動画でお散歩/千葉県の祭り/1月〜6月

お出かけ注意掲示板

千葉県の祭り情報/1月〜6月
開催予定日 各地のお祭り情報 = 千葉県 = 詳細情報 YouTube 
1月1日 成田山初詣
(千葉県成田市成田)
成田山
web
参考動画で!
お楽しみ下さい
2月下旬 和良比はだか祭り
(千葉県四街道市和良比)
四街道市
HP
参考動画で!
お楽しみ下さい
2月中旬 かつうらビッグひな祭り
(千葉県勝浦市浜勝浦)
勝浦市
HP
参考動画で!
お楽しみ下さい
3月下旬 東金桜まつり
(千葉県東金市東金)
東金
観光協会
参考動画で!
お楽しみ下さい
3月下旬 千葉城さくら祭り
(千葉県千葉市中央区亥鼻公園)Ver.5
千葉市
観光ガイド
参考動画で!
お楽しみ下さい
3月下旬 市民さくらまつり 佐倉城址公園
(千葉県佐倉市)
佐倉
観光協会
参考動画で!
お楽しみ下さい
4月初旬 あけぼの山農業公園 桜まつり
(千葉県柏市布施)
柏市
HP
参考動画で!
お楽しみ下さい
4月初旬 成田山花まつり
(千葉県成田市成田)
成田山 参考動画で!
お楽しみ下さい
4月初旬 茂原公園桜まつり
(千葉県茂原市高師)
茂原市
観光協会
参考動画で!
お楽しみ下さい
4月上旬 成田太鼓祭
(千葉県成田市成田山新勝寺)Ver.10
成田山 参考動画で!
お楽しみ下さい
4月上旬 チューリップフェスティバル
(あけぼの山農業公園)
あけぼの山
農業公園
参考動画で!
お楽しみ下さい
4月下旬 緑と花のフェスティバル 21世紀の森
(千葉県松戸市 21世紀の森と広場)
松戸市
HP
参考動画で!
お楽しみ下さい
4月下旬 佐倉11万石時代まつり
(千葉県佐倉市新町 )
佐倉市
観光協会
参考動画で!
お楽しみ下さい
4月下旬 大多喜レンゲまつり
(千葉県大多喜町大戸地先 )
大多喜町
HP
参考動画で!
お楽しみ下さい
4月下旬 高圓寺の藤まつり
(千葉県市川市宮久保)Ver.15
高圓寺 参考動画で!
お楽しみ下さい
4月下旬 清水公園 つつじまつり
(千葉県野田市清水)
野田市
観光協会
参考動画で!
お楽しみ下さい
5月中旬 姉崎産業祭
(千葉県市原市姉崎公園)
市原市
HP
参考動画で!
お楽しみ下さい
6月初旬 水郷佐原水生植物園 あやめ祭り
(千葉県香取市扇島)
香取市
観光web
参考動画で!
お楽しみ下さい
6月初旬 シーフェスタ鴨川
(千葉県鴨川市前原海岸)
鴨川市
HP
参考動画で!
お楽しみ下さい
6月中旬
4年に一度
浦安三社祭
(千葉県浦安市)Ver.20
浦安市
HP
参考動画で!
お楽しみ下さい
7月上旬 八剱八幡神社例大祭
(千葉県木更津市富士見 )
八剱
八幡神社
参考動画で!
お楽しみ下さい
7月上旬 成田祇園祭=成田山
(千葉県成田市成田 )
大本山
成田山
参考動画で!
お楽しみ下さい
7月上旬 佐原の大祭夏祭り
(千葉県香取市)
香取市
観光web
参考動画で!
お楽しみ下さい
7月中旬 小見川祇園祭
(千葉県香取市小見川)
香取市
観光web
参考動画で!
お楽しみ下さい
7月中旬 南房総白浜海女まつり
(千葉県南房総市白浜町白浜)Ver.25
南紀白浜
web
参考動画で!
お楽しみ下さい

千葉県の主な祭り

◆ 浦安三社祭
浦安三社祭(うらやすさんじゃまつり)とは、夏季オリンピックと同じ年に千葉県浦安市で行われる夏祭り。
同市の母体となった3集落それぞれの鎮守である猫実(ねこざね)の豊受(とようけ)神社、堀江の清瀧(せいりゅう)神社、当代島の稲荷神社から神輿が出る。
この祭りでは「マエダ、マエダ」というかけ声が特徴的である。これは、漁村気質からの暴れ神輿をまっすぐ進ませるために「前だ、前だ」とかけられたかけ声に由来すると言われる。
担ぎ方は市川市行徳地区と共通の「行徳かつぎ」であり、「地すり」(地面すれすれまで神輿を下げ、回転させる)、「放り受け」(空中に投げ上げる)と呼ばれる動作を、交差点など神輿渡御ルートの主要な地点で行う。 市が交通規制や資金などを援助しているので、町内会のみで運営されているものよりも規模が大きい

◆ 太田のエンヤーホー
太田のエンヤーホー(おおたのエンヤーホー)は、千葉県旭市にある太田神社の祇園祭で演じられる民俗芸能である。
太田神社では毎年7月26日・27日に太田祇園祭が行われ、27日の本祭の夜午後8時頃、地区内を練り歩いた御輿が神社に戻ると境内の仮設舞台で無言劇が奉納される。そして最終演目としてつく舞が演じられ、赤獅子の面を付け昇り獅子に扮した若者が、高さ16メートルのつく柱の上で軽業を披露し最後に紙吹雪を撒く。
この行事は、1999年(平成11年)に「太田八坂神社のエンヤーホー」という名称で選択無形民俗文化財に選ばれ、2008年(平成20年)には千葉県の無形民俗文化財に指定された。

◆ 大原はだか祭り
大原はだか祭り(おおはらはだかまつり)とは、千葉県いすみ市の旧夷隅郡大原町で、毎年9月23日、24日に行われる祭礼。
大原、東海、浪花の3地区から18社の神社、各1〜3基の神輿による祭典である。1日目の23日に、「汐ふみ」と呼ばれる海に入って神輿を担ぐ行事が特徴。2日目の24日には、大原小学校の校庭にて行われる「大別れ式」で祭りが締めくくられる。祭りの模様は、例年10月頃に千葉テレビ放送で1時間枠で放送される。(但し、2010年は後述する祭り中止の影響で放送取り止

◆ 小見川祇園祭
小見川祇園祭(おみがわぎおんさい)は、千葉県香取市小見川の市街地で行われる祇園祭。6台の屋台が出る。
佐原の山車と同様の二層構造の山車であるが、上部(大天上)には屋根がついており、屋台進行時は芸座連(げざれん)による演奏、停止時に上部の屋根を上げて歌謡が披露される。屋台の前では手古舞の流れをくむ手踊りが披露される。
芸座(囃子)は小見川周辺の集落を単位とした芸座連が屋台に乗っている。
黒部川イルミネーション7月第3週の金土日に行われる(山車の曳き廻しは土日のみ)。
近年では、小見川市街地を流れる黒部川にぼんぼりをつるし黒部川イルミネーションとして風情を醸し出したり、大橋の上で住民による踊りや音楽などの披露が行われ、祇園祭と共に小見川の町を盛り上げている。

◆ 柏まつり
柏まつり(かしわまつり)とは、千葉県柏市で、毎年7月下旬(概ね第4土曜・日曜)の2日間にかけて行われる祭り。毎年60万人以上の人出がある。
元々は、「柏商業まつり」として開催していた。1978年(昭和53年)に、名称を「サマーフェスティバル・柏まつり」と変更したのが第1回。後に「柏まつり」となり、2010年で第33回目を迎えた。毎年、柏駅東口・西口それぞれで各種イベントが展開される。
なお、1995年は阪神・淡路大震災の影響により、各地のお祭りに自粛ムードが漂っていた。柏まつりも例外ではなく、この年だけ柏駅から離れた「柏ふるさと公園」で1日だけ開催し、ささやかなステージイベントと模擬店だけの質素な形での開催となった(このときは、手賀沼花火大会と同日開催で、実質花火大会のプレイベントだった)

◆ 勝浦の秋祭り
勝浦の秋祭り(かつうらのあきまつり)は、9月敬老の日(9月第3月曜日)を最終日とする4日間に千葉県勝浦市の勝浦地区で行われる秋の祭礼。祭りは、2006年まで9月12日から9月15日まで行われていたが、2007年から敬老の日(9月第3月曜日)を最終日とする4日間に変更された。
起源は江戸時代後期頃とされ、長い間はそれぞれの地区で個々にお祭りが行われていた。祭りの日程もそれぞれ同時期に行われていたことから、1979年に日程が統一され、第1回勝浦市秋季合同祭が行われた。
神輿は各地区3基程度を保有していることが多く、それぞれ大きい方から「大神輿」、「中神輿」、「小神輿」と呼ばれる。御魂は一般的に「大神輿」に入れられる。また、「中神輿」(浜勝浦区、墨名区除く)、「小神輿」は神社所有ではなく、各地区の所有である。

◆ 木更津港まつり
木更津港まつりとは、千葉県木更津市で例年8月14日、8月15日の2日にわたって催される祭りである。
戦後間もない1948年(昭和23年)、先覚者の慰霊を目的にはじめられた祭りである。2日にわたって行われ、1日目である8月14日にはやっさいもっさいが、2日目となる8月15日には花火大会が開催される。例年の来場者数は25万人を超し、県内でも大きな祭りとなっている。

◆ 佐倉市民花火大会
佐倉市民花火大会(さくらしみんはなびたいかい)は、千葉県佐倉市で2007年(平成19年)より行われている花火大会である。
佐倉市の花火大会の歴史は古く、1956年に「佐倉樋之口橋納涼花火大会」として最初の花火大会が行われる。その後幾度かの名称変更の末、1989年に「佐倉・国際印旛沼花火大会」の名前になった。「国際花火大会」は毎年8月の第一土曜日に行われ、その名のとおり世界の花火(主にヨーロッパ)を集めて打ち上げるものだった。しかし、年々増える見物客のマナーの悪さやその増加に対する警備の負担の増加、市の財政難などを理由に2004年度を最後に中止となった。しかし、2007年4月には、花火大会の復活を公約に掲げた蕨和雄が市長に就任し、同年10月20日(土)に「佐倉市民花火大会」として再出発をはたした。

◆ 佐原の大祭
佐原の大祭(さわらのたいさい)は、千葉県香取市(旧佐原市)佐原の市街地で行われる7月の本宿祇園祭と10月の新宿秋祭りの総称。常陸國總社宮大祭・川越氷川祭とともに関東三大祭の一つである。二層構造の山車の上部(大天上)に、歴史上の人物の大人形や町内で藁を用いて製作した大きな飾り物を飾り付け、下段(中天上)に「佐原囃子」を演奏する下座連を乗せ、奏でながら町内衆により曳き回される。また、山車の前では手古舞の流れをくむ手踊りが披露される。
飾り物の他に多くの山車の周りには彫物が巡らされ、獅子や龍、物語等を題材にしたものが彫られている。
市街地を流れる小野川をはさみ東側を本宿(ほんじゅく)、西側を新宿(しんじゅく)と呼び、それぞれ別々に祭りが行われる。
本宿地区・八坂神社の祇園祭(山車10台)。7月10日以降の金曜、土曜、日曜日 (平成22年から夏祭りの日程が「7月10日以降の金土日」となる) 新宿地区・諏訪神社の秋祭り(山車14台)。10月第2土曜日を中日とする金曜、土曜、日曜日

◆ 下総三山の七年祭り
下総三山の七年祭り(しもうさみやまのしちねんまつり)は、日本の千葉県船橋市三山にある二宮神社を中心として、丑年と未年にあたる年に開催される大祭である。直近では、2009年11月22日〜23日に行われた。
船橋市・千葉市・八千代市・習志野市の9神社の神輿が二宮神社境内に参拝に訪れる。なお、二宮神社の御輿は船橋市田喜野井地区と習志野市藤崎地区でかつぐことになっており、禊祭の時には習志野市鷺沼地区に置かれることになっている。
各神社の神輿は、二宮神社近くの神揃場に集まり、献幣の儀を行い、二宮神社を参拝、その後、二宮、子守、子安、三代王の各神輿によって幕張海岸で、磯出式が行われる。その後6年おきになるが、数え7年目ごとに開催されるため「七年祭り」という名がつけられている。正式には「三山の七年祭り」という。550年以上の歴史があり、千葉県の無形民俗文化財にも指定されている。

◆ 東金桜まつり
東金桜まつり(とかねさくらまつり)は千葉県・東金市の八鶴湖周辺で、毎年3月下旬から4月上旬の約2週間にわたり開催される催事。八鶴湖周辺と、これに近接する高台にある山王台公園の桜がライトアップされる。花火大会や茶会などのイベントが行われ、多くの花見客でにぎわう。期間中、周辺の道路は一方通行や進入禁止などの車両交通規制が行われる。

◆ 成田祇園祭
成田祇園祭(なりたぎおんさい)は、7月7日8日9日直近の金・土・日曜日に開催される千葉県成田市の成田山新勝寺のご本尊「不動明王」の本地仏である、奥之院・大日如来の祭礼の事。正確には「成田山祇園会(なりたさんぎおんえ)」と言う。この祭りは、成田山と旧成田の全町が参加する大規模なもので、大日如来のご尊体とした御輿が渡御し、合わせて10台の山車(だし)や屋台(やたい)が一斉に繰り出す。

◆ NARITA花火大会in印旛沼
NARITA花火大会in印旛沼(ナリタはなびたいかいインいんばぬま)とは、千葉県成田市西部の印旛沼湖畔北部で開催されている花火大会である。毎年10月中旬に開催されている。
2006年に成田市とその周辺の市町村合併記念として第1回が開催。翌2007年にも第2回が開催された。第2回のイベント題名は「NARITA花火大会in印旛沼 2nd」であった。2008年の開催は10月18日であった。2009年は10月17日に、2010年は10月16日に開催された。
約5,000発の花火が打ち上げられる。最大の見所は2尺玉が打ち上げられる場面で、花火大会の目玉となっている。2尺玉花火の直径は約60cmである。
打ち上げ時間は19時より20時30分である。模擬店出店は16時より21時までとなっている。
花火大会当日には成田市役所玄関前に花火大会で使用される花火のごく一部が公開されている(公開は第2回より)。

◆ ビッグひな祭り
ビッグひな祭り(ビッグひなまつり)は、徳島県勝浦町(旧阿波国)、千葉県勝浦市(旧上総国)及び長野県須坂市(旧信濃国)において、毎年2月から3月(須坂では3月から4月)に開催されているひな祭りである。発祥は徳島県勝浦町あるが、のちにそれが派生する形で千葉県勝浦市、長野県須坂市においても開催されるようになった。期間中は、巨大なひな壇に無数のひな人形が飾られる。勝浦町生名の人形文化交流館において、ビッグひな祭り実行委員会及びNPO法人阿波勝浦井戸端塾によって約1ヶ月にわたり開催される。
会場では、2万体以上のひな人形が飾られ、なかでも高さ約7mの巨大なひな壇が目玉となっている。ひな人形は日本全国から寄せられたもので、供養料として5千円が必要である

◆ 茂原七夕まつり
茂原七夕まつり(もばらたなばたまつり)は、千葉県茂原市で毎年7月下旬に開催される七夕祭りである。平塚・狭山と共に関東三大七夕祭りの1つに挙げられる。
開催期間:7月下旬の金曜日〜日曜日(3日間)
会場:茂原市JR茂原駅周辺商店街
この3日間に、茂原駅の周辺商店街が七夕飾りで埋め尽くされる祭りである。七夕飾りはコンテストも行われる。飾りだけではなく、近年では土曜日の「もばら阿波おどり」、日曜日の「ちばYOSAKOI夏の陣」等ダンスやパレードも充実したイベントとなっている。ダンスイベントでは、茂原市民会館も会場となる。
祭りの模様は例年8月上旬に千葉テレビ放送で1時間枠で放送される。なお、この番組では祭りの模様と茂原市周辺の観光スポット情報があわせて紹介される。

◆ やっさいもっさい
やっさいもっさいとは、千葉県木更津市を代表する踊り。毎年8月14日には、木更津港まつりのイベントのひとつとして「やっさいもっさい踊り」が木更津駅西口の「富士見通り」で行われる。
元々は木更津甚句の囃子言葉の一種で、「そこのけそこのけ」という意味がある。矢那川の上流にある船着場の「矢崎」「森崎」(やさきもりさき)が訛って「やっさいもっさい」となったとする説が有力である。また、掛け声の「おっさおっさ」とは、これも木更津甚句の囃子言葉の一種で、「おお、そうだよ」と同調する意味がある。
1960年代?1970年代の木更津市周辺には、新日本製鐵君津製鐵所ができた等の理由により、昔からの木更津住民だけでなく、新たに木更津に来た住民が増えつつあった。そのような状況の中、従来の木更津住民と新しい住民との交流の場として、歌詞にもある「みんながおとなりどうし」を合言葉に、1974年から、木更津港まつりの一企画として開始された。唄はデューク・エイセスが担当。
ほぼ同時期に徳島市で行われる阿波踊り同様、数十人から多いものでは数百人で「連」を結成する。(木更津キャッツアイのシナリオ本等いくつかの書籍で、やっさいもっさいのことを、「房総版阿波踊りと言われるほどの名物」と表現しているものもある。)
2002年に放送された木更津キャッツアイで、知名度は全国区になり、今や千葉県を代表する踊りとなっている。近年では、新日本製鐵等の旧来の連と並び、全国各地から集まった木更津キャッツアイのファンによる、木更津キャッツアイ連が毎年結成されている。2006年には、後述の「やっさいもっさい大賞」に輝いている。また、木更津とゆかりの深い氣志團のファンによる連も近年見られる。
8月14日のやっさいもっさい踊りは、事前申請した連のみ参加可能。但し、一般の人でも年中、木更津市内にある「ホテル三日月竜宮城」で踊ることができる。また、木更津周辺町内の盆踊りでも行われているところが多いようである。

=掲載のテキストについて=
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
著者: 記載無し 最終更新 2009年2月16日 (月) 13:19 掲載サイト
掲載のテキストはクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスの下で利用可能です。

7月のページへ