エコポイント

動画でお散歩 /笑福亭仁鶴 (崇徳院=1)

笑福亭 仁鶴(しょうふくてい にかく)

3代目笑福亭 仁鶴(しょうふくてい にかく、1937年1月28日 生まれ)は、大阪府大阪市生野区生まれ、同府交野市出身の落語家(上方噺家)である。本名、岡本 武士(おかもと たけし)。血液型はO型。所属事務所はよしもとクリエイティブ・エージェンシー(吉本興業)。上方落語協会会員、吉本興業特別顧問、身長165cm、体重58kg。 出囃子は「猩々くずし」。妻は吉本新喜劇に在籍した永隆子。
当たりギャグは「どんなんかな〜」。

経歴
生家は生野区で鉄工所を経営していた。大阪市立生野工業高等学校時代に、古道具屋で見つけた初代桂春団治のレコードがきっかけで、前田達(のちの桂枝雀)ら演芸好きの仲間と天狗連を結成。朝日放送(ABCラジオ)の素人参加番組に出演して才能が認められ、前田が3代目桂米朝に弟子入りした翌年の1962年に、素人参加番組の審査員だった6代目笑福亭松鶴に入門。
「仁鶴」という芸名は、師匠が車で角を2回曲がった際、「2つの角→二角→仁鶴」から思いついたものとされる。その後、新世界新花月で初舞台の予定だった周囲から笑福亭花丸と組んでやれ(ステレオ落語のような事)といわれたが松鶴が反対、そこに3代目林家染丸の勧めで吉本入り(理由は後述)し京都花月で初舞台を踏む。ネタは「くっしゃみ講釈」であった。1967年4月に吉本新喜劇の女優永隆子と結婚。

1960年代から1970年代には、月亭可朝や桂三枝と共に、吉本興業の顔としてテレビ、ラジオ、映画、レコードに出演する他、花月劇場チェーンへの出演と大活躍し、「ヤングおー!おー!」(毎日放送テレビ)を通じて、全国区に進出した。1972年にはNHK紅白歌合戦に応援ゲストとして出演した。1973年、「ボンカレー」(大塚食品)のCMで当時大ヒットした時代劇「子連れ狼」のパロディ(拝一刀に扮した)でも一世を風靡した。

現在は、三巨頭と呼ばれる桂三枝、西川きよしと共に吉本興業、上方落語界の重鎮として、独演会や一門会などの落語会で活躍する一方、吉本の本拠地・なんばグランド花月(NGK)にも、月に1回のペースで出演している。また、「四角い仁鶴がまぁーるくおさめまっせぇ」で有名な、法律バラエティ番組の元祖「バラエティー生活笑百科」(NHK大阪)や、「大阪ほんわかテレビ」(ytv)などのレギュラー番組を持ち、三枝・きよしらと並んで吉本興業、ひいては上方お笑い界の大御所とされている。売り出したころは初代春團治ばりのあくの強いスピーディーな語り口であったが、1970年代後半に喉を痛めてからは芸風が変わり、的確な描写力を持ちじっくりと聴かせる正統派となった。

落語と持ちネタ
「壺算」/「不動坊」/「崇徳院」/「くっしゃみ講釈」/「三十石」/「貧乏花見」/「七度狐」/「池田の猪買い」/「代脈」/「ないもん買い」/「向う付け」などがある。
他に「三人旅」/「辛子医者」/「人形買い」/「百年目」/「池田の牛ほめ」/「次の御用日」/「へっつい盗人」/「鳥屋坊主」/「湯屋番」/「兵庫船」/「寿限無」/「延陽伯」/「口入屋」/「質屋蔵」/「酒の粕」/「借家怪談」/「子供情話」/「月宮殿星の都」/「万国島巡り」/「黄金の大黒」/「青菜」/「初天神」/「道具屋」/「大名将棋」/「須磨の浦風」/「ぶらりしゃらり」/「鉄砲勇助」/「あみだ池」/「地蔵の散髪」/「色事根問」/「正月丁稚」/「夏の医者」/「八問答」/「牛の丸薬」など
但し「くっしゃみ講釈」に関しては初高座でウケず失敗したことがある。
また、1971年11月11日に朝日放送で行われた「1080分落語会」では、サゲへの伏線であるにもかかわらず「胡椒を買うてきた」と言ってしまったため、買ってきた胡椒を返しに行き改めて唐辛子をもらってくるという、訳のわからないものになってしまった。
他に、数多くのギャグがあり、特に初代春團治ゆずりの「ちゃんちゃこ」とか「粋ななあ〜」「うれしかるかる」「どんなんかなぁー」などが有名である。また、本来は「役立たず」を罵る時に使われていた「へちゃむくれ」という言葉を、「容姿が醜い者」の意味で使ったのは仁鶴が初めて。

仁鶴と吉本
師匠である6代目松鶴やその弟子の大部分が松竹芸能に所属しているのに対し、仁鶴はデビュー当初から吉本興業に所属している。 3代目林家染丸が「吉本でやってみぃひんか」と誘い、6代目松鶴も賛成したので吉本の所属となった。吉本を薦めた理由は染丸、松鶴共に「吉本向きだから」としている。
これにより「今日の吉本の基は仁鶴が作った」とまで言われ、吉本の総帥といわれた林正之助でさえ、仁鶴には頭が上がらなかったといわれる(初代桂春團治などの大物芸人ですら呼び捨てにしていた正之助が仁鶴だけは「さん」付けで呼んでいたと後輩の前田五郎の著書にある)。正之助は「仁鶴の面倒は一生吉本で見るようにせい」と言い残している。
2005年2月1日からは、吉本興業の特別顧問に就任。タレント活動を続けながらご意見番を担うことになった。これは仁鶴の常日頃の人柄、吉本興業への過去からの貢献によるものである。
戦後の吉本に対する功績から漫才作家の足立克己は「吉本中興の祖」と言っていた。

=掲載のテキスト/画像=
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
著者:空欄  掲載サイト
掲載のテキストはクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスの下で利用可能です。
最終更新 2010年11月1日 (月) 07:36