エコポイント

動画でお散歩 / 柳家小三治 (睨み返し=1)

柳家 小三治(やなぎや こさんじ)

柳家 小三治(やなぎや こさんじ)は落語家の名跡である。当代は10代目。
この名跡は中堅どころの位置づけであるが“柳家の出世名”といわれる。なぜなら柳派の総帥・留め名である「柳家小さん」のひとつ前の名となるからである。つまり次代の小さんが半ば約束される名である。

初代柳家小三治 - 後の3代目柳家小さん。本名、豊嶋銀之助。
2代目柳家小三治 - 後の2代目談洲楼燕枝。本名、町田銀次郎。
3代目柳家小三治 - 後の3代目古今亭今輔。本名、村田政次郎。
4代目柳家小三治 - 後の2代目柳家つばめ。本名、浦出祭次郎。
5代目柳家小三治 - 後の4代目柳家小さん。本名、平山菊松。
6代目柳家小三治 - (1896年8月19日 - 大正半ば頃)本名、内田留次郎。俗に「留っ子」・「坊やの小三治」。
7代目柳家小三治 - 後の7代目林家正蔵。本名、海老名竹三郎。
8代目柳家小三治 - (1902年6月30日 - 1977年11月27日)本名、高橋栄次郎。
7代・8代の柳家小三治は同時に併存したことがある。
9代目柳家小三治 - 後の5代目柳家小さん。本名、小林盛夫。
10代目柳家小三治 - 本項にて詳述。

10代目柳家 小三治
本名:郡山 剛蔵(こおりやま たけぞう)、1939年12月17日 - )は、東京都新宿区出身の落語家である。2010年6月より落語協会会長。出囃子は『二上りかっこ』。通称「高田馬場の師匠」

人物
教師・教育者(小学校校長)の5人の子のうち唯一の男子として厳格に育てられる。テストで100点満点中95点をとることすら(95点という点が低すぎる成績ということで)許されないというものであった。その反発として遊芸、それも落語に熱中する。東京都立青山高等学校に進学。高校時代にラジオ東京の「しろうと寄席」で15回連続の合格[5]。このときから語り口は流麗でかなりのネタ数があった(15を超えることは言うまでもない)。卒業後、東京学芸大学(教員育成の大学)への入試に失敗し、学業を断念、落語家へ転身。5代目柳家小さんに入門。
5代目小さん後継者として当初から評価が高く、古典落語の最高峰として君臨している。
マクラ(ネタに入る前の前奏曲)が抜群に面白いことも知られ、「枕の小三治」という異名がある。全編がまくらということもある。

落語協会会長6代目三遊亭圓生は、大変に芸に厳しい人で、前任の会長より引き継いだ人間を真打ちにした以外は、実質、3人しか真打ち昇進を認めなかった。つまり6代圓生からみて真打ちの実力があるのは3人だけ。その3人とは、6代目三遊亭圓窓・小三治・9代目入船亭扇橋である。小三治は17人抜き真打昇進という大きな記録を作った。

落語家にとって最大の栄誉で落語界の最高位であることを示すのは、上野鈴本初席で最後の主任(トリ)を務めることであるが、この座を当時第一線で活躍していた師の5代目小さんから1991年に禅譲されている。そしてその座を今日まで務め続ける。

リウマチを持病に抱えながらも現在も高座に上がり続けている。落語協会会長職については、“滞貨”で真打昇進が後になった馬風が病気を理由に2期で勇退した後を受け、2010年6月17日開催の理事会に於いて正式に就任した。
夫人は染色家の郡山和世、次女は文学座の女優の郡山冬果。

弟子
柳家〆治 /柳家喜多八 / 柳家はん治 /柳家福治 /7代目柳亭燕路 / 柳家禽太夫 /柳家一琴 /柳家三三 /柳家三之助

=掲載のテキスト/画像=
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
著者:空欄  掲載サイト
掲載のテキストはクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスの下で利用可能です。
最終更新 2010年12月25日 (土) 10:46