エコポイント

動画でお散歩 /立川談志 (饅頭こわい=1)

立川談志(たてかわ だんし)

立川 談志(たてかわ だんし)は、落語家の名跡。 当代(家元の談志)は7代目だが、5代目と自称している。
これは明治時代の寄席で人気を博していた釜堀りの談志(4代目)が初代を称し、俥屋の談志がそれに倣って4代目と称していたようなので、当代は5代目というのは語呂が良く、さらに師匠5代目柳家小さんと代数が合うので丁度いいということで、5代目を名乗ることになった(当代著書『現代落語論』より)。

釜堀りの談志を初代と見なした場合、3代目になるはずの談志がなぜ4代目を称していたかというのは、本名恒川駒吉の談志と俥屋の談志の間にはもう一人談志がいたらしいため、その談志を代数に含めていたためではないかと思われる。
また、花咲爺の談志(3代目)を初代とみなしたから5代目となった、とも言われる。
ちなみに、4代目桂文之助が1916年に著した『古今落語系図一覧表』では、のちに宇治新口を名乗った談志が代数に入っておらず、花咲爺の談志が2代目、釜堀りの談志が3代目、本名恒川駒吉の談志が4代目となっている。

※初代立川談志 - 後の2代目菅良助。/ ※2代目立川談志 - のち初代三笑亭可楽の門下で宇治新口を名乗る。こちらの談志の方が初代だとする説もある。/ ※3代目立川談志 - 「花咲爺の談志」。本名、三宅岩太郎。 /※4代目立川談志 - 「釜堀りの談志」。江戸2代目桂才賀の門下。本名、中森定吉。 /※5代目立川談志 - 後の柳家金太夫。本名、恒川駒吉。 5代目と6代目の間にもう一人談志がおり、東西会に所属していたようであるが、詳細不明。/ ※6代目立川談志 - 得意な演目から「反対俥の談志」「俥屋の談志」。性格の良さから「お結構の談志」。5代目三升家小勝の門下。本名、竹内栄次郎。 /※7代目(自称5代目)については以下に記載。

演目
※居残り佐平次 /※浮世床 /※王子の狐 / お化け長屋 /※火事息子 /※蝦蟇の油 /※紙入れ /※勘定板 /※九州吹き戻し /※金玉医者 ※慶安太平記 /※源平盛衰記 /※紺屋高尾 / ※黄金餅 /※五貫裁き /※子別れ /※権助提灯 /※権兵衛狸 /※西鶴一代記 /※鮫講釈 /※三軒長屋 /※三方一両損 /※死神 /※品川心中 /※芝浜 /※寿限無 /※清正公酒屋 /※疝気の虫 /※粗忽長屋(主観長屋) /※ぞろぞろ /※妲己のお百 /※田能久 /※短命 /※付き馬 /※つるつる /※鉄拐 /※富久 /※人情八百屋 /※鼠穴 /※野晒し / ※文七元結 /※へっつい幽霊 (落語) /※堀の内 /※松曳き /※饅頭こわい /※木乃伊取り /※三方原軍記 /※やかん /※幽女買い /※夢金 /※よかちょろ(山崎屋) /※らくだ /※ろくろっ首

著書
落語口演の活字化のほか、落語に関するエッセイ的な考察を多数著している。
談志襲名後間もない時期に著した『現代落語論』が代表作と言われるが、「落語」を分析した有名な言葉「落語は業の肯定」はその後の『あなたも落語家になれる』の冒頭の一節である。修業時代から生に接した有名無名の寄席芸人・俳優・歌手・ストリッパーなどの系譜に非常に詳しく、『談志楽屋噺』など芸能史を語る貴重な回想録もある。
『現代落語論』 三一書房 /  『あなたも落語家になれる』 /『談志人生全集』 /『立川談志独り会』 三一書房 /『新釈 落語咄』 /『談志楽屋噺』 /『談志百選』 /『食い物を粗末にするな』 / 『談志絶倒 昭和落語家伝』 /『談志映画噺』 /『人生、成り行き』 /『談志 最後の落語論』 /『談志 最後の根多帳』 /『談志の落語』

最近の著作では「原稿の校正をしない」というポリシーを表明しており、エッセイでは大幅な脱線が付き物となっている。また、『理解らねぇ(わからねぇ)』『出演った(やった)』など、独特の表記をする。
また文章内で同じ語を繰り返す表記の際、古典文学や民謡の歌詞を表記するのと同じく、踊り字(くの字点)を使うことを習慣としている。芸事から教養を得た人物らしく古風なこだわりと言えるだろう。

=掲載のテキスト/画像=
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
著者:空欄  掲載サイト
掲載のテキストはクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスの下で利用可能です。
最終更新 2010年12月17日 (金) 09:04