動画でお散歩/岐阜県の祭り/1月〜6月

お出かけ注意掲示板

岐阜県の祭り情報/1月〜6月
開催予定日 各地のお祭り情報 = 岐阜県 = 詳細情報 YouTube 
1月6日 六日祭(花奪い祭り)
(岐阜県郡上市白鳥町長滝)
郡上観光
どっと混む
参考動画で!
お楽しみ下さい
1月7日 市神神社 七日市
(岐阜県恵那市大井町)
恵那市
観光協会
参考動画で!
お楽しみ下さい
2月3日 節分会はだか祭
(岐阜県大垣市 宝光院)
大垣市
観光協会
参考動画で!
お楽しみ下さい
2月初旬 鬼岩福鬼まつり
(岐阜県瑞浪市日吉町)
瑞浪市
観光協会
参考動画で!
お楽しみ下さい
2月中旬 下呂の田の神祭り
(岐阜県下呂市森) Ver.5
下呂市
HP
参考動画で!
お楽しみ下さい
2月中旬 平湯大滝結氷まつり
(岐阜県高山市奥飛騨温泉郷)
高山市
観光情報
参考動画で!
お楽しみ下さい
3月初旬 美江寺まつり(蚕まつり)
(岐阜県岐阜市美江寺町)
ぎふ観光
ガイド
参考動画で!
お楽しみ下さい
3月中旬 養老公園 花と緑のまつり
(岐阜県養老町養老公園)
養老町
観光協会
参考動画で!
お楽しみ下さい
3月下旬 各務原市桜まつり
(岐阜県各務原市那加門前町)
各務原市
HP
参考動画で!
お楽しみ下さい
4月初旬 御嵩町薬師祭礼
(岐阜県御嵩町御嵩) Ver.10
御嵩町
観光web
参考動画で!
お楽しみ下さい
4月上旬 笠松春まつり
(岐阜県笠松町八幡町)
笠松町
HP
参考動画で!
お楽しみ下さい
4月上旬 たじみ陶器まつり
(岐阜県多治見市本町オリベストリート)
陶器まつり
公式web
参考動画で!
お楽しみ下さい
4月上旬 美濃まつり
(岐阜県美濃市)
美濃市
観光協会
参考動画で!
お楽しみ下さい
4月中旬 手力の火祭
(岐阜県岐阜市蔵前手力雄神社)
紹介
web
参考動画で!
お楽しみ下さい
4月上旬 霞間ケ渓公園 池田サクラ祭り
(岐阜県池田町藤代) Ver.15
池田町
HP
参考動画で!
お楽しみ下さい
4月上旬 八百津だんじり祭
(岐阜県八百津町八百津)
八百津町
HP
参考動画で!
お楽しみ下さい
4月中旬 春の高山祭(山王祭)
(岐阜県高山市)
高山市
観光情報
参考動画で!
お楽しみ下さい
4月中旬 安弘見神社の杵振り祭り
(岐阜県中津川市蛭川)
中津川市
HP
参考動画で!
お楽しみ下さい
4月中旬 TOKI−陶器祭り
(岐阜県土岐市)
土岐商工会 参考動画で!
お楽しみ下さい
4月中旬 郡上八幡春まつり
(岐阜県郡上市八幡町) Ver.20
郡上観光
どっと混む
参考動画で!
お楽しみ下さい
4月中旬 久田見祭り
(岐阜県八百津町久田見)
八百津町
HP
参考動画で!
お楽しみ下さい
4月中旬 古川祭・起し太鼓
(岐阜県飛騨市古川町)
飛騨市
観光サイト
参考動画で!
お楽しみ下さい
4月中旬 大矢田ひんここ祭り
(岐阜県美濃市大矢田)
美濃市
観光協会
参考動画で!
お楽しみ下さい
4月中旬 木曽三川公園チューリップ祭
(岐阜県海津市海津町油島)
木曽三川公園 参考動画で!
お楽しみ下さい
4月下旬 飛騨神岡祭
(岐阜県飛騨市神岡町船津) Ver.25
飛騨市
観光サイト
参考動画で!
お楽しみ下さい
5月初旬 垂井曳やままつり
(岐阜県不破郡垂井町)
垂井町
HP
参考動画で!
お楽しみ下さい
5月初旬 飛騨一之宮水無神社 例祭
(岐阜県高山市一之宮町)
飛騨一之宮
観光協会
参考動画で!
お楽しみ下さい
5月初旬 でででん祭り
(岐阜県郡上市白鳥町長滝)
郡上観光
どっと混む
参考動画で!
お楽しみ下さい
5月初旬 南宮大社例大祭
(岐阜県垂井町宮代峯)
垂井町
HP
参考動画で!
お楽しみ下さい
5月上旬 大垣まつり
(岐阜県大垣市西外側町) Ver.30
大垣市
観光協会
参考動画で!
お楽しみ下さい
5月上旬 長良川鵜飼開き
(岐阜市長良川河畔)
ぎふ観光
ガイド
参考動画で!
お楽しみ下さい
5月中旬 小瀬鵜飼
(岐阜県関市長良川河畔)
関市HP 参考動画で!
お楽しみ下さい
6月下旬 奥飛騨温泉郷露天風呂の日
(高山市奥飛騨温泉郷)
奥飛騨
温泉郷wev
参考動画で!
お楽しみ下さい

岐阜県の主な祭り

◆ 池ノ上みそぎ祭
池ノ上みそぎ祭(いけのうえみそぎまつり)は、岐阜県岐阜市池ノ上町の葛懸神社(かつらがけじんじゃ)で毎年12月第2土曜日に開催される神事である。
「みそぎ祭」と書かれた越中ふんどしを着けた裸男達が祭元より出発。もみ合いながら長良川に向かい忠節橋下流約500mの右岸から厄男を中心に長良川入り、身を清め無病息災を願う祭り。
午後3時、午後7時、午後10時の3回行う。当日の一般参加も認められていて、希望者にはふんどしと鉢巻が無料で提供される。

◆ 大垣祭
大垣祭(おおがきまつり)は、岐阜県大垣市市街にある大垣八幡神社の例祭である。

◆ 各務原カレー祭り
各務原カレー祭り(かかみがはらカレーまつり)とは、毎年9月上旬(第1土曜日)に岐阜県各務原市で行なわれる祭り(イベント)である。2006年(平成18年)より開催。主催は各務原市商工会議所青年部。
開催テーマは「楽しみ、喜び、盛大に」。各務原市特産のニンジンなど、地元食材を使用した夏野菜入りのカレーライスの無料配布されるのが特徴である。このカレーライスは開催される西暦の年数の人数分(2007年は2007食)配布される(要整理券)。

◆ 笠松川まつり
笠松川まつりは、毎年8月15日に岐阜県羽島郡笠松町で行われる祭りである。開催主体はかさまつまちづくりイベント実行委員会。

◆ 笠松の奴行列
笠松の奴行列(かさまつのやっこぎょうれつ)は、岐阜県羽島郡笠松町に伝わる民俗である。大名行列お奴ともいう。
1995年(平成7年)11月21日に岐阜県の無形民俗文化財に指定され、笠松大名行列お奴保存会がその伝統を伝えている。

◆ 笠松春まつり
笠松春まつり(かさまつはるまつり)とは、岐阜県羽島郡笠松町で行なわれる祭りである。毎年3月下旬〜4月上旬に行なわれる。
開催場所 :それぞれのイベントにより開催場所は異なるが、最寄駅は全て名古屋鉄道名古屋本線笠松駅となる。 無料駐車場あり。

◆ かわしま燦々夏祭り
かわしま燦々夏祭り(かわしまさんさんなつまつり)は、岐阜県各務原市川島笠田町の河川環境楽園内で行なわれる祭りである。

◆ 岐阜新聞大垣花火大会
岐阜新聞大垣花火大会(ぎふしんぶんおおがきはなびたいかい)は、岐阜新聞・岐阜放送が1957年(昭和32年)から行っている花火大会。例年7月の第4土曜日(または最終土曜日)に大垣市揖斐川河畔で開催される。

◆ ぎふ信長まつり
ぎふ信長まつり(ぎふのぶながまつり)は、岐阜県岐阜市で織田信長の偉業、岐阜市建設の遺徳をしのび開催される祭りである。
市内中心部が歩行者天国になり、審査によって選ばれた人たちが織田信長、斎藤道三、濃姫、お市の方等に扮して行進する騎馬武者行列をはじめ、少年少女の時代行列が長良橋通り(神田町通り)を壮大にパレードするほか、毎年趣向を凝らした様々なイベントが催されている。 また織田信長ゆかりの寺院である崇福寺にて「織田信長公追悼法要」が営まれ、祭り中は無料開放される。

◆ 岐阜まつり
岐阜まつり(ぎふまつり)は、岐阜県岐阜市にある多くの神社の例祭である。市内の伊奈波神社・金神社・橿森神社を始めとする多くの神社の例祭日は同じ日になっている。
商工祭の道三まつりも同期間に行われるため岐阜市内は祭りムード一色である。この期間に岐阜市内で行われる全ての祭りを総して「岐阜まつり」と岐阜市民は呼ぶ。
総社伊奈波神社で行なわれる神事は、伊奈波神社から市内の金神社、橿森神社へ神様が巡幸される神幸祭。夜には伊奈波神社宵宮が行われ岐阜市の重要有形民俗文化財に指定された4台の山車(蛭子車、安宅車、清影車、鞍馬車)と神輿が練り歩く。境内では山車カラクリの上演があり、花火も上がる。

◆ 郡上おどり
郡上おどり(ぐじょうおどり)は岐阜県郡上市八幡町(旧・郡上郡八幡町、通称「郡上八幡」)で開催される伝統的な盆踊りである。日本三大盆踊り、日本三大民謡(郡上節)に数えられる。

◆ 下呂の田の神祭
下呂の田の神祭(げろのたのかみまつり)は、岐阜県下呂市(旧・益田郡下呂町)森の、森水無八幡神社に伝わる祭りである。1981年(昭和56年)1月21日に重要無形民俗文化財に指定された。
創始年代は不明であるが、「田遊び」がその元となっているとされる豊作予祝祭である。明治初年までは1月14日に行われていたが、現在は2月7日から14日までの8日間に亘って祭事が行なわれる。
圧巻は、花笠をかぶった踊り子たちが踊りを披露、会場に設けられたやぐらから一斉に観客にむかって花笠、だんご、小竹箸などを投げ入れ、奪い合いとなる場面である。その間に踊り子は、かぶった笠をふところに納め、踊りながら祭場から出て行く。
この「下呂の田の神祭」の芸能は、昔の祭をそのまま現代に伝えるものであり、祭礼としてだけではなく貴重な文化遺産として保護・伝承して行く必要のあるものである。

◆ 白鳥おどり
白鳥おどり(しろとりおどり)は、岐阜県郡上市白鳥町(旧・郡上郡白鳥町、通称「美濃白鳥」)で開催される伝統的な盆踊りである。 古くは若い男女がおどりを通じ心を触れ合わせる場として存在し、現在も多くの人々に親しみつづけられている。

◆ 白鳥春まつり
白鳥春まつり(しろとりはるまつり)とは、岐阜県郡上市で行われる祭りである。毎年5月4日に行われる。
開催場所: 開催場所は白鳥市街地内。最寄駅は長良川鉄道越美南線美濃白鳥駅となる。 郡上市役所白鳥地域振興事務所・ふれあい創造館などに無料駐車場あり。

◆ 節分会はだか祭り
節分会はだか祭り(せつぶんかいはだかまつり)は、岐阜県大垣市にある宝光院(左目不動)にて行われる裸祭りである。
宝光院節分会はだか祭りあるいは左目不動節分会はだか祭りとも呼ばれる。
毎年2月3日の節分に行われる健康祈願などの開運、厄除け行事で、厄年を迎える男衆が「宝光院裸祭」と書かれた六尺ふんどしを身に着け川を渡り厄を落とす。川を渡るのは、冬の川を渡るのを人生の苦難を乗り切ることに喩えている。

◆ 全国選抜長良川中日花火大会
全国選抜長良川中日花火大会(ぜんこくせんばつながらがわちゅうにちはなびたいかい)は、中日新聞社が1957年(昭和32年)から行っている花火大会。
例年7月の最終土曜日に岐阜市長良川河畔で開催される。なお、同じ場所で翌週に開催される岐阜新聞・岐阜放送主催の長良川全国花火大会と合わせて、「長良川花火大会」と呼ばれる場合がある。

◆ 高山祭
高山祭(たかやままつり)とは岐阜県高山市で毎年開催される祭のうち屋台が複数出る祭の総称で京都市の祇園祭、埼玉県秩父市の秩父夜祭と並んで日本三大曳山祭の一つに数えられる。京都市の祇園祭、滋賀県長浜市の長浜曳山祭と並んで日本三大山車祭とされる。
また「高山祭屋台」は1960年6月9日に重要有形民俗文化財に、「高山祭の屋台行事」は1979年2月3日に重要無形民俗文化財に指定された。国指定重要有形・重要無形、両民俗文化財に指定されているものは全国で五件のみで、その内の一件である。
日枝神社例祭として4月14〜15日に行われる春の山王祭と、櫻山八幡宮例祭として10月9〜10日に行われる秋の八幡祭とがある。

◆ 手力の火祭
手力の火祭(てぢからのひまつり)は、岐阜県岐阜市にある手力雄神社(てぢからおじんじゃ)で行われる火祭り。始まった時期は不明ではあるが明和年間(1760年代)には記録があり、長く続く岐阜市を代表する伝統行事で岐阜県重要無形民俗文化財に指定されている。
境内に設けられた高さ20mの御神灯が次々と点灯された後、滝花火に点火される。境内に爆竹音が響き渡り、激しい火の粉が降り注ぐ中、花火が仕掛けられた神輿を裸男たちが担ぎ乱舞する。また手筒花火や、仕掛け花火が一斉に火を噴く山焼きなど全てが見物客を圧倒させる。なお4月に行われる「本祭」と8月に行われる「夏」(祭りの復興・観光用)があるが通常は「本祭」の事を指す。

◆ 道三まつり
道三まつり(どうさんまつり)は、NHKの大河ドラマ「国盗り物語」を機に商工関係者が創った商業イベントが始まり。
伊奈波神社・金神社・橿森神社を始めとする市内多くの神社の例祭「岐阜まつり」、も同期間に行われるため岐阜市内は祭りムード一色である。1972年(昭和47年)に始まり30余回開催され、昭和55年頃から岐阜JCや地元新聞社らが地元企業の参加を促進し、みこし広場を開設しみこしパレードを行った。
折からの岐阜まつりと重なり、年々華やかになり、現在はメイン行事となっている。現在の主催は岐阜市、岐阜商工会議所、岐阜柳ヶ瀬商店街振興組合連合会などから構成される道三まつり実行委員会。
時の話題を演出したユニークなみこし約30基、2,000人以上が参加するみこしパレード・音楽隊パレードが長良橋通りの金公園−岐阜市役所間で行われるほか、若宮町4、5丁目が歩行者天国になり、毎年趣向を凝らした様々なイベントが催されている。
また斎藤道三ゆかりの寺院である常在寺にて追悼式が営まれ、祭り中は無料開放される。
メイン行事の「岐阜まつり協賛みこしパレード」では地元企業、近燐の町会子供みこしの他、近年は市民有志による神輿愛好会が数団体結成され本神輿が多くなり、岐阜市消防団の梯子乗り、神社が祭行する御神幸や岐阜芸妓組合の手古舞なども繰出し、伝統色の濃いまつりに変わりつつある。近隣を含む人出は主催者発表で20万人(2日間)。

◆ 長良川全国花火大会
長良川全国花火大会(ながらがわぜんこくはなびたいかい)は、岐阜新聞・岐阜放送が1946年(昭和21年)から行っている花火大会。
例年8月の第1土曜日に岐阜市長良川河畔で開催される。なお、同じ場所で前週(7月の最終土曜日)に開催される中日新聞社主催の全国選抜長良川中日花火大会と合わせて、「長良川花火大会」と呼ばれる場合がある。

◆ 刃物まつり
刃物まつり(はものまつり)は、岐阜県関市の本町通りをメイン会場に行われる刃物をメインとしたイベントである。
毎年10月体育の日の前の土・日曜日の2日間開催され、春日神社での刃物まつり奉告祭で開幕し、刃物大廉売市や関鍛冶伝承館の日本刀鍛錬場や技能師実演場で古式日本刀鍛錬および外装技能師の実演の一般公開が行われるなど、市内各地でイベントが行われ、第10回(1977年)には約13万人、第20回(1987年)には約20万人、第30回(1997年)には約23万人の人出があった。

◆ 飛騨金山花火大会
飛騨金山花火大会(ひだかなやまはなびたいかい)は、毎年8月13日に下呂市金山町飛騨川・馬瀬川合流点の金山橋付近で開催される花火大会。後援は岐阜新聞・岐阜放送。
午後8時00分から開催される。打ち上げ数は約1600発。スターマイン13基、小型煙火17基、仕掛け花火3基も打ち上げられる。飛騨金山の地に伝わる黄金姫伝説を基にしたストーリー仕立ての花火が催される。
当日は金山町内各所でイベントが催され、花火大会終了後も会場に隣接する橋本町商店街で盆踊りが21時30分から23時30分まで続けられる。(花火大会が延期の場合は中止。) 会場から徒歩約3分の下呂市立金山小学校が臨時駐車場になる。

◆ 古川祭
古川祭(ふるかわまつり)は毎年4月19日、20日に岐阜県飛騨市古川町(旧・吉城郡古川町)で開催される気多若宮神社の例祭。「神輿行列」と祭りの開始を告げるために打ち鳴らしたといわれる「起し太鼓」と絢爛豪華な9台の「屋台行列」からなる。その起源は定かではないが、文献に最初に登場するのは屋台が1776年(安永5年)、起し太鼓が1831年(天保2年)である。
1980年(昭和55年)に古川祭の起し太鼓・屋台行事が国の重要無形民俗文化財に指定された。日本三大裸祭りの一つに数えられる。
古川祭は古くは旧暦の8月6日(太陽暦の9月上、中旬頃)に開催されていたが、1886年8月に疫病が流行し例祭ができなくなったことから11月に変更された。また1887年(明治20年)より春祭へと変更し4月16日、17日としたが、1889年(明治22年)より現在の日程となった。

=掲載のテキストについて=
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
著者: 記載無し 最終更新 2009年2月16日 (月) 13:21 掲載サイト
掲載のテキストはクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスの下で利用可能です。

7月のページへ