動画でお散歩/富山県の祭り/1月〜6月

お出かけ注意掲示板

富山県の祭り情報/1月〜6月
開催予定日 各地のお祭り情報=富山県= 詳細情報 YouTube 
2月上旬 牛岳スノーフェスタ
(富山市 牛岳温泉スキー場)
牛岳温泉
スキー場
参考動画で!
お楽しみ下さい
2月上旬 宇奈月温泉雪のカーニバル
(富山県黒部市宇奈月温泉街)
宇奈月温泉
旅館組合
参考動画で!
お楽しみ下さい
4月初旬 高岡桜まつり
(富山県高岡市古城)
高岡市
観光協会
参考動画で!
お楽しみ下さい
4月上旬 全日本チンドンコンクール
(富山県富山市)
公式web 参考動画で!
お楽しみ下さい
4月上旬 赤井の親子獅子
(富山県射水市赤井) Ver.5
射水市
観光web
参考動画で!
お楽しみ下さい
4月中旬 まるまげ祭り
(富山県氷見市幸町)
氷見市
HP
参考動画で!
お楽しみ下さい
4月下旬 となみチューリップフェア
(砺波市花園町 砺波チューリップ公園 )
四季彩館
HP
参考動画で!
お楽しみ下さい
4月下旬 石動曳山祭
(富山県小矢部市)
小矢部市
HP
参考動画で!
お楽しみ下さい
5月初旬 高岡御車山祭
(富山県高岡市)
運営委員会
web
参考動画で!
お楽しみ下さい
5月初旬 いきいき射水 太閤山フェスティバル
(富山県射水市県民公園) Ver.10
射水市
観光web
参考動画で!
お楽しみ下さい
5月初旬 加茂神社 やんさんま
(富山県射水市加茂中部)
射水市
観光web
参考動画で!
お楽しみ下さい
5月初旬 越中八尾曳山祭
(富山県富山市八尾町)
越中八尾
観光協会
参考動画で!
お楽しみ下さい
5月初旬 城端曳山祭
(富山県南砺市)
城端
観光協会
参考動画で!
お楽しみ下さい
5月初旬 井波よいやさ祭り
(富山県南砺市井波町)
南砺市
HP
参考動画で!
お楽しみ下さい
5月初旬 砺波夜高祭
(富山県砺波市) Ver.15
砺波市
観光情報
参考動画で!
お楽しみ下さい
5月15日 伏木曳山祭(けんか山)
(富山県高岡市)
伏木曳山祭
実行委員会
参考動画で!
お楽しみ下さい
5月中旬 越中だいもん凧まつり
(富山県射水市枇杷首)
射水市
観光web
参考動画で!
お楽しみ下さい
5月中旬 岩瀬曳山車祭
(富山県富山市岩瀬白山町)
富山市
HP
参考動画で!
お楽しみ下さい
5月中旬 射水市獅子舞競演会
(富山県射水市)
射水市
観光web
参考動画で!
お楽しみ下さい
5月下旬 富山 山王まつり
(富山県富山市西町・山王町) Ver.20
富山市
HP
参考動画で!
お楽しみ下さい
5月下旬 戦国のろし祭り
(富山県魚津市)
魚津市
HP
参考動画で!
お楽しみ下さい
6月初旬 津沢の夜高あんどん祭り
(富山県小矢部市津沢地内)
小矢部市
HP
参考動画で!
お楽しみ下さい
6月中旬 御印祭
(富山県高岡市金屋町)
高岡市
観光協会
参考動画で!
お楽しみ下さい

富山県の主な祭り

◆ 明日の稚児舞
明日の稚児舞(あけびのちごまい)は、富山県黒部市(旧・宇奈月町明日)に伝わる民俗芸能の稚児舞。選択無形民俗文化財。
明日の稚児舞は、加茂神社の稚児舞・熊野神社の稚児舞とともに、越中の稚児舞の一つとして、1982年1月14日に重要無形民俗文化財に指定されたもので、法福寺で毎年4月18日の観音会に奉納される。
この稚児舞は、矛の舞、大平楽、臨河楽、万歳楽、千秋楽の 5曲からなり、上方系の舞楽が地方化したもので、古い民俗行事の特色を伝えており稚児舞の典型例であるとされている。法福寺で本堂の前庭中央に舞台を作って 4人の稚児が舞い、曲目によって舞い方が異なる

◆ 愛宕社の火祭り
愛宕社の火祭り(あたごしゃのひまつり)は、富山県魚津市で毎年1月25日頃に開催される祭りである。火消しのまといに似せた御幣(ごへい)を燃やし、1年間の火の用心と家内安全及び無病息災を祈る。祭りの前になると、地区ごとに祭りで使う御幣を作り、それを立てておくという風習がある。
『愛宕社』と称しているが、実際は愛宕社ではなく魚津神社で行われている。これは元々魚津市立大町小学校の敷地内にあった愛宕社が1966年(昭和41年)に魚津神社と合併したためである。

◆ 石動曳山祭
石動曳山祭(いするぎひきやままつり)は富山県小矢部市石動地区(旧 石動町)にて、毎年4月29日に行われる江戸時代中期より続く石動愛宕神社の春季祭礼である。3基の神輿渡御・11基の曳山供奉が行われる。以前は4月23日?25日に行われていた。
11基の曳山は昭和55年(1980年) 8月1日 市指定有形民俗文化財に、指定されている。

◆ 宇奈月温泉雪のカーニバル
宇奈月温泉雪のカーニバル(うなづきおんせんゆきのかーにばる)は、富山県黒部市の宇奈月温泉で毎年2月に開催される祭りである。
2月の第一土曜日雪像コンテスト、タイマツ滑降・行列、花火大会が開催される。また、第2〜4土曜日には、雪上花火大会、お楽しみ抽選会が行われる。

◆ 越中八尾曳山祭
越中八尾曳山祭(えっちゅうやつおひきやままつり)は、富山県(越中国)富山市八尾町(旧婦負郡八尾町)で毎年5月3日に行なわれる江戸時代中期より続く八尾八幡社の春季祭礼(神事)である。1993年(平成5年)までは5月5日に行われていた。
八尾町市街地の内6町が曳山、1町が獅子頭(獅子舞)をそれぞれ保有し祭礼を執り行っている。
上新町(かみしんまち)が寛保元年(1741年)花山車を製作し在原業平の人形と役者を乗せ練り廻したのが起源とされる。その後他の町も順次曳山を制作し祭礼に加わり明治時代中期には6基となり現在に至っている。なお祭礼行事は、上新町の過去帳により、寛保元年以前から行われていたことがわかっている。
坂の街の家の軒下には松飾りが挿され、朝方より獅子舞、神輿、そして6基の曳山が曳山囃子を演奏しながら厳かに曳き廻され、夜には提灯山となって夜空をほのかに染めながら夜半まで曳き廻される。 曳山囃子には三味線、横笛、太鼓が用いられる。曲は町内毎に十数種類あり、それぞれの場面によって弾き分けられる。 当時の名工が手掛けた彫刻、漆工、彫金、金箔などを纏った絢爛豪華な曳山は、江戸時代富山藩の御納所(おなんどころ)と呼ばれ養蚕業(蚕種・絹)と和紙で豊かな財力を誇った八尾町民文化の繁栄の証であり誇りである。
6基の曳山は1965年(昭和40年)1月1日「八尾町祭礼曳山」として富山県有形民俗文化財に指定されている。
曳山を曳く時に「ほりきの みっつの よーかんぼー」と掛け声を掛けるが、意味は諸説あって現在ではよく判らなくなっている。
角回しではそれぞれの街角を曳き手が指示者の合図のもと太鼓が打ち鳴らされる中、呼吸を合わせ一気に力ずくで車輪を軋ませ、日中は屋根から提げられた瓔珞(ようらく)を大きく揺らしながら、夜は提灯を揺らしながら回す所が見所である。日中では東新町(ひがししんまち)の狭い坂の辻、夜の提灯山では八尾八幡社奉納時の出入りの角回しが一番の見所である。
1872年(明治5年)までは3月16日、1962年(昭和37年)までは4月20日に執り行なわれていた。

◆ 海老江曳山祭
海老江曳山祭(えびえひきやままつり)は富山県射水市 海老江地区(旧 新湊市)にて、毎年9月23日に行われる江戸時代後期より続く海老江加茂神社の秋季例大祭で、神輿渡御・3基の曳山供奉が行われる。
3基の曳山は昭和52年(1977年)9月1日 「海老江加茂社祭礼曳山車」として市指定有形民俗文化財に指定されている。
海老江地区は江戸中期より明治にかけて沿岸漁業と北前船交易が盛んだった町で、曳山祭は五穀豊穣と大漁を祈願した祭りである。3基の曳山は海老江の市街地を、各町揃いの法被姿の若衆によって「イヤサーイヤサー」と威勢のいい掛け声のもと勇壮に曳き回される。夜には提灯山となって夜空をほのかに染めながら夜半まで曳き廻される。祭礼の創始はよくわかっていないが、西町の曳山が天保12年(1841年)に創建され、その後、中町・東町と順次曳山を製作し現在の姿になった。
曳山の構造やお囃子などにおいて放生津の曳山との類似点が多いが、これは放生津地区より後に曳山ができ、地理的に放生津地区が近いことから大きな影響を受けたものといえる。

◆ おわら風の盆
おわら風の盆(おわらかぜのぼん)は、富山県富山市八尾町(旧婦負郡八尾町)で毎年9月1日から3日にかけて行なわれている富山県を代表する祭りである。
越中おわら節の哀切感に満ちた旋律にのって、坂が多い町の道筋で無言の踊り手たちが洗練された踊りを披露する。艶やかで優雅な女踊り、勇壮な男踊り、哀調のある音色を奏でる胡弓の調べなどが来訪者を魅了する。おわら風の盆が行なわれる3日間、合計25万人前後の見物客が八尾を訪れ、町はたいへんな賑わいをみせる。

◆ 加茂神社の稚児舞
加茂神社の稚児舞(かもじんじゃのちごまい)は、富山県射水市(旧・下村加茂)に伝わる民俗芸能の稚児舞。選択無形民俗文化財。
加茂神社は京都賀茂御祖神社の荘園であった倉垣荘の荘家跡に勧請された神社。同社の稚児舞は平安時代に賀茂御祖神社から伝承したとされ、9月4日の秋祭りに演じられる。4人の稚児が拝殿前に設けた仮舞台上で「鉾の舞」、「林歌」「胡蝶の舞」「天の舞」など9曲(もと11曲)を舞う。
明日の稚児舞・熊野神社の稚児舞とともに越中の稚児舞として、1982年1月14日に重要無形民俗文化財に指定された。

◆ 熊野神社の稚児舞
熊野神社の稚児舞(くまのじんじゃのちごまい)は、富山県富山市(旧・婦中町)中名に伝わる民俗芸能の稚児舞。
毎年8月25日の熊野神社の秋の大祭に演じられる。宝暦年間に悪疫が流行ったとき、神託を受けた婦負郡坪野村(富山市婦中町速星)の村役人であった若林源左衛門が祭事を行ったところ、悪疫は終息し、豊作に恵まれたという草創伝説があり、南都舞楽の系統を引くという。
太鼓・笛の囃子、番組の内容は、富山県射水市の「加茂神社の稚児舞」と酷似しているため、相互に交流があったとみられる。太鼓と笛の囃子で、鉾の舞、賀古の舞、林歌の舞など7種の舞を、室町風の赤い衣装の4人の稚児が奉納する。8月23日に坪野神明社(婦中町速星)で試楽(試演)が行われている。
加茂神社の稚児舞・明日の稚児舞とともに越中の稚児舞として、1982年1月14日に重要無形民俗文化財に指定された。

◆ 源平火牛まつり
源平火牛まつり(げんぺいかぎゅうまつり)は、富山県小矢部市で毎年7月下旬に行われる祭である。
1183年の倶利伽羅峠の戦いで、源義仲が牛の角にたいまつを付けて放った奇襲攻撃で平家軍に大勝した故事にちなんで行われ、台車の上に据え付けられた藁でできた巨大な牛を引いてタイムを競う。
なお小矢部市の公式マスコットはこの祭りの牛をモチーフに、メルヘン建築物が多く建つことにちなんで「メルギューくん」と命名されている。

◆ じゃんとこい魚津まつり
じゃんとこい魚津まつり(じゃんとこいうおづまつり)は、富山県魚津市で開催される夏祭りである。1970年に「魚津観光まつり」として第一回が開催された。8月第一金曜日から3日間開催(以前は8月7日から3日間の開催であった)。1日目:たてもん祭り、2日目:たてもん祭りと海上大花火大会、3日目:せり込み蝶六。

◆ 庄川水まつり
庄川水まつり(しょうがわみずまつり)は、富山県砺波市の庄川水記念公園で毎年8月第1土曜、日曜の2日間に渡って行われるイベント。
一級河川庄川の扇状地の要にあたる砺波市庄川地区で豊富な水資源を生かした特色ある催しものが開催される。中でも庄川での木の原木流送を模した流木乗り選手権大会は一般の部が優勝賞金30万円ということもあり例年多くの参加者でにぎわう。

◆ 城端曳山祭
城端曳山祭 (じょうはなひきやままつり) は富山県南砺市城端町(旧東礪波郡城端町)にて毎年5月5日に行われる江戸時代中期より続く城端神明宮の春季祭礼で、5月4日には宵祭が行われる。かつては5月15日に行われていたが祭礼を執り行う人手確保の為2006年(平成18年)よりゴールデンウィーク中の現在の日程となった。
獅子舞、剣鉾、8本の傘鉾、四神旗、4基の神輿、6基の庵屋台(いおりやたい)・曳山が越中の小京都と言われる城端の旧市街を厳かに曳き回される。また若連中といわれる囃子方・唄方が庵屋台の中に入り各所望所(しょもうしょ)にて江戸情緒溢れる庵唄を披露する。夜には提灯山となり夜遅くまで賑わう。
2002年(平成14年)2月12日、現在まで江戸時代からの古い祭礼形式が継承されている事が評価され「城端神明宮祭の曳山行事」として重要無形民俗文化財に指定されている。

◆ 放生津曳山祭
放生津曳山祭(ほうじょうづひきやままつり)は新湊曳山祭ともいわれ富山県射水市新湊地区(旧新湊市)にて、毎年10月1?2日に行われる江戸時代中期より続く放生津八幡宮の秋季例大祭である。10月1日は神輿渡御・13基の曳山供奉が、10月2日の本祭には放生津八幡宮にて築山(つきやま)神事が行われる。
13基の曳山は1968年(昭和43年)9月30日 「放生津八幡宮の曳山」として市指定有形民俗文化財に、築山神事は1982年(昭和57年)1月18日に富山県指定無形民俗文化財に指定されている。

◆ 戦国のろし祭り
戦国のろし祭り(せんごくのろしまつり)は、富山県魚津市で毎年5月下旬に開催される祭りである。メイン会場は松倉城およびその支城である。
戦国時代の魚津をしのんで行う祭りで、戦国武者行列、郷土芸能、山城鍋、戦国茶屋、砂金取りなどのイベントが行われている。松倉城およびその支城で、のろしもあげられる。

◆ 全日本チンドンコンクール
全日本チンドンコンクール(ぜんにほんチンドンコンクール)は、富山県富山市で毎年4月上旬に開催される祭りである。全国のチンドンマンが様々なチンドンを披露する。

◆ 大門曳山まつり
大門曳山まつり(だいもんひきやままつり)は富山県射水市大門地区(旧 大門町)にて、毎年10月第2日曜日に行われる明治時代初めより続く大門神社・枇杷首神社の秋季祭礼で、4基の曳山が曳き回され、夜には提灯山となる。
4基の曳山は平成17年(2005年) 3月25日 市指定有形民俗文化財に、指定されている。

◆ 高岡といで菜の花フェスティバル
高岡といで菜の花フェスティバル(たかおかといでなのはなフェスティバル)は、毎年4月29日ごろに富山県高岡市戸出(北般若地区)の高岡オフィスパーク地区周辺で行われる小規模なイベントである。主催は高岡といで菜の花フェスティバル実行委員会。
かつては、「といで菜の花フェスティバル」という名称であったが、2008年(平成20年)に、高岡開町400年事業に合わせて、「高岡といで菜の花フェスティバル」に改称された。

◆ 高岡御車山祭
高岡御車山祭(たかおかみくるまやままつり)は、毎年5月1日に行われる富山県高岡市の高岡関野神社の春季例祭で、御車山(みくるまやま)と呼ばれる7基の曳山が囃子とともに高岡の旧市街を巡行する祭。4月30日には宵祭りが行われる。
御車山は、1588年(天正16年)に豊臣秀吉が聚楽第に後陽成天皇の行幸を仰いだ時に使用した御所車を前田利家が拝領したものと言い伝えられており、それを加賀藩二代目藩主前田利長が1609年(慶長14年)に高岡に城を築いて町を開いた際に城下の町民に与え、以来、山町(山町筋)と呼ばれる高岡城下10ヶ町が手を加えながら代々受け継いできたものである。御車山は安土桃山文化の面影を残す優雅な装飾が施されている。装飾金具は江戸時代の名工達の手による作品であり木部も漆工達の優れた作品である。七基が揃って巡行する姿は絢爛豪華であり、町衆のエネルギーを示すものといえる。
「高岡御車山」が1960年(昭和35年)6月9日に重要有形民俗文化財に、「高岡御車山祭の御車山行事」として1979年(昭和54年)2月3日に重要無形民俗文化財に指定された。また山車の「工芸品」は1967年(昭和42年)富山県指定有形文化財に指定されている。
国指定重要有形・重要無形、両民俗文化財に指定されているものは全国で五件のみで、その内の一件である。

◆ たてもん祭り
たてもん祭り(たてもんまつり)は、富山県魚津市の諏訪神社で開催される夏季祭礼である。1970年(昭和45年)から魚津観光まつり(後にじゃんとこい魚津まつり)のイベントのひとつとなった。毎年8月の第一金曜から2日間(以前は8月7~8日)に行われる。

◆ 津沢夜高祭り
津沢夜高祭り(つざわよたかまつり)は、富山県小矢部市津沢地区で行われる夜高祭。毎年6月の第一金曜日と土曜日に行われる。
行燈、山車、釣りものを組合せた夜高行燈が街を練り歩く。また、喧嘩夜高行燈引き廻し(ただ単に「あんどんのぶつかり合い」とも言うこともある)では勇壮な夜高行燈のぶつかり合いが観られる。同じ砺波地区の夜高祭りでも「福野夜高祭」や「砺波夜高祭り」では2日目に喧嘩が行われるが、この津沢と砺波市庄川町の「庄川観光祭」の場合、喧嘩は2日間とも行われる。
発祥年代は定かではないが、富山県砺波平野一帯の農村部で室町時代におこった田祭りが原型であろうと推測される。津沢に隣接する南砺市福野地域の福野夜高祭は承応年間の伝承文献があり検証されているが、その周辺の市町村も同じ時期に派生していったであろうと思われる。田植えが終わったあと、「やすんごと」と称して五穀豊穣を祝い御祭りをしていた形跡は各地にある。
また、この祭りが小矢部市の姉妹都市・北海道沼田町にも伝承されており、沼田の夜高祭りは今や北海道の三大行燈祭りに挙げられるまでに発展している。

◆ 出町子供歌舞伎曳山祭
出町子供歌舞伎曳山祭(でまちこどもかぶきひきやままつり)は、富山県砺波市中心市街地(出町地区)にある出町神明宮の春季祭礼。4月16・17日とされていた上演日は2009年(平成21年)より4月29・30日に変更となった。
1967年(昭和42年)砺波市指定無形文化財、その後2002年(平成6年)2 月24日には富山県の無形民俗文化財に指定されている。

◆ 戸出七夕まつり
戸出七夕まつり(といでたなばたまつり)は、例年7月3日から7月7日までの期間に富山県高岡市戸出地区にて行われる祭りである。「日本海側随一の七夕まつり」「日本で最も由緒ある七夕まつり」「住民手作りのものとしては日本最大の七夕まつり」「日本一美しい七夕まつり」などと形容される。

◆ となみチューリップフェア
となみチューリップフェアは、富山県の砺波チューリップ公園にて砺波市と砺波市花と緑の財団が主催して毎年開催される富山県のチューリップの祭典。

◆ 砺波夜高祭
砺波夜高祭(となみよたかまつり)は、富山県砺波市の出町地区で毎年6月第2金曜、土曜の2日間に渡って行われる田祭り。豊年満作、五穀豊穣を祝って行われる。また夜高行燈を激しくぶつけ合い、壊し合うことから、喧嘩祭りとしても知られており、この時期に砺波地区各地で行われる夜高祭のトリを飾る。
富山県砺波地方を中心に伝承される祭で、和紙と竹でできた夜高行燈を立て、田祭りや神事を行う。起源は南砺市福野にあり、福野開町の際に伊勢神宮からの分霊を行燈を手に手に持って出迎えたのが由来で春季祭礼の神事として行われている。

◆ 伏木曳山祭
伏木曳山祭(ふしきひきやままつり)は、富山県高岡市伏木地区にて毎年5月15日に行われる、江戸時代後期より続く、海岸鎮護・海上安全の神である伏木神社の春季例大祭。夜には「かっちゃ」といわれる山車同士のぶつかり合いが行われる勇壮な喧嘩祭りで、けんか山の別名で親しまれている。5月14日には前夜祭として山倉前にて宵山ライトアップが行われ、お囃子なども聞くことができる。
伏木曳山祭(けんか山)は1985年(昭和60年)7月8日、市指定無形民俗文化財に指定されている。

◆ 放生津曳山祭
放生津曳山祭(ほうじょうづひきやままつり)は新湊曳山祭ともいわれ富山県射水市新湊地区(旧新湊市)にて、毎年10月1?2日に行われる江戸時代中期より続く放生津八幡宮の秋季例大祭である。10月1日は神輿渡御・13基の曳山供奉が、10月2日の本祭には放生津八幡宮にて築山(つきやま)神事が行われる。
13基の曳山は1968年(昭和43年)9月30日 「放生津八幡宮の曳山」として市指定有形民俗文化財に、築山神事は1982年(昭和57年)1月18日に富山県指定無形民俗文化財に指定されている。

◆ 幌武者行列
幌武者行列(ほろむしゃぎょうれつ)は、富山県高岡市戸出町にある戸出野神社の秋季例大祭の際に行われる行事である。
毎年10月第2土曜日の戸出野神社の秋季例大祭の際、戸出旧町在住の子供たちが戸出に縁のある豊臣秀吉や巴御前らに扮して町中を練り歩く。1697年(元禄3年)より毎年続けられており、高岡市内では御車山祭(1609年(慶長14年))、御印祭(1614年(慶長19年))に次ぐ歴史を誇る祭りである。

◆ 夜高行燈
夜高行燈(よたかあんどん)とは、富山県砺波地方に伝わる夜高祭で町を練り歩く巨大な行灯のこと。夜高行燈は行燈を出す町内の人間手作りによって製作される。
行燈の制作期間は町内によって差があるが、2ヶ月〜3ヶ月と長期に渡る。材料は主に竹と和紙、細部では針金を使い、色付けは紅、染料、蝋(ロウ)等が使用されている。

◆ 夜高祭
夜高祭(よたかまつり)は富山県砺波地方に伝わる祭。
起源は伊勢神宮からの分霊を迎える際、行灯を持って迎えた神事が祭の始まりとされる。
現在では砺波地方一体に見ることが出来、田祭りや観光祭として行われる地域もある。

=掲載のテキストについて=
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
著者: 記載無し 最終更新 2009年2月16日掲載サイト
掲載のテキストはクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスの下で利用可能です。

7月のページへ