エコポイント

動画でお散歩 /綾小路きみまろ (スーパー・ミニライブ)

綾小路 きみまろ

綾小路 きみまろ(あやのこうじ きみまろ、本名:假屋 美尋(かりや よしひろ)、1950年12月9日 - )は、日本の男性漫談家。愛称は「まろ」「まろ様」「きみまろ」「きみまろさん」「ウィリアム」等。

人物紹介
鹿児島県曽於郡松山町(現・志布志市)出身。5代目鈴々舎馬風門下。あん摩マッサージ指圧師の国家資格を保有。 鹿児島県立末吉高等学校、拓殖大学商学部卒業。身長165cm、体重70Kg。血液型はO型。
「落語協会」会員である。また、日本の司会者統括団体である『日本司会芸能協会』の理事も務めている。

芸風は立川談志、上岡龍太郎、ビートたけし、毒蝮三太夫等によって確立された毒舌漫談というジャンルであるが、中高年世代が持つ人生の悲哀をユーモラスに語るのが特徴で、とりわけ中高年(メインは40代後半以降の所謂団塊世代。尚、きみまろ自身も1950年生まれの為、団塊世代にあたる)に人気が高いため「中高年のアイドル」とも言われる。しかし本人は「毒蝮三太夫さんの様に『クソババア』とは言えない」と述べている(漫談の基本スタイルやきみまろ自身がいつも口にしているセリフについては#きみまろの漫談スタイル・傾向、#きみまろの口癖を参照の事)。きみまろ自身、50歳を超えて漸くブレイクした事から、「遅咲き」と自負している。

山梨県南都留郡富士河口湖町に別荘「きみまろ亭」を持つ。別荘ではあるが、自身の自宅である。2003年にサラリーマン川柳からの盗用疑惑が浮上するが、本人はその事実を認め謝罪した事で回避している。一時のブーム沈静化後にはテレビ出演する機会が減ったが、地方では1日に2回公演・3回公演と精力的に営業を行ない、2004年山梨県の長者番付で2位となる。2004年に清水國明とともに、富士河口湖町の特別町民の第1号として表彰された。

カツラを使用している事をマスメディアで自らカミングアウトし、本人もカツラ(ヘアピース)を認めている。因みに、揉みあげは地毛で、あとは「ズッポリ」だという。また、髪を後ろで束ねている部分については、下半分が地毛で上半分がカツラの髪であるとSmaSTATIONで香取慎吾に明かしており、万が一のときにカツラが完全に取れてしまわないようにするためである。

痛風・高血圧・睡眠時無呼吸症候群の持病がある事も自身の著書で度々公開している。

=掲載のテキスト/画像=
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
著者:空欄  掲載サイト
掲載のテキストはクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスの下で利用可能です。
最終更新 2010年12月5日 (日) 09:36