動画でお散歩/島根県の祭り/1月〜6月

お出かけ注意掲示板

島根県の祭り情報/1月〜6月
開催予定日 各地のお祭り情報 =島根県= 詳細情報 YouTube 
1月3日 吉兆さんと番内
(島根県出雲市大社町)
儀礼文化学会
web
参考動画で!
お楽しみください!
1月7日 片江のトンドさんと墨付祭
(島根県松江市美保関町)
松江市
観光協会
参考動画で!
お楽しみください!
1月15日 今津のとんど
(島根県隠岐郡隠岐の島町)
隠岐の島町
web
参考動画で!
お楽しみください!
2月初旬 高津柿本神社節分祭
(島根県益田市高津町)
益田市
観光協会
参考動画で!
お楽しみください!
2月14日 出雲大社福神祭
(島根県出雲市大社町) Ver.5
出雲大社
web
参考動画で!
お楽しみください!
3月下旬
〜4月中旬
木次さくらまつり
(島根県雲南市)
雲南市
観光協会
参考動画で!
お楽しみください!
4月初旬 松江武者行列
(島根県松江市)
松江市
観光web
参考動画で!
お楽しみください!
4月7日 青柴垣神事
(島根県松江市美保関町)
松江市
観光web
参考動画で!
お楽しみください!
4月中旬 益田まつり
(島根県益田市)
益田市
観光web
参考動画で!
お楽しみください!
4月中旬 鷲原八幡宮やぶさめ神事
(島根県津和野町) Ver.10
津和野町
web
参考動画で!
お楽しみください!
4月中旬 隠岐国分寺蓮華会舞
(島根県隠岐の島町)
隠岐の島町
web
参考動画で!
お楽しみください!
4月下旬 三瓶山山開き
(島根県大田市)
大田市
青年会議所
参考動画で!
お楽しみください!
4月下旬
〜5月上旬
大根島ぼたん祭
(島根県松江市八束町)
松江観光
web
参考動画で!
お楽しみください!
5月初旬 子安観音祭 雲南市
(島根県雲南市吉田町)
雲南市
観光協会
参考動画で!
お楽しみください!
5月9日 隠岐しげさ踊りパレード
(島根県隠岐の島町中) Ver.15
隠岐の島町
web
参考動画で!
お楽しみください!
5月14日
〜16日
出雲大社大祭礼
(島根県出雲市大社町)
出雲大社
web
参考動画で!
お楽しみください!
5月中旬 太鼓谷稲成神社春季大祭
(島根県津和野町)
太鼓谷稲成神社 参考動画で!
お楽しみください!
5月中旬 赤来ぼたんまつり
(島根県飯石郡飯南町)
飯南町
web
参考動画で!
お楽しみください!
6月1日 出雲大社涼殿祭
(島根県出雲市大社町)
出雲大社
web
参考動画で!
お楽しみください!
6月5日 玉若酢命神社 御霊会風流
(島根県隠岐の島町) Ver.20
隠岐の島町
web
参考動画で!
お楽しみください!
6月下旬 熊野大社 大祓夏越祭
(島根県松江市熊野大社)
熊野大社
web
参考動画で!
お楽しみください!

島根県の主な祭り

◆ 石見神楽
石見神楽(いわみかぐら)とは神楽の様式のひとつである。島根県西部(石見地方)と広島県北西部(安芸地方北部)において伝統芸能として受け継がれている。日本神話などを題材とし、演劇の要素を持つ。地元では「舞(まい)」「どんちっち」(囃子のリズムから)とも呼ばれる。

◆ 隠岐国分寺蓮華会舞
隠岐国分寺蓮華会舞(おきこくぶんじれんげえまい)は島根県隠岐郡隠岐の島町の隠岐国分寺に伝わる民俗芸能の舞。1977年(昭和52年)5月17日重要無形民俗文化財に指定された。
この蓮華会舞は、隠岐国分寺で平安時代の頃から地元住民により継承されてきた物で、明治政府による廃仏毀釈で一時中断されたが、1884年(明治17年)に地元住民によって復活され、毎年弘法大師の命日の4月21日に演じられる。

◆ 隠岐島前神楽
隠岐島前神楽(おきどうぜんかぐら)は、島根県隠岐諸島の島前3島で伝承されている神楽である。島根県の無形民俗文化財。
島前3島は西ノ島(西ノ島町)、中ノ島(海士町)、知夫里島(知夫村)から成り、各集落の神社において奉納される。かつては祈雨や病気平癒といった祈祷を目的とする「大注連神楽(おおしめかぐら)」、神社では遷座祭での「湯立大神楽(ゆだてだいかぐら)」と平素の祭礼における「大神楽」、豊漁祈願の際の「浜神楽(はまかぐら)」と、目的や行事の大きさによって類別されていたが、現在では夏祭りでの「大神楽」のみが行われている。
毎年行われる西ノ島町美田の焼火神社(7月23日)のものが著名であるが、その他同町浦郷の由良比女神社における海上渡御祭(隔年の7月下旬)、同町船越の高田神社(隔年7月18日)、同町別府の海神社(隔年7月21日)などがあり、特に由良比女神社のものは船上で舞われる点が珍しい。島前3島とともに隠岐諸島を成す島後島に伝承される島後神楽と合わせて「隠岐神楽」と呼ばれていた事もあり、巫女が重要な役割を果たしたり、ほぼ同様の演目を持つなど共通する点も多いが、島後神楽の悠長な囃子に対して、速めで賑やかな囃子であることや、同じ演目でも内容が異なるなどの相異を見せ、現在では「島前神楽」「島後神楽」と別々に呼ばれている。この島前神楽は、(1)巫女による神懸りの形が保存されている、(2)出雲神楽の祖形が遺存すると思われる点があり、古態のままが保存されている、(3)演戯のみでなく神事の要素も保存されている、という事由で、昭和36年(1961年)6月13日に島根県の無形民俗文化財に指定された。

◆ 隠岐の田楽と庭の舞
隠岐の田楽と庭の舞(おきのでんがくとにわのまい)は、島根県隠岐郡西ノ島町美田・浦郷に伝わる民俗芸能の田楽。
保護団体は、隠岐の田楽と庭の舞保存連合会(美田八幡宮田楽保存会、日吉神社庭の舞保存会)。
1992年3月11日に重要無形民俗文化財に指定された。

◆ 櫂伝馬船
櫂伝馬船(かいでんません)は、島根県で行われる日本三大船神事あるホーランエンヤで使われる船の名称。
当初は、渡御の際は、神輿船だけで行われていたが、1808年、渡御の際に神輿船が風雨に見舞われたとき、馬潟の漁師が神輿を助け、阿太加夜神社まで送ったことがきっかけで、10年後の1818年に、正式に馬潟の漁船が渡御に加わり、神輿船の曳き役を務めるようになった。これが櫂伝馬船の始まりといわれている。その後、矢田、大井、福富、大海崎が渡御に加わり、その5地区は五大地と呼ばれている。

◆ にまごいせ祭
にまごいせ祭(にまごいせまつり)とは、島根県大田市仁摩町で毎年7月か8月頃に開催される夏祭り。仁摩サンドミュージアムの周辺の仁摩健康公園で行われている。
仁摩町が大田市と合併する前は仁摩町から予算がおりていたが、合併後は市民協賛金、企業協賛金、グッズ販売等で資金を集めて開催している。

◆ 鷺舞
鷺舞(さぎまい)とは主として八坂信仰の神社にて奉納される伝統舞踊。島根県津和野町及び京都市の八坂神社で奉納されるものが著名である。
津和野町のものは「津和野弥栄神社の鷺舞」として国の重要無形民俗文化財に指定されている(1994年〈平成6年〉)。

◆ 島後久見神楽
島後久見神楽(どうごくみかぐら)は、島根県隠岐島の島後の久見(現隠岐郡隠岐の島町久見)に伝承される神楽である。国の選択無形民俗文化財、島根県の無形民俗文化財。
いわゆる島後神楽の中の穏地神楽(おちかぐら)に含まれ、地域の豊漁や祈雨、家屋の建築、病気平癒といった祈願に奉奏され、また毎年7月25、もしくは26日(日は隔年交替)の伊勢命神社(字宮川原鎮座)の祭礼で、夜半から翌朝の夜明けまで同神社の神楽殿で奉納される。

◆ BSSまつり
BSSまつり(ビーエスエスまつり)は、山陰地方で毎年春と秋に行われるイベント。第1回開催は2001年9月30日。主催は山陰放送(BSS)。
毎年、春は3月、秋は9月の、いずれも第3or第4土曜日に開催される。(秋は稀に10月に開催される場合もある。) 2001年秋と2004年秋は9月の最終日曜日に開催された。2003年は2日間開催だった。
行われる会場は春が「くにびきメッセ」(松江市)、秋が「米子コンベンションセンター」(米子市)となる。
2006年まで秋の会場はBSS本社前庭だった。但し、2003年はBSS本社のリニューアル工事に伴い、会場が変更された。
メインタイトルは春が「おいしい!楽しい!春のBSSまつり」、秋が「秋のBSSまつり大感謝祭」で、メインタイトルの後には毎回サブタイトルが付けられる。

◆ ホーランエンヤ
ホーランエンヤとは島根県の松江市と八束郡東出雲町で12年に1度開催される城山稲荷神社式年神幸祭(式年祭)の祭事。漢字では「宝来遠弥」あるいは「豊来栄弥」の字をあてる。
城山稲荷神社(松江市)の御神体を載せた船団が大橋川から意宇川を通って阿太加夜神社(東出雲町)に渡る渡御祭、阿太加夜神社において櫂伝馬奉納などが行われる中日祭、再び御神体を載せた船団が城山稲荷神社に還る還御祭の三つの祭礼から構成される。
櫂伝馬船での「櫂伝馬踊り」は松江市指定無形民俗文化財に指定されている。
大阪天満宮(大阪市)の天神祭、厳島神社(広島県廿日市市)の管弦祭とともに日本三大船神事のひとつとされる

◆ 松江水郷祭湖上花火大会
松江水郷祭湖上花火大会(まつえすいごうさいこじょうはなびたいかい)は、島根県松江市で毎年8月の第1土曜日と日曜日の2日間行われる花火大会である。
2008年は、両日とも、上空が飛行機の航路になっている関係で30分遅らせて打ち上げられた。

◆ 諸手船
諸手船(もろたぶね)は、島根県松江市美保関町の美保神社の神事に用いられる刳舟である。1955年(昭和30年)2月3日に重要有形民俗文化財に指定された。
年に一度、12月3日の神事以外は境内に安置され海に浮かぶことのないこの諸手船は、およそ40年に一度造りかえることを旨として受け継がれてきた。現有の二艘は大根島入江の船大工吉岡睦夫によって1978年(昭和53年)に建造されたものであるが、現在美保神社の収蔵庫には睦夫の先代吉岡利一郎が請け負って1940年(昭和15年)に造られた古船が保管されている。
それ以前のものは既に失われてはいるが、1901年(明治34年)に美保関町の船大工によって造られ、さらにその前のものは1858年(安政5年)に隠岐の島後灘村から寄付されている。このように美保神社の諸手船は伝承通り40年に一度造り替えられてきたものである。
古くは、一本のクスノキの巨木を刳りぬいた単材刳舟だったとされ、現船はモミの大木を使い刳りぬき部材を左右に継ぎ複材化した刳舟である。しかしいずれにしろ丸木舟とされるものであり、且つ現船は、保管されている古船や絵図に残されている明治時代の二世代前のものよりも太い木を使い、古式の技法に則り、いわゆる技術のゆりもどしも見受けられる。
毎年行われる神事は、国譲り神話に因むもので、美保神社の祭神事代主命が美保関の沖で釣りをしていたところに、国譲りの可否を問うために送られた使者が諸手船に乗ってやって来たという故事を再現しているとされ、「五穀豊穰、大漁満足、港繁盛」の感謝の意味も併せもっているといわれている。昔の装束をまとった氏子9人が、二艘の諸手船に乗りこみ対岸の客人社の麓と宮前の間を櫂で水をかけあいながら競漕し、舳先に挿した「マッカ」と呼ばれる飾りを神社に奉げるのを競いあう。
また、和歌山県新宮市新宮の熊野速玉大社の御船祭で使用する諸手船は和歌山県の有形民俗文化財に指定されている。

=掲載のテキストについて=
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
著者: 記載無し 最終更新 2009年2月16日 (月) 13:26 掲載サイト
掲載のテキストはクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスの下で利用可能です。

7月のページへ