動画でお散歩。。。
浪江町警戒区域 福島第一原発20キロ圏内の記録

 動画でお散歩。。。
浪江町警戒区域 福島第一原発20キロ圏内の記録

nagomi画像
放射能
NHK
    NHK 日本放送協会

4月22日、原発より半径20km圏内が警戒区域に指定される。 本格的な行方不明者捜索が行われた2011年4月24日
「警戒区域」に指定された浪江町の原発20キロ内地域に、NHKのカメラが入った。

只今、サイト タイトル の映像がございません。 関連の映像をご覧いただいています。
福島第一原発20キロ圏内の記録
Sponsored Link
prince william
浪江町警戒区域   NHK 福島放送局   浪江町警戒区域   NHK 福島放送局    福島第一原発20キロ圏内
Sponsored Link

■ 浪江町警戒区域〜福島第一原発20キロ圏内の記録

NHK 福島放送局「浪江町警戒区域〜福島第一原発20キロ圏内の記録〜」

4月14日、放射線量が低下したとして、原発より半径10km圏内の一部(浪江町では請戸地区)で福島県警による行方不明者の大規模捜索が始まった。

2011年4月24日、「警戒区域」に指定された 福島県 双葉郡 浪江町。

立ち入り禁止になってしまった我が町は、今、どうなっているのか。 「警戒区域」に指定された浪江町の原発20キロ内地域に、4月末、NHKのカメラが入った。

本格的な行方不明者捜索が行われた日に、町長の立ち入り許可を得て、 町の職員らに同行し、津波の被害の大きかった海沿い地域の現在の様子を克明に記録した。

主な撮影地は、浪江町請戸を中心に、中浜、両竹、棚塩など。

■ 福島県 双葉郡 浪江町(なみえまち)

浪江町(なみえまち)は、日本の福島県双葉郡にある町。同県内の太平洋沿岸地方を成す浜通り地方の中央部近くに位置する地域の一つ。 町内東部の請戸漁港は、県内最東端にあたる。

2011年(平成23年)3月11日、東日本大震災で被災。被害の一つとして発生した福島第一原子力発電所事故の影響を受けて、同月15日以降、仮役場が同県内の二本松市に設置され、多くの住民が移動・避難した(避難民と避難所は他にも散在)。

■ 浪江町 の歴史

1955年に人口約28000人を数えた本町も、過疎と財政難に悩まされ、その打開が必要だった。1960年頃、福島県が原子力発電所を誘致するに当たり、本町も候補地となるが、同じ双葉郡の双葉町に決まり、福島第一原子力発電所として開所する。

折りしも1969年に発足を控えていた宇宙開発事業団がロケット発射場の候補地を探しており、町の方から手を挙げたものの、原子力発電所の近郊に発射場を建設するのは危険と判断され、この構想も消滅した。

ロケット発射場の次は「子供の村」構想に飛びついたが、これも駄目になった。しかし福島第一原発建設の経済波及効果は本町にもあり、1970年に約21000人で底を打った人口は1970年代末には23000人に回復、作業員向けの宿泊施設、バー、スナックなどが建てられた。

町が何か誘致できる施設が無いかを調べていたところ、東北電力が本町と小高町(現在の南相馬市小高区)に跨る地域に原子力発電所の誘致を持ちかける。当時東北電力は女川原子力発電所の建設計画も進めており、女川へ原発と付随する交付金、雇用等を取られてしまうという対抗心もあって町議会は賛成するが、公害意識が芽生え始めた時期でもあり、地元の自民党支持層は分裂、自民党反対派は他党と組まず、長らく反対運動を続けることになる。

1982年の雑誌対談で示された概要図では原子炉は4基となっていた(後の浪江・小高原子力発電所計画)。上述の宿泊施設、町による水道などの社会資本投資は原子力発電所建設を見越した先行投資でもあったため、1980年代末時点で17名まで減ったものの団結力を高め予定地に共同登記をしていた反対運動による遅延は、これら商工業者に莫大な損失を強いるものとなった。原子力発電所の建設が進まない中、近隣自治体に新地発電所、原町火力発電所などが建設されていった。

2011年(平成23年)3月11日:マグニチュード9.0の東北地方太平洋沖地震が発生し、浪江町は幾世橋で震度6強を観測した。さらにこの地震が引き起こした大津波によって町の沿岸部は壊滅的被害を受けた。加えて、隣接する大熊町域で福島第一原子力発電所事故が発生し、以後、放射能漏れによって多大で長期的な影響を受けることとなった。

◇ A Related Words :
浪江町 ダッシュ村 /浪江町 2ch /浪江町ホームページ /浪江町請戸 /浪江町 掲示板/ 浪江町被災者掲示板 /浪江町 焼きそば /福島県双葉郡浪江町 /福島県浪江町/ 浪江町 一時帰宅/浪江町警戒区域 NHK

=掲載のテキスト=
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
著者:空欄  掲載サイト
掲載のテキストはクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスの下で利用可能です。
最終更新 2011年5月14日 (土) 10:07
※注 この項目は著作権侵害が指摘され、現在審議中です。