動画でお散歩/群馬県の祭り/1月〜6月

お出かけ注意掲示板

群馬県の祭り情報/1月〜6月
開催予定日 各地のお祭り情報 = 群馬県 = 詳細情報 YouTube 
1月初旬 少林山七草大祭だるま市
(群馬県高崎市鼻高町)
少林山
達磨寺
参考動画で!
お楽しみ下さい
1月上旬 前橋初市まつり(だるま市)
(群馬県前橋市本町)
前橋市
HP
参考動画で!
お楽しみ下さい
1月中旬 鳥追い祭
(群馬県中之条町大字中之条町)
中之条町
観光協会
参考動画で!
お楽しみ下さい
1月中旬 川原湯温泉 湯かけ祭り
(群馬県長野原町川原湯地内)
川原湯温泉
HP
参考動画で!
お楽しみ下さい
2月上旬 秋間梅林祭
(群馬県安中市西上秋間) Ver.5
安中市
観光協会
参考動画で!
お楽しみ下さい
2月上旬 日本一のアザレアまつり
(群馬県前橋市柏倉町)
フラワー
パーク
参考動画で!
お楽しみ下さい
3月上旬 はるな梅マラソン
(群馬県高崎市上里見町)
高崎市
HP
参考動画で!
お楽しみ下さい
3月中旬 榛名の梅祭り
(群馬県高崎市上里見)
高崎市
HP
参考動画で!
お楽しみ下さい
3月下旬 世界一こいのぼりの里まつり
(群馬県館林市城町鶴生田川)
館林市
観光協会
参考動画で!
お楽しみ下さい
3月下旬 高崎映画祭
(群馬県高崎市) Ver.10
高崎映画祭
web
参考動画で!
お楽しみ下さい
4月初旬 赤城南面千本桜まつり
(群馬県前橋市苗ケ島町)
前橋市
HP
参考動画で!
お楽しみ下さい
4月初旬 吾妻公園チューリップまつり
(群馬県桐生市宮本町)
桐生市
観光協会
参考動画で!
お楽しみ下さい
4月初旬 華蔵寺公園花まつり
(群馬県伊勢崎市華蔵寺町)
伊勢崎市
観光協会
参考動画で!
お楽しみ下さい
4月上旬 三重院の火渡り
(群馬県みなかみ町下津)
三重院
HP
参考動画で!
お楽しみ下さい
4月中旬 館林つつじまつり
(群馬県館林市花山町つつじが岡公園) Ver.15
館林市
観光協会
参考動画で!
お楽しみ下さい
4月中旬 藤岡ふじまつり(ふじの咲く丘)
(群馬県藤岡市藤岡)
藤岡観光
web
参考動画で!
お楽しみ下さい
5月初旬 中正寺の火渡り
(群馬県上野村中越)
上野村
観光情報
参考動画で!
お楽しみ下さい
5月上旬 安政遠足 侍マラソン
(群馬県安中市)
安中市
観光協会
参考動画で!
お楽しみ下さい
5月中旬 尾瀬山開き
(群馬県片品村山の鼻ビジターセンター)
片品村
観光
参考動画で!
お楽しみ下さい

群馬県の主な祭り

◆ 大胡祗園まつり
大胡祗園まつり(おおごぎおんまつり)は群馬県前橋市大胡町を中心に行われる大胡神社の祭礼。
疫病退散を祈願する祇園祭のひとつ。「おぎおん」。毎年7月最終の土曜・日曜2日間で行われる。大胡町の中心を貫く下町(しもちょう)通りを塞ぐことになるため、交通確保のために一時期行われなくなり衰退したが、バイパスの開通によって復活した。以前は27-28日の日付固定で行われていたが、生活習慣の変化から現在では土曜・日曜に行われるようになった。

◆ 尾島ねぷた
尾島ねぷた(おじまねぷた)は、毎年8月14日と8月15日に群馬県太田市尾島地区(旧新田郡尾島町)で行われている祭りである。 正式名称は「太田市尾島ねぷたまつり」。
尾島地区の商店街(国道354号の尾島交差点の約700m西側にある亀岡町地内の交差点から尾島一丁目交差点の区間で行われ、近隣の都道府県からも訪れる客も多いため、東武鉄道も提携しており、会場の最寄り駅である木崎駅や太田市尾島総合支所(旧尾島町役場)とシャトルバスを運行している。
かつてこの地が、弘前藩初代藩主津軽為信が、関ヶ原の戦いの功績によって加増を受けた飛び地であったことから、青森県弘前市と友好都市を締結。1986年(昭和61年)より開始し、尾島庁舎、地元の商工会、保育園、サッカークラブなども参加している。
掛け声は弘前ねぷたと同様で「ヤーヤドー」である。
交通規制は普通車が尾島交差点西700mの交差点から尾島一丁目交差点の区間が迂回となっており、大型車は安養寺交差点を直進し、阿久津交差点を左折、尾島中学校西側の交差点を右折し、すずかけ団地東側(堀口町地内)の交差点を左折し、尾島一丁目交差点で国道354号へ迂回するようになっている。

◆ 桐生ゑびす講
桐生ゑびす講(きりゅうえびすこう)は、群馬県桐生市宮本町にある西宮神社の例祭である。
隣接する美和神社の祭神が大物主(大国主・大黒)であることから、桐生ゑびす講は、恵比寿・大黒の二大福神が揃った祭であるといえる。
桐生市の中心部に位置する西宮神社で、毎年11月19日から20日にかけて行われる。参道(恵比寿通り)や、山手通り・本町通りの一部が歩行者天国となる。19日が宵祭り、20日が本祭りであり、西宮神社本社から献幣使を迎えて祭典を執り行う。
奉納行事として、美和神社の神楽殿にて、神楽・えびす太鼓・福まきが行われるほか、桐生からくり人形芝居が上演される。また、桐生が岡公園の入り口にある特設会場にて、芝居や手品、歌謡ショーなどが行われる。

◆ 桐生八木節まつり
桐生八木節まつり(きりゅうやぎぶしまつり、桐生まつり)は、群馬県桐生市で開催される祭りである。
八木節の名を冠しているが、元来、牛頭天王(素戔嗚尊)の祭礼であるため、桐生祇園祭(きりゅうぎおんまつり)とも称する。
桐生市の中心部(本町通り、末広町通り、錦町通りなど)で、毎年8月の第1金曜日から三日間開催される。わたらせ渓谷鐵道や上毛電気鉄道では、祭りの開催日にあわせて臨時列車が運行される。
両毛最大規模の夏祭りであり、本町五丁目交差点を中心として、北は桐生天満宮鳥居前まで、西は桐生駅北口まで、南は錦町十字路(旧錦町ロータリー交差点)まで、総延長約2.5キロメートルが歩行者天国となる。

◆ くろほね夏祭り
くろほね夏祭り(くろほねなつまつり)は、群馬県桐生市黒保根町(旧・勢多郡黒保根村)で開催される祭り(夏祭り)。
開催日時:8月15日・16日 /開催場所:水沼運動公園 /主に地元の人達による八木節が行われ、16日の最後には花火大会が行われる。

◆ 高崎まつり
高崎まつり(たかさきまつり)は、毎年8月の第1土・日に群馬県高崎市の中心街で行われる祭り。
群馬県最大規模の祭りで、来場者は公称約70万人。花火大会・山車などの催しがある。特に花火大会は北関東最大級の規模で種類も豊富。花火は市の中心部を流れる烏川にかかる和田橋近くで打ち上げられる。花火の打ち上げ数は1万5000発。
高崎祭りの前身は江戸時代の高崎藩主・大河内家が祀る「頼政神社の祭典」として開催。大河内家が東京に移ると同時に一時衰退。1868年に道祖神祭りとなり、1955年、高崎奉納祭、1975年に「高崎ふるさとまつり」、そして1985年に「高崎祭り」となる。2000年に、高崎市政100周年を記念して祭りを4日間催した。
伝統的に受け継がれてきた山車、御輿に加えて、1954年に全国煙火競技大会(現在の花火大会)を、1984年に「技能祭」などの他に、和太鼓、雷舞、創作だるまみこし、福引、高崎阿波踊り、ステージ演奏などの市民主体の催しが行われている。

◆ 樋越神明宮の春鍬祭
樋越神明宮の春鍬祭(ひごししんめいぐうのはるくわまつり)は、群馬県佐波郡玉村町樋越に伝わる伝統行事。
毎年2月11日に玉村町樋越にある樋越神明宮で行われる、その年の豊作を予祝して行う田遊びの神事である。神明宮の氏子の、原、森下、上樋越、中樋越上、中樋越下、下藤川の6つの地区から、禰宜、作頭、鍬持などの諸役が出て、祭典が行われた後、拝殿の前に竹を4本立てて注連縄を張った祭場を作り、その地を田に見立て、鍬に見立てた榊や樫の枝に餅をつけたものを持って行われる。稲作の作業過程が模擬的に演じられ、その年の豊作や無病息災が祈願される。
農業に従事してきた人びとの伝統的な観念や稲作習俗がうかがえる典型的な予祝行事であるが、東日本には類例の少ない行事であるとともに、「くろぬり」の所作だけが独自の展開をしており、独自の祭祀組織も見られるなど地域的な特徴もあり、貴重な文化遺産である。
2002年(平成14年)2月12日に重要無形民俗文化財に指定された。

◆ 前橋まつり
前橋まつり(まえばしまつり)は、例年10月の土日に群馬県前橋市の中心部で行われる祭り。前橋初市まつり、前橋七夕まつりとともに前橋三大まつりに数えられる。
1948年(昭和23年)に「復興祭」として開催され、1949年(昭和24年)に「商工祭」と改め、1959年(昭和34年)に「前橋まつり」となる。元々行われていた山車祭り(手古舞も登場)に加え、だんべえ踊りや、八木節、市内小学生による鼓笛パレード、中学生による吹奏楽演奏などが催される。

=掲載のテキストについて=
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
著者: 記載無し 最終更新 2009年2月16日 (月) 13:17 掲載サイト
掲載のテキストはクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスの下で利用可能です。

7月のページへ