エコポイント

動画でお散歩 / サンドウィッチマン (ファンレター)

指ボタン
ポチッ!

漫才(まんざい)

漫才(まんざい)は、古来の萬歳を元に、日本の関西地方で独自に発達したとされる、主に2人組で披露される演芸・話芸。2人の会話の滑稽な掛け合いの妙などで笑いを提供する。
大正末期、映画の弁士によって始められた漫談にちなみ、昭和8年頃に吉本興業宣伝部によって漫才と名付けられた。
漫才を行う者を「漫才師」と呼ぶ。関西圏の漫才を特に上方漫才(かみがたまんざい)という。

歴史

漫才の発祥と言われる萬歳(まんざい)は、平安時代から始まった芸能で、新年を言祝ぐ(ことほぐ)歌舞である。2人一組で家々を訪れ、新年を祝う口上を述べた後に、1人片方が打つ鼓に合わせてもう1人が舞う。江戸時代には、全国各地でその地名を冠した尾張万歳、三河万歳、その後、大和万歳などが興り、歌舞のみでなく言葉の掛け合い噺や謎かけ問答を芸に加えて滑稽味を増し発展していった。しかし、第二次世界大戦後にはほとんど行われなくなった。今では保存会などが復興・継承している。

明治時代から行われた大阪の寄席演芸である万才(まんざい)は、この万歳のうち三曲萬歳をベースにしたとされる。三曲万歳は胡弓・鼓・三味線による賑やかな万歳で、初期の万才もこれに倣って楽器伴奏を伴っていた。初期の万才の芸人には、万才という分野を切り開いたパイオニアである玉子屋円辰や、砂川捨丸・中村春代のコンビなどがある。ただし当時の寄席演芸は落語が中心であり、万才は添え物的な立場に置かれていた。

その後、俄や、俄から転化し2人で落語を演じる形式の軽口噺、浪曲の要素が混ざり合って今の形式になった。大正末期には、吉本興業の芸人である横山エンタツ・花菱アチャコのコンビが、万才を会話だけの話芸「しゃべくり漫才」として成立させ、絶大な人気を博した。

昭和初期までは基本的に「萬才」「萬歳」の表記が使われることが多かったが、1933年(昭和8年)1月に吉本興業内に宣伝部が創設され、この宣伝部が発行した「吉本演藝通信」の中で「漫才」と表記を改称することが宣言されたことから、現在では当時同社の宣伝部門を統括していた橋本鐵彦(後の同社社長)を「漫才」の名付け親とするのが通説となっている。しかしこの前年の1932年(昭和7年)3月に吉本興業が「吉本興業合名会社」として改組された際に、営業品目の一つとして「漫才」の表記が既に使われていること(なお、橋本の吉本興業入社は合名会社への改組後である)などから、「漫才」の名付け親は橋本ではなく、当時同社の総支配人だった林正之助であるとする説もある。

エンタツ・アチャコ以降、漫才は急速に普及し、他のスター漫才師も生みだした。東京ではエンタツ・アチャコと懇意にしていた柳家金語楼が触発されて、一門の梧楼と緑朗に高座で掛け合いを演じさせ、これが今日の東京漫才の祖とされるリーガル千太・万吉に繋がった。一方、砂川捨丸・中村春代やかしまし娘、東京では内海桂子・好江、松鶴家千代若・千代菊など、お囃子を取り入れた古典的なスタイルを崩さなかった漫才師もいた。

戦後、漫才師たちは、相方の戦死・病死・消息不明などに見舞われる。吉本興業と専属契約していなかった漫才師たちは大阪に結集し、仕事の受注やマネージメントをする団之助芸能社を立ち上げた。松鶴家団之助が交通の便などがよかったために西成区山王で芸人を集めたため、山王は『芸人横丁』と呼ばれ地元の人に親しまれた。その後、交通機関の発達で山王を離れての活動が容易になり、多くの芸人は吉本興業や松竹芸能と契約するようになった。

1950 - 1960年代が漫才の全盛期で、上方では中田ダイマル・ラケット、夢路いとし・喜味こいし、ミヤコ蝶々・南都雄二、人生幸朗・生恵幸子・海原お浜・小浜、漫画トリオなどが、東京では前述の千太・万吉、獅子てんや・瀬戸わんや、コロムビア・トップ・ライトなどがラジオ・テレビで活躍した。

1970年代後半には、関西テレビの番組『花王名人劇場』や、フジテレビの番組『THE MANZAI』から漫才ブームが起こり、横山やすし・西川きよし、中田カウス・ボタン、コメディNo.1、ツービート、星セント・ルイス、ザ・ぼんち、西川のりお・上方よしお、島田紳介・松本竜介、B&Bなどの中堅や若手漫才師が人気を集めた。彼らの中には現在でも芸能文化活動の第一線で活躍している者が多い。

漫才は寄席で行われる演芸として発達したが、マスメディアとの親和性にも優れており、ラジオ番組やテレビ番組でも多く披露されていった。

アメリカ、ドイツ、韓国、中国などの国々にも似たようなものがあるが、日本との文化的な違いから漫才のように空気を読んだノリツッコミやドツくのようなパフォーマンスは見られない。

参考記載:前掲載コント:
サンドウィッチマン (救急隊員)
ななめ45°(彼女)

=掲載のテキスト/画像=
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
著者:空欄  掲載サイト
掲載のテキストはクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスの下で利用可能です。
最終更新 2011年1月22日 (土) 09:01