動画でお散歩/大阪府の祭り/1月〜6月

お出かけ注意掲示板

大阪府の祭り情報/1月〜6月
開催予定日 各地のお祭り情報 = 大阪府 = 詳細情報 YouTube 
元旦 瀧谷不動尊 初詣
(大阪府富田林市)
瀧谷不動尊
web
参考動画で!
お楽しみ下さい
1月1日
〜3日
瀧安寺 修正会(富くじ)
(大阪府箕面市 瀧安寺)
箕面山瀧安寺 参考動画で!
お楽しみ下さい
1月2日
〜3日
水間寺の千本搗餅つき
(大阪府貝塚市)
貝塚市
web
参考動画で!
お楽しみ下さい
1月9日
〜11日
今宮戎神社の十日戎
(大阪市浪速区)
今宮戎神社 参考動画で!
お楽しみ下さい
1月9
〜11日
堀川戎神社の十日戎
(大阪市北区)Ver.5
堀川戎神社 参考動画で!
お楽しみ下さい
1月10日 桜井神社 福餅まき
(大阪府堺市南区片蔵)
堺観光ガイド 参考動画で!
お楽しみ下さい
1月14日 四天王寺 どやどや
(大阪市天王寺区)
四天王寺 参考動画で!
お楽しみ下さい
1月15日 高津宮のとんど祭り
(大阪市中央区)
高津宮HP 参考動画で!
お楽しみ下さい
1月24日
〜25日
大阪天満宮の初天神梅花祭
(大阪府大阪市北区)
大阪天満宮HP 参考動画で!
お楽しみ下さい
1月25日 道明寺天満宮 うそかえ祭
(大阪府藤井寺市)Ver.10
道明寺天満宮 参考動画で!
お楽しみ下さい
1月下旬 大阪国際女子マラソン
(大阪市東住吉区)
公式サイト 参考動画で!
お楽しみ下さい
2月初旬〜 道明寺天満宮 梅まつり
(大阪府藤井寺市)
道明寺天満宮 参考動画で!
お楽しみ下さい
2月節分 大聖観音寺 節分大法会
(大阪市住吉区)
大聖観音寺 参考動画で!
お楽しみ下さい
2月中旬 堺刃物まつり
(大阪府堺市北区長曽根町)
堺刃物協同
組合連合会
参考動画で!
お楽しみ下さい
3月
第一日曜
能勢妙見山の水行
(大阪府豊能郡能勢町)Ver.15
能勢妙見山
web
参考動画で!
お楽しみ下さい
4月中旬 大阪造幣局 桜の通り抜け
(大阪市北区天満)
造幣局HP 参考動画で!
お楽しみ下さい
4月下旬 四天王寺 聖霊会
(大阪市天王寺区)
四天王寺 参考動画で!
お楽しみ下さい
5月5日 枚岡神社 小太鼓まつり
(大阪府東大阪市)
紹介サイト 参考動画で!
お楽しみ下さい
5月初旬 大念仏寺 万部おねり法要
(大阪府大阪市平野区)
大念仏寺 参考動画で!
お楽しみ下さい
5月初旬 中之島まつり
(大阪市北区中之島)Ver.20
中之島祭り
web
参考動画で!
お楽しみ下さい
5月初旬 野崎観音慈眼寺 のざき参り
(大阪府大東市野崎)
のざき観音 参考動画で!
お楽しみ下さい
5月下旬 帝塚山音楽祭
(大阪市住吉区)
公式web 参考動画で!
お楽しみ下さい
6月中旬 住吉大社 御田植神事
(大阪市住吉区)
住吉大社 参考動画で!
お楽しみ下さい
6月30日
〜7月2日
愛染まつり 愛染堂・勝鬘院
(大阪市天王寺区)
愛染堂HP 参考動画で!
お楽しみ下さい
7月11日
〜14日
杭全神社夏祭り
(大阪市平野区平野宮町) Ver.25
杭全神社HP 参考動画で!
お楽しみ下さい
7月中旬 難波八坂神社の凛打講
(大阪府大阪市浪速区)
Guide Me
web
参考動画で!
お楽しみ下さい
7月中旬 難波八坂神社 道頓堀川船渡御
(大阪府大阪市浪速区)
紹介web 参考動画で!
お楽しみ下さい
7月中旬 感田神社 布団太鼓
(大阪府貝塚市)
感田神社HP 参考動画で!
お楽しみ下さい
7月中旬 王将祭
(大阪市浪速区 通天閣前広場)
通天閣web 参考動画で!
お楽しみ下さい
7月24日
〜25日
大阪天満宮 天神祭
(大阪市北区天神橋)Ver.30
大阪天満宮 参考動画で!
お楽しみ下さい
7月25日 生根神社 だいがく祭
(大阪市西成区)
生根神社 参考動画で!
お楽しみ下さい
7月下旬 天神祭奉納花火 水都祭
(大阪府大阪市北区)
紹介サイト 参考動画で!
お楽しみ下さい
7月下旬 岸和田港まつり花火大会
(岸和田市地蔵浜町)
岸和田市
web
参考動画で!
お楽しみ下さい
7月下旬 教祖祭PL花火芸術
(大阪府富田林市)
紹介サイト 参考動画で!
お楽しみ下さい
7月下旬 夏越の大祓式 住吉踊
(大阪市住吉区)Ver.35
住吉大社 参考動画で!
お楽しみ下さい

大阪府の主な祭り

◆ 愛染まつり
愛染まつり(あいぜんまつり)は、大阪府大阪市天王寺区に位置する和宗総本山四天王寺の支院・愛染堂勝鬘院、通称「愛染さん」で催される祭りを指し、天神祭、住吉祭に並ぶ大阪三大夏祭りの一つ。仏教寺院が主催する夏祭り。 どれも、愛染さん、天神さん、住吉さんと愛称で呼ばれることが多いことから、「大阪の夏祭りは愛染さんで始まって住吉さんで終る」といわれることから、「あい(=愛)すみ(=住)ません」という言葉の語源となったという説や、「あい(=愛)すみ(=住)ません(=天)」と、大阪三大夏祭りの3つの覚え方として知られる。
愛染まつりは、聖徳太子の「苦しみ、悲しみを抱く人々を救済したい」という大乗仏教のご意向を直々に受け継ぎ、1400年の間続いている行事。
聖徳太子ゆかりの勝鬘院(豊臣秀吉による再築。重要文化財)。金堂の御本尊が愛染明王(あいぜんみょうおう)であるため、「愛染さん」の愛称で親しまれている。
愛染明王の御誓願を頼って開催される祭りに、色町の芸妓衆が駕籠に乗って参詣したのが「宝恵駕籠(ほえかご)」の始まりとなり、現在も浴衣娘が大勢参加する「女の祭り」。祭り期間中は、良縁成就・縁結び・夫婦和合に商売繁盛といったご利益がある愛染明王と、豊臣秀吉が朝鮮出兵の際に奉安したとされる大日大勝金剛尊が特別に無料開帳される。
また、6月30日にはキャンペーンガールの愛染娘12人(平成19年度は11人)を紅白の布と愛染かつらの花で飾られた7台の「宝恵駕籠(ほえかご)」に乗せて「愛染さんじゃ、宝恵かご!」とJR天王寺駅前から勝鬘院までを練り歩くパレードで、最終目的地の愛染堂に到着した「宝恵駕籠(ほえかご)」は、本堂の前で高々と「かご上げ」され、一層の盛り上がりを見せます。
お参りにいらした方々は商売繁盛・愛嬌開運・恋愛成就を願って愛染娘さんたちから「花守り」と「笑顔」を受け取ります。大阪市内最古の建築物である多宝塔(国の重要文化財)にて総本山四天王寺の管長猊下および高僧メンバーが大集結しての豪華な厄除け祈願法要が行われる。7月1日には、愛染娘たちが各自の隠し芸や一発芸(書道・カラオケ・チアダンス・手品など)を舞台上で披露し、ミス愛染娘を決定する愛嬌コンテストで盛り上がる。300余の露店も出て、大変な賑わいを見せている。
また、関西で夏祭りとされる初日(6月30日)ということで、浴衣を着て訪れる参詣者が多く、浪速の「いとさん」、「こいさん」たちがこの時期から浴衣を着始めることから別名、浴衣まつりとも呼ばれている。夕方に浴衣で愛染まつりに出掛けると、先着順に愛染娘から「ラブブレス」なる愛のブレスレットを無料で配っている(手を握って腕に巻いてくれる)サービスがある。
6月30日の宵宮、7月1日の本祭、7月2日の残り福の3日間の間に、一度は小雨が降る。俗に言う愛染パラパラ。愛染さんへおまいりして、その行き帰りの途中で、この愛染パラパラに出あうと、その二人は結ばれるとか。愛染まいりの帰りに芝居を見るとゲンが良えとか。
正式名称は愛染まつり。しかし主催の勝鬘院が発行するポスターやホームページ上でも愛染祭、愛染祭り、愛染詣で、勝鬘愛染会と表記がバラバラで、特に拘りはないらしい。

◆ 生玉夏祭
生玉夏祭(いくたまなつまつり)とは、毎年7月11日〜12日ころ生國魂神社で行われる、大阪三大夏祭りのひとつも挙げられる祭りである。
「陸の生玉」・「川の天神」と並び称される大阪三大夏祭りの魁。明治〜昭和初期の最盛期には数千名を超える渡御列で賑わった。戦火により御鳳輦を始めお道具類を失ったが、往時の伝統は受け継がれ、大阪に本格的な夏を告げる祭りとして、多くの浪花っ子に親しまれている。

◆ 泉大津だんじり祭り
泉大津だんじり祭り(いずみおおつだんじりまつり)は、大阪府泉大津市各地で行われる秋祭り(だんじり祭)の総称。和泉市の一部も含まれる。
泉大津市のだんじり祭りは、濱八町と十二町連合に分かれて行われている。
濱八町とは、大津地区8町の通称で、南海本線より浜側で主に行われている。だんじりの種類は、上だんじりである。
十二町連合とは、穴師地区4町と曽根・助松地区8町の計12町の連合で、南海本線より山側で主に行なわれている。だんじりの種類は、岸和田型の下だんじりである。
池上町は、町村合併では池上村→伯太村→和泉町→和泉市となったが、神社合祀では曽根神社に合祀した。よって、上条地区では差異があるため、氏神社の社名から曽根・助松地区と呼ばれている。

◆ 和泉だんじり祭
和泉だんじり祭(いずみだんじりまつり)は、大阪府和泉市各地で行われる秋祭の総称。
和泉市にはだんじりを所有する町会が35町あり、7地区にまとまって祭礼が行われるが、池上町は氏神社が泉大津市にあるため、曽根・助松地区に所属している

◆ 茨木フェスティバル
茨木フェスティバル(いばらき - )は、毎年7月下旬頃に大阪府茨木市で開催される祭り。
会場は茨木市立公園。フェスティバルの組織構成は茨木市、茨木商工会議所、茨木青年会議所、茨木観光協会からなる「茨木フェスティバル協会」が運営している。

◆ 大魚夜市
大魚夜市(おおうおよいち)とは、大阪府堺市堺区にある大浜公園で毎年7月31日に行われる魚市、祭。「堺大魚夜市」とも呼ばれている。2005年には約30万人が訪れた。堺の夏の風物詩的行事。

◆ 鳳だんじり祭り
鳳だんじり祭り(おおとりだんじりまつり)は、大阪府堺市西区にある大鳥大社(美波比神社)周辺で行われる秋祭り。 堺市のだんじり祭りのなかで、最も多くの観客が訪れ、大鳥大社にはたくさんの夜店が出る。岸和田に次ぐ観客を集める。
平成13年度より大阪府道30号大阪和泉泉南線(通称「13号線」)にも曳行コースを広げ、西区役所前や鳳商店街前でパレードが行われるようになった。自主曳行時に八田荘地区や草部地区との交流会を行なう村もある。

◆ OSAKA光のルネサンス
OSAKA光のルネサンス(おおさか ひかりのルネサンス)は2003年から始まった大阪市のイルミネーションイベント。中之島の大阪市役所前〜剣先公園で開催される。
大阪市役所横のみおつくしプロムナードにイルミネーション装飾を施し、大阪市中央公会堂や中之島バラ園のライトアップなども含め複合的に観光客や市民が楽しむことができる。
年々規模が拡大に伴い来場者も増えており、2009年度開催は約300万人もの来場者があり、大阪冬の風物詩として府の内外から多くの人が来場する。

◆ 貝塚だんじり祭
貝塚だんじり祭(かいづかだんじりまつり)は、大阪府貝塚市各地で行われるだんじり祭。
貝塚市内には全部で22台のだんじりがあり、3〜4地区と、有志所有の脇濱、新興住宅地の二色に分かれる。主な見物ポイントは、麻生郷地区の海塚交差点など。

◆ 岸和田だんじり祭
岸和田だんじり祭(きしわだだんじりまつり)は、大阪府岸和田市で毎年秋に行われる祭。
岸和田だんじり祭は、毎年9月に行われるだんじり祭である。その高い知名度もあって日本を代表する祭の一つとなっている。
岸和田市にはだんじりを所有する町会が82町あり、郷・荘・氏地・町村制の旧町村などをベースにした8つの地区にまとまって祭礼が行われる。そのうちの2地区35町が9月に、6地区47町が10月に祭礼を行う。両者とも2日間にわたって行われ、それぞれの氏神社へ参る「宮入り」を行い、五穀豊穣・無病息災などを祈願する。
9月に行われる旧市と春木地区の祭礼では、両地区合わせて南北3.5km、東西1kmの範囲で交通規制が敷かれる。これは南海本線春木駅-蛸地蔵駅間の4駅全てが含まれる国内最大級の規模である。2009年度の観客数は2日間で56万人であった(京都の祇園祭は四条通沿いの東西2.5kmの範囲で行われ、観客数は宵山38万人、山鉾巡行13万人)。
見所や醍醐味は速度に乗っただんじりを方向転換させる「やりまわし」で、曳行コースの曲がり角は大勢の観客であふれる。また、だんじりには非常に精緻な彫刻が施されており、休憩時などの停止中に申し出れば見物を許可してくれることもある。もとは関西の一地方の祭であったが、昭和の終わり頃から多くのメディアで紹介されるようになり、一気に全国区の祭となった。近年、だんじりを所有する町会がさらに増加しており、規模が拡大しつつある。

◆ 久世だんじり祭り
久世だんじり祭り(くぜだんじりまつり)は、大阪府堺市中区久世地区周辺で10月の第1土曜日・日曜日に行われる秋祭りである。
久世地域には、北垣外(きたがいと)、小阪、高山、楢葉(ならば)、東八田(ひがしはんだ)、平井、伏尾、桝矢(ますや)、和田(50音順)の全9台のだんじりが曳行している。

◆ 熊取だんじり祭
熊取だんじり祭 (くまとりだんじりまつり)は、大阪府泉南郡熊取町で毎年10月に行われる祭である。

◆ 堺まつり
堺まつり(さかいまつり)は、毎年10月の第3日曜日とその前日の土曜日に、堺市のメインストリート・大小路筋(シンボルロード)を中心に開かれるイベント。主催は堺観光コンベンション協会。

◆ 四天王寺ワッソ
四天王寺ワッソ(してんのうじワッソ)とは、大阪市の史跡 難波宮跡にて開催される祭り。この「ワッソ」とは現代の朝鮮語で「来た」を意味する。現在、四天王寺(宗教法人和宗総本山四天王寺)とは関係ない。
古代のなにわを舞台に行われた、日本と朝鮮半島の交流の様子を再現した祭り。百済や高句麗など歴代朝鮮王朝の使節に扮した参加者が、当時の音楽と「ワッソ!ワッソ!」の掛け声とともに、舟だんじりを曳き、巡行する。これを、聖徳太子など古代日本人に扮した参加者が当時の作法で出迎える。関西をはじめ韓国の著名人も参加している。
韓国人が主張するいわゆる「韓日の正しい歴史」を、祭りを通じて日韓両国民が認識し受け継いでいくことを主目的として、在日韓国人が中心となり創設された。祭りの際には日本総理大臣・韓国大統領の双方から祝辞が届く他、中学校の日韓歴史共通教材にも取り上げられるなど広く認知されるようになっている。

◆ 住吉の御田植
住吉の御田植(すみよしのおたうえ)は、大阪府大阪市住吉区住吉の住吉大社に伝わる民俗芸能の田楽。
1979年2月3日に重要無形民俗文化財に指定された。

◆ 住吉祭
住吉祭(すみよしまつり)は毎年7月31日に大阪市の住吉大社で行われる例大祭。天神祭、愛染祭(生玉夏祭)と共に大阪三大夏祭りの一つ。
住吉祭は7月に海の日から8月1日まで行われる夏祭り(別名:おはらい)の最大行事であり、まつりの約2週間前の海の日には神輿洗神事が住吉公園で行われる。本祭では無計文化財に指定されている夏越祓神事や、住吉踊りが行われる。8月1日には神輿渡御祭が行われる。2005年には徒歩でのお渡りが復活した。

◆ 高槻まつり
高槻まつり(たかつきまつり)は、大阪府高槻市で毎年行われている、高槻市民を盛り上げるための、真夏のまつりである。

◆ 天神祭
天神祭(てんじんまつり、てんじんさい)は、全国の天満宮及び、天神社で催される祭り。祭神の菅原道真の命日にちなんだ縁日で、25日前後に行われる。一年のうち1月の初天神祭など、ある月に盛大に行われることがある。
各神社で行われる天神祭の中では、大阪天満宮を中心として大阪市で行われる天神祭が有名である。
日本三大祭(他は、京都の祇園祭、東京の神田祭)の一つ。また、四天王寺別院の勝鬘院愛染堂の愛染祭(神式では愛染祭に替えて生国魂神社の生玉夏祭)、住吉大社の住吉祭と共に大阪三大夏祭りの一つ。
期間は6月下旬吉日 - 7月25日の約1ヶ月間に渡り諸行事が行われる。特に、25日の本宮の夜は、大川(旧淀川)に多くの船が行き交う船渡御(ふなとぎょ)が行われ、奉納花火があがる。大川に映る篝火や提灯灯り、花火などの華麗な姿より火と水の祭典とも呼ばれている。
他に鉾流神事(ほこながししんじ)、陸渡御(おかとぎょ)などの神事が行われる。24日宵宮、25日本宮。

◆ とんぼりワッショイ
とんぼりワッショイとは、大阪市中央区道頓堀に2004(平成16)年12月に整備されたとんぼりリバーウォークで、毎年春と秋に開催されているアートイベント。
2006年春の第1回目以降来場者は回を重ねるごとに増え、2007年春の第4回は約4万人の来場者があった。始めた主催団体は特定非営利活動法人irotori芸術文化協会、現在はアート団体「芸法」が受け継いでいる。初代代表は以倉敬之、二代目代表は鄭 重成、三代目代表は山田哲史。

◆ 中之島まつり
中之島まつり(なかのしままつり)は大阪市の中之島で、毎年5月3、4、5日の三日間開かれる市民祭り。1973年に中之島公園の環境保存を目的に始められた。
市民団体やグループ、個人のボランティアにより多くの露店などが出展される。また音楽や演劇、映画、演芸のステージの他、大型遊具などのアトラクションも多数開設される。障害者団体や大阪以外からの参加も多い。
運営は参加する団体、個人で委員会をつくり実行される。報酬などはなく、全てがボランティアである。 会場は、中之島のほぼ中央、御堂筋から東の天神橋付近までが会場となる。
近年では、(社)上方落語協会主催の「彦八まつり」 [1]、戎橋筋商店街振興組合主催の「えびすばし夏祭り」 [2]、神戸・新開地まちづくりNPOが運営する「新開地音楽祭」 [3]などにも、ボランティアが主体となって行うイベントノウハウを提供している。また、「天神祭」「祇園祭」など老舗のお祭りに、ごみを出さないイベントノウハウを提供し協力している。
2004年に第26回サントリー地域文化賞 [4]を受賞した。

◆ なにわ淀川花火大会
なにわ淀川花火大会(なにわよどがわはなびたいかい)は、毎年8月初めに大阪市の新淀川で開かれる花火大会。第18回より名称が平成淀川花火大会(へいせい−)から改められた。
1989年(平成元年)から「平成淀川花火大会運営委員会」が企業などからの寄付によって平成淀川花火大会を毎年開催。2006年の第18回からは名称をなにわ淀川花火大会に改めた(運営委員会は「なにわ淀川花火大会運営委員会」)。 運営委員会はボランティアによって構成されていて、地元十三の人々の手作りの花火大会として知られている。
なお、大会実施時は、会場周辺は交通規制される。

◆ フィエスタ・メヒカナ
フィエスタ・メヒカナ(Fiesta Mexicana)とは毎年9月15日前後の敬老の日に、大阪市北区の梅田スカイビルのワンダースクエア広場で開催されるお祭りである。主催はスカイビルに入居してる在大阪メキシコ合衆国総領事館、毎日放送、スカイビル事務局などである。

◆ 深井だんじり祭り
深井だんじり祭り(ふかいだんじりまつり)は、大阪府堺市中区深井周辺で行われる野々宮神社の秋祭り。

◆ 府中だんじり祭
府中だんじり祭(ふちゅうだんじりまつり)は大阪府和泉市和泉府中駅周辺(和泉府中)で行われる秋祭。だんじり祭である。
府中町の東(東泉寺)、西(小社之町)、南(南之町)、北(市辺町)、中央(馬場之町)の5町会からだんじりが曳きだされており、これを府中五町と呼ぶ。だんじりはすべて岸和田型だんじりであり、町の道幅が狭いためそれほど大型のだんじりではない。
氏神社は泉井上神社。府中五町のほかに和気町・小田町(同じ旧泉北郡国府村に属する)のだんじりも一緒に宮入りを行う。
以前は夜にもやりまわしを行っていたが南之町がゆっくり歩くようになってからは歩く傾向にあり、今では東泉寺・馬場之町以外の3町は夜はゆっくりと歩いて曳行している。

◆ 南河内だんじり祭り
南河内だんじり祭り(みなみかわちだんじりまつり)は、大阪府南河内(特に河内長野市・富田林市・河南町・千早赤阪村)で行われる祭礼。七月第四土・日曜日(試験曳きは前週日曜日)に行われる「科長神社夏祭り」、十月第二金・土・日曜日(試験曳きを行う日程は地区によって異なる)に行われる「錦織神社秋祭り」、「春日神社秋祭り」、十月第三金・土・日曜日に行われる「建水分神社秋祭り」、「美具久留御魂神社秋祭り」、「壱須賀神社秋祭り」、「板茂神社秋祭り」、「大伴黒主神社秋祭り」、「磐船神社秋祭り」、「中津神社秋祭り」、「佐備神社秋祭り」を含めた南河内地域のだんじり祭りを総称して「南河内だんじり祭り」と呼称する。上地車(かみだんじり)、主に石川型のだんじり祭りである。

◆ 箕面まつり
箕面まつり(みのおまつり)は、大阪府箕面市で行われる祭。市制施行30周年のプレイベントとして実施された1986年(昭和61年)から毎年開催されている。年によって前後することもあるが、概ね7月の最終土曜日から日曜日にかけて行われる。
同市の芦原公園内ときめき広場に設置する屋外ステージでのイベントをはじめ、その周辺の公共施設などでの屋内外の各種イベント、出店、市役所から箕面駅前までのパレードなどが行われている。
また、7〜8月に開催される地域のイベントを「関連イベント」として箕面まつり推進協議会が支援している。

◆ 古市だんじり祭
古市だんじり祭(ふるいちだんじりまつり)は大阪府羽曳野市の白鳥神社でおこなわれる祭礼。
日程:10月体育の日(ハッピーマンデー)の前、前々日の土、日曜日
場所:近鉄南大阪線古市駅下車 白鳥神社
古市6地区においてそれぞれ地車を所有しており、曳き方にそれぞれの地区の特色が色濃く出ている。

=掲載のテキストについて=
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
著者: 記載無し 最終更新 2009年2月16日 (月) 13:24 掲載サイト
掲載のテキストはクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスの下で利用可能です。

7月のページへ