、アメリカ海軍の特殊部隊である。米特殊作戦海軍の管轄部隊であり、現在2つの特殊戦グループ、8つのチームに分かれて編成されている。以下本稿ではSEALsと呼称する。

SEALsの歴史は米軍の近代特殊部隊の中では最も古く、元々第二次世界大戦中に活躍していた水中破壊工作部隊(UDT)が中心となり、ベトナム戦争における南ベトナム解放民族戦線掃討を目的として1962年1月1日に結成された部隊である。

SEALsという名称は、SEがSEA(海)、AがAIR(空)、LがLAND(陸)と、陸海空のアルファベットの頭文字から取られており、アザラシ(英語でSeal)を掛けたものでもある。その名の通り陸海空問わずに偵察、監視、不正規戦等の特殊作戦に対応出来る能力を持つ。アメリカ軍の特殊部隊の中でも、アメリカ陸軍の特殊精鋭部隊であるグリーンベレーやデルタフォースと並び、米軍最強との呼び声も高い(水中・水上での作戦遂行能力には非常に高いものがあるが、長期間の陸上での戦闘行動は難しいものがあるとの意見もある。アナコンダ作戦では長距離行動に破綻をきたし、グレナダ侵攻でも窮地に立たされている。もっとも、海軍の特殊部隊が本来持つ任務から外れ、軽歩兵の役割も与えられており、仕方がなかったという見方もある)。

任務は通常2名から4名で行動する。(場合によっては2の倍数で増員される) 1小隊は14人〜16人。士官2人、兵曹長1人、先任下士官1人、下士官・水兵10人〜12人の編成とされる。

水中作戦を得意とし、水際の作戦専門部隊に見られがちだが、実際にはイラクやアフガニスタン、ソマリアなど海や河川が存在しない地域でも活動している。極限的な環境である北極圏の水中でも作業できるため、陸上の過酷な環境での作戦従事も多い。

一部海兵隊と混同する向きがあるが、任務や性質も全く異なる。沿岸警備隊員は直接選抜過程を受けることが出来る。(海兵隊は他の陸海空及び沿岸警備隊に並ぶアメリカ五軍の一つである)。

高度な水泳と潜水スキルを持っており、危険が及んだ際に「水のある所へ逃げる」ことで命拾いした例がいくつも存在する。一部SEAL輸送チームを除きパラシュート訓練が必須となっているため、空挺作戦も可能である。パラシュート降下時にゴムボートも降下させて海に着水し、空から水上作戦を展開することができる。

SEALs輸送チームはSEAL輸送潜水艇(SEAL Delivery Vehicle:SDV)という6人乗りの小型潜水艇を操作する部隊で、実際2003年のイラク戦争で海岸油田の偵察任務に使われている。潜水艇は密閉されておらず水びたしになるため、スキューバギアが備え付けてある(ドライタイプのSDVの開発が進められている。実際の上陸時には水中に出るので、水に触れずに済むのはSDV内のみとなる)。長時間水に浸かるため、SEALsのような専門職でなければ搭乗できない。 ただし、SEALs輸送チームも昨今のアフガニスタンで敵拠点強襲作戦に関与している事が確認されている。イラクの海岸油田制圧ではSDVで偵察を終えたリーダーが、そのまま強襲部隊に参加した。

武器・装備に関しては、任務内容や役割に応じて適意自由に選択される。

◇ A Related Words :
米海軍特殊部隊seals/ 米海軍特殊部隊seals(シールズ)隊員 /米海軍特殊部隊seals(シールズ) /米海軍特殊部隊「seals」/ ビンラディン 射殺 画像 /YouTube 米海軍特殊部隊seals/ユーチューブ シールズ/米海軍 特殊部隊シールズ/U.S.NAVY SEAL入隊資格 / アメリカ海軍特殊部隊/海兵隊 特殊部隊/gsg-9 対テロ特殊部隊/ アメリカ軍 特殊部隊/特殊部隊 最強

Sponsored Link
=掲載のテキスト=
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
著者:空欄   掲載サイト
掲載のテキストはクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスの下で利用可能です。
最終更新 2011年5月11日 (水) 09:11