動画でお散歩/福井県の祭り/1月〜12月

お出かけ注意掲示板

福井県の祭り情報/1月〜12月
開催予定日 各地のお祭り情報 = 福井県 = 詳細情報 YouTube 
2月中旬 永平寺 冬の燈籠まつり
(福井県吉田郡永平寺町)
永平寺町
HP
参考動画で!
お楽しみ下さい
2月下旬 勝山左義長まつり
(福井県勝山市元町 )
勝山市
HP
参考動画で!
お楽しみ下さい
3月中旬 七間朝市開き
(福井県大野市元町)
大野市
HP
参考動画で!
お楽しみ下さい
4月1日
〜15日
金崎宮花換まつり
(福井県敦賀市)
金ヶ崎宮
HP
参考動画で!
お楽しみ下さい
4月初旬 ふくい春まつり 越前時代行列
(福井県福井市)Ver.5
福井
Ctiyナビ
参考動画で!
お楽しみ下さい
4月初旬 丸岡城桜まつり
(坂井市丸岡町)
坂井市
観光連盟
参考動画で!
お楽しみ下さい
5月2日
〜3日
小浜神社の例大祭
(福井県小浜市)
小浜市
HP
参考動画で!
お楽しみ下さい
5月初旬 神と紙のまつり
(福井県越前市)
越前市
観光案内
参考動画で!
お楽しみ下さい
5月初旬 さばえつつじまつり
(福井県鯖江市桜町)
鯖江市
HP
参考動画で!
お楽しみ下さい
5月初旬
隔年
西津祭り 大太鼓
(福井県小浜市)Ver.10
小浜市
HP
参考動画で!
お楽しみ下さい
5月中旬 三国祭 三國神社
(福井県坂井市)
三國神社
HP
参考動画で!
お楽しみ下さい
5月下旬 越前焼陶芸まつり
(福井県越前町)
越前焼陶村 参考動画で!
お楽しみ下さい
7月中旬 越前夏祭り花火大会
(福井県越前町)
越前ナビ 参考動画で!
お楽しみ下さい
7月中旬 金津祭 金津神社
(福井県あわら市春宮)
金津祭
囃子保存会
参考動画で!
お楽しみ下さい
7月下旬 若狭高浜花火大会
(福井県高浜町和田海水浴場)Ver.15
高浜町
HP
参考動画で!
お楽しみ下さい
8月初旬 福井フェニックス花火
(福井市足羽川河川敷)
福井市
HP
参考動画で!
お楽しみ下さい
8月上旬 やっしきまつり
(福井県鯖江市)
鯖江市
HP
参考動画で!
お楽しみ下さい
8月上旬 三国花火大会
(福井県坂井市)
三国
花火大会
web
参考動画で!
お楽しみ下さい
8月中旬 とうろう流しと大花火大会
(福井県敦賀市)
敦賀市
観光協会
参考動画で!
お楽しみ下さい
8月中旬 越前市サマーフェスティバル 花火大会
(福井県越前市)Ver.20
越前市
観光案内
参考動画で!
お楽しみ下さい
9月初旬 敦賀まつり・気比神宮例祭
(福井県敦賀市)
敦賀市
観光協会
参考動画で!
お楽しみ下さい
9月中旬 若狭小浜放生祭
(福井県小浜市)
小浜市
HP
参考動画で!
お楽しみ下さい
9月中旬 大光柴燈護摩供養 天神寺
(福井県あわら市笹岡)
天神寺
HP
参考動画で!
お楽しみ下さい
10月初旬 たけふ菊人形
(福井県越前市武生中央公園 )
越前市
観光案内
参考動画で!
お楽しみ下さい
10月上旬 丸岡古城まつり
(福井県坂井市)Ver.25
坂井市
HP
参考動画で!
お楽しみ下さい
10月中旬 OBAMA食のまつり
(福井県小浜市)
紹介サイト 参考動画で!
お楽しみ下さい
12月31日
〜1月1日
スキージャム勝山カウントダウン
(福井県勝山市)
スキージャム
HP
参考動画で!
お楽しみ下さい

福井県の主な祭り

◆ あっぽっしゃ
あっぽっしゃは、福井県福井市の旧越廼村蒲生・茱崎地区に伝わる伝統行事である。また、妖怪のこと。
石川県や新潟県に伝わるあまめはぎと類似のものであり、山形県のアマハゲや秋田県のなまはげとの類似点も多い。類似のものは裏日本に限らず、太平洋側にも岩手県大船渡市三陸町吉浜のスネカ、九州地方では鹿児島県甑島のトシドンなど、日本各地に分布する。
海に住むという鬼が行儀の悪い子供をたしなめる行事で、福井市の蒲生・茱崎地区では小正月の2月6日夜、地区の若者扮する赤い顔の鬼が、茶釜の蓋を叩きながら「アッポッシャー、アッポッシャー」といって、行儀の悪い子供をたしなめ餅をもらって帰る。その昔、遭難して越廼の海岸に辿り着いた渡来人が民家に食料を求めたことに由来するとされ、「あっぽ(もち)欲しや」がなまったものとされる。

◆ 越前萬歳
越前萬歳(えちぜんまんざい)とは、福井県越前市に伝わる伝統芸能である。1995年12月26日に国の重要無形民俗文化財に指定された。野大坪萬歳とも呼ばれる。

◆ 勝山左義長
勝山左義長(勝山左義長まつり)は、福井県勝山市で毎年2月最終土日にかけて行なわれている左義長であり、福井県を代表する祭りである。
平成20年2月に福井県の無形民俗文化財に指定
福井県勝山市では市内最大の祭りである。 「お囃子」「絵行灯」「作り物」「押し絵」「短冊」などが2日間かけて行われる。
お囃子は「勝山左義長ばやし」とよばれ、市内に12基の高さ6mの見事な櫓が建ち、その上で色とりどりの長襦袢を着てお囃子を行う。 お囃子では三味線、しの笛、鉦で「蝶よ花よ花よのねんね まだ乳のむか 乳くびはなせ」という特徴のある唄にあわせて太鼓を打つ。

◆ 敦賀まつり
敦賀まつり(つるがまつり)は、福井県敦賀市にあるまつりで、市内中心部である4つの商店街(駅前商店街・本町商店街・神楽商店街・相生商店街)で行われる敦賀の大型イベントのひとつである。「けいさん祭り」とも呼ばれる。
けいさん とは気比神宮のことを指す。元来、市内中心部における祭りではあるが、いまでは敦賀市民の祭りであると認知されている。
敦賀まつりは毎年9月のはじめに行われるまつりであり、県内はもとより関西や北陸からも人が訪れる。
まつりのメインは最初の1日目・2日目・3日目であり一番盛り上がり、カーニバルや踊り、そして伝統行事などが催される。
商店街のアーケードの軒下には所狭しと屋台や商店が並べられ、さまざまな食べ物やおもちゃが売られる。特に屋台の数はさながら露天商の全国大会の感がある。また気比神宮内にも屋台や商店、そしてお化け屋敷などの見世物が設置され夏の終わりの風物詩となっている。
敦賀まつりにあわせて市内の小学校や中学校では夏休みが終わったあとだがすぐに休みになる。ピーク時には普段では考えられないほどの人が集中するのでアーケード街は人で埋め尽くされ前が見えない。
特に気比神宮の入り口では顕著になる。小学校や中学校ではこの祭りに関する注意事項の確認書が配られるように、普段とは勝手が違うことを強調する。

◆ とうろう流しと大花火大会
とうろう流しと大花火大会(とうろうながしとだいはなびたいかい)は、福井県敦賀市の松原海岸で毎年8月16日に行われる大型イベントのひとつである。
市民のお盆の風物詩として定着しているイベントで、気比の松原海岸付近で行われる。最近では日本海最大級との謳い文句で1万発以上の花火が打ち上げられ、イベントの大型化が窺える。 浜辺から見る打上花火(04年)。
とうろう流しと大花火大会(とうろうながしとだいはなびたいかい)は、福井県敦賀市の松原海岸で毎年8月16日に行われる大型イベントのひとつである。市民のお盆の風物詩として定着しているイベントで、気比の松原海岸付近で行われる。最近では日本海最大級との謳い文句で1万発以上の花火が打ち上げられ、イベントの大型化が窺える。
昼間沖合いには花火設営のための浮島が多数配置されているのが見える。当日は17時までの遊泳として、19時からの開催までには浜辺は見物客で埋め尽くされる。
しかし近年はこの大会の知名度が上がり、敦賀市周辺に限らず近畿・中部・北陸などからも観光客が駆けつけるようになり、17時時点ですでに浜辺はシートで埋め尽くされる状況にある。
県内外あわせて約20万人と、普段の敦賀では考えられないほどの人が押し寄せるので、この日は周辺が非常に混雑し警備の体制が強化される。自動車の乗り入れ規制はもちろん(会場から離れた駐車場からのシャトルバスあり)のこと、松林を縦断して浜辺に行く道路が狭いので自転車にのっての通行も危険であるので歩いて会場入りする。また当日はJR 貨物の敦賀港駅まで臨時の旅客運送も実施しておることから鉄道でのアクセスも出来た。
会場では人でごった返しており、迷子になる子供が続出するので気をつける必要がある。
浜辺に行って間近で見物する人もいるが、打ち上げ花火に限れば敦賀の扇状地地形を利用して山付近からでも見物できる。ごった返しを嫌ってあえて遠くから見物する市民もいる。例えば、若狭湾エネルギー研究センターでは当日夜まで開放をしており遠巻きに見物することも出来る。

◆ 花換まつり
花換まつり(はなかえまつり)とは、敦賀市金ヶ崎町で4月に行われる花見イベントである。
「男女が花(桜)を交換すると幸せになる」という言い伝えがイベント化したものである。また単に桜を鑑賞する春の観光・イベントである。毎年募った福娘から花を交換することで恋愛祈願となる(花は祈願後もらえる)。
桜が敦賀港駅そばの天筒山の斜面に面した階段と金ヶ崎宮周辺に集中しているため春は混雑する。最近になって駐車場が整備され、これにより階段へのアクセスが改善された。金ヶ崎の高台からは港や町並みを望むことができる。また夜間はライトアップされるので夜桜見物もできる。

◆ 福井フェニックスまつり
福井フェニックスまつり(ふくいフェニックスまつり)は、1954年(昭和29年)に「福井まつり」として始まった福井市の祭典で福井県内最大のものである。戦災、震災、水害、雪害など多くの苦難を乗り越えてきた福井市を「不死鳥(=フェニックス)」に例えている。現在は「福井まつり協会事務局(福井市マーケット戦略室内)」が中心となって運営している。開催日は通常毎年8月1日から8月3日の3日間。

◆ 水海の田楽・能舞
水海の田楽・能舞(みずうみのでんがくのうまい)は、福井県今立郡池田町水海に伝わる伝統行事。1975年(昭和50年)の文化財保護法の改正によって制定された重要無形民俗文化財の第1回の指定を受けた。
鎌倉時代、1250年(建長2年)北条時頼が諸国行脚の折池田を訪れた。時は冬、雪深い池田に滞留し水海にて一冬を過ごす事となる。村人達は宴をひらき田楽を舞い、都を思い恋しくなる時頼を慰めたとのことである。
喜んだ時頼が、礼に能を舞って村人達に教え、そして田楽と能を合わせた珍しい田楽能舞がこの地に継がれることとなり、「水海の田楽・能舞」の始まりとなったと伝えられている。

=掲載のテキストについて=
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
著者: 記載無し 最終更新 2009年2月16日 (月) 13:20 掲載サイト
掲載のテキストはクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスの下で利用可能です。