エコポイント

動画でお散歩 / 笑福亭福笑(葬儀屋さん=2)

笑福亭 福笑(しょうふくてい ふくしょう)

笑福亭 福笑(しょうふくてい ふくしょう)は、上方落語の回文の要素を用いた名。
過去に「福笑」を名乗った落語家が存在する。
笑福亭 福笑 - 月亭春松編の落語系圖には初代笑福亭福松の門人に確認できる。
笑福亭 福笑 - 同じく落語系圖には2代目笑福亭福圓の門人に確認できる。

笑福亭 福笑(しょうふくてい ふくしょう、1949年2月27日 )は、上方噺家。大阪府枚方市出身。本名: 高嶋章。
1968年10月、6代目笑福亭松鶴に入門。大阪府立大和川高等学校を卒業後、放蕩していたが、ラジオで聞いた仁鶴に憧れ入門を請う。しかし、仁鶴からはまだ弟子を取る身分でないからと、6代目松鶴に入門するよう諭され、正式に6代目松鶴に入門。現在では仁鶴・鶴光に次ぐ高弟。上方落語協会には加盟しているが、現在はどこの芸能プロダクションにも所属しておらず、個人事務所として「福笑エンタープライズ」を立ち上げている。
故にメディアで噺を聞く機会は少ないが、笑福亭一門の中でも爆笑派で、古典・新作の両刀使いである。
地元・関西には多くの熱狂的なファンが存在する。 上下を使わない喋りの型は迫力がある。弟子には笑福亭たまがいる。

得意とするネタ
◆古典
『軒付け』/ 『ちしゃ医者』 /『貧乏花見』 /『代書屋』 /『崇徳院』 /『狸の賽』 /『時うどん』 /『へっつい盗人』 /『無いもん買い』 /『江戸荒物』 / 他

◆新作落語
『キタの旅』 『渚にて』 /『憧れの甲子園』 /『憧れの回転寿司』 /『新日本語講座』 /『もうひとつの日本』 /『瀞満峡』 /『釣道入門』 /『宿屋ばばぁ』 /『今日の料理』 /『浪曲やくざ』 /『病院』 /『葬儀屋さん』/ 他

=掲載のテキスト/画像=
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
著者:空欄  掲載サイト
掲載のテキストはクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスの下で利用可能です。
最終更新 2009年8月1日 (土) 05:30