動画でお散歩/埼玉県の祭り/1月〜6月

お出かけ注意掲示板

埼玉県の祭り情報/1月〜6月
開催予定日 各地のお祭り情報=埼玉県= 詳細情報 YouTube 
2月中旬 越生梅林梅まつり
(埼玉県越生町堂山)
おごせ町
HP
参考動画で!
お楽しみ下さい
3月中旬 山田の春祭り
(埼玉県秩父市山田)
秩父
観光協会
参考動画で!
お楽しみ下さい
3月下旬 幸手桜まつり
(埼玉県幸手市内国府間権現堂公園)
幸手市
観光協会
参考動画で!
お楽しみ下さい
4月上旬 熊谷基地さくら祭
(埼玉県熊谷市拾六間)
熊谷市
観光協会
参考動画で!
お楽しみ下さい
4月上旬 寄居北條まつり
(埼玉県寄居町大字寄居) Ver.5
寄居町
観光協会
参考動画で!
お楽しみ下さい
4月中旬 小鹿神社春まつり
(埼玉県小鹿野町小鹿野)
小鹿野町
HP
参考動画で!
お楽しみ下さい
4月中旬 秩父神社 御田植祭
(埼玉県秩父市番場町)
秩父神社 参考動画で!
お楽しみ下さい
4月下旬 玉敷公園 藤まつり
(埼玉県加須市騎西)
騎西町
観光協会
参考動画で!
お楽しみ下さい
4月下旬 東松山ぼたんまつり
(埼玉県東松山市大谷)
東松山市
観光協会
参考動画で!
お楽しみ下さい
4月下旬 越ケ谷久伊豆神社 藤まつり
(埼玉県越谷市越ケ谷) Ver.10
越谷市
観光協会
参考動画で!
お楽しみ下さい
4月下旬 春日部藤まつり
(埼玉県春日部市)
春日部市
HP
参考動画で!
お楽しみ下さい
4月下旬 金子神社例祭 西三ツ木囃子
(埼玉県入間市西三ツ木)
入間市
観光協会
参考動画で!
お楽しみ下さい
4月下旬 ふかや花フェスタ
(埼玉県深谷市本住町)
深谷市
HP
参考動画で!
お楽しみ下さい
5月4日 さきたま火祭り
(埼玉県行田市大字埼玉)
さきたま
火祭りweb
参考動画で!
お楽しみ下さい
5月初旬 加須市民平和祭
(埼玉県加須市大越利根川河川敷) Ver.15
加須市
HP
参考動画で!
お楽しみ下さい
5月初旬 大盆栽まつり
(埼玉県さいたま市北区盆栽町)
さいたま市
HP
参考動画で!
お楽しみ下さい
5月初旬 春日部 大凧あげ祭り
(埼玉県春日部市西宝珠花)
大凧会館 参考動画で!
お楽しみ下さい
5月中旬 大宮薪能
(埼玉県さいたま市大宮区高鼻町)
大宮区
web
参考動画で!
お楽しみ下さい
7月上旬 あめ薬師縁日
(埼玉県秩父市東町 慈眼寺)
秩父
観光web
参考動画で!
お楽しみ下さい
7月上旬 深谷七夕まつり
(埼玉県深谷市) Ver.20
深谷市
HP
参考動画で!
お楽しみ下さい
7月中旬 久喜の提灯祭り 天王様
(埼玉県久喜市)
久喜市
HP
参考動画で!
お楽しみ下さい
7月中旬 熊谷うちわ祭
(埼玉県熊谷市)
熊谷市
HP
参考動画で!
お楽しみ下さい
7月中旬 小江戸川越花火大会
(埼玉県川越市安比奈親水公園)
川越市
HP
参考動画で!
お楽しみ下さい
7月中旬 平方のどろいんきょまつり
(埼玉県上尾市平方)
上尾市
観光協会
参考動画で!
お楽しみ下さい
7月中旬 秩父川瀬祭
(埼玉県秩父市番場町) Ver.25
秩父
観光協会
参考動画で!
お楽しみ下さい
7月下旬 こうのす花火大会
(埼玉県鴻巣市 荒川河川敷)
鴻巣市
観光協会
参考動画で!
お楽しみ下さい
7月下旬 越谷花火大会
(埼玉県越谷市越ヶ谷)
越谷市
観光協会
参考動画で!
お楽しみ下さい
7月下旬 川越百万灯夏まつり
(埼玉県川越市 )
川越市
HP
参考動画で!
お楽しみ下さい
7月下旬 さいたま市花火大会
(埼玉県さいたま市北区大和田公園)
さいたま市
HP
参考動画で!
お楽しみ下さい
7月下旬 鷲宮神社夏越祭 催馬楽神楽
(埼玉県久喜市鷲宮) Ver.30
鷲宮神社 参考動画で!
お楽しみ下さい

埼玉県の主な祭り

◆ 猪俣百八燈
猪俣百八燈(いのまたひゃくはっとう)とは、埼玉県児玉郡美里町猪俣の堂前山の尾根にある108の塚に、毎年8月15日の夜、若者が火をともす行事。
猪俣の百八燈とも呼ばれ、国の重要無形民俗文化財に指定されている。武蔵七党の一つ、猪俣党の猪俣小平六範綱の霊を慰める行事といわれる。この行事は、各地で行われる盆の百八燈行事の中でも108の塚を築いたその上で火を焚くという点で異色であり、霊を慰めるという趣意と相まって塚信仰の様相をよく示している。数百年続いているとの説もある、伝統的な行事である。
この行事の後には花火大会が行われており、2004年からは美里夏祭り花火大会として2万人を超える観光客で賑わっている。

◆ 桶川祇園祭
桶川祇園祭(おけがわぎおんまつり)とは埼玉県桶川市で毎年7月15日と翌16日に行われる夏祭り。桶川の夏の風物詩といわれている。
この祭りは桶川の宿場の中にあった神社の例祭であるが宿場周辺で栽培されていた紅花を買い求めに来た商人によってその土地の文化がもたらされ、それらが合わさって独特の文化として発展したものの名残である。現在では宿場の面影を今に伝える祭りといわれている。

◆ 川越氷川祭
川越氷川祭(かわごえひかわまつり)は、毎年10月第3日曜日とその前日の土曜日(ただし10月14日・15日が土曜日と日曜日の場合はその両日)に行われる埼玉県川越市の川越氷川神社の祭礼で、一般には川越まつりと呼ばれている。
常陸國總社宮大祭・佐原の大祭とともに関東三大祭の一つ。2日間で80万人以上の人出を数える[1]。国の重要無形民俗文化財に指定されている。

◆ 久喜の提灯祭り・天王様
久喜の提灯祭り・天王様(くきのちょうちんまつり・てんのうさま)とは、埼玉県久喜市で行われる、旧旧久喜町の鎮守である八雲神社の祭礼である。祭礼期間は毎年7月12日から7月18日までであるが、山車が曳き廻されるのは12日と18日のみである。山車の曳き廻しは「久喜八雲神社の山車行事」として平成16年(2004年)4月1日に久喜市民俗文化財に指定された。

◆ 熊谷うちわ祭
熊谷うちわ祭(くまがやうちわまつり)は、毎年7月20日・21日・22日(行事の終了は23日未明)に開催される埼玉県熊谷市の愛宕八坂神社の例大祭である。
関東最大の祇園祭と称される。 山車5台・屋台7台が、賑やかな熊谷囃子を鳴らしながら市街地を練り歩く巡行を中心とした祭りであり、連日国道17号を含む中心市街の大部分に交通規制が敷かれる。直径30cm程度の大音量の鉦を用いる囃子、2台以上の山車・屋台を向き合わせる・並べるなどして囃子を競う「叩き合い」に特色がある。
期間中、行宮・商店を始め街中の至る所で団扇が配られることからの名であるが、特に団扇を用いた催事があるわけではない。熊谷花火大会・とうろう流し・雪くまなどと共に熊谷の夏の風物詩となっている。

◆ 熊谷花火大会
熊谷花火大会(くまがやはなびたいかい)は、埼玉県熊谷市の荒川河川敷で行われる花火大会。埼玉県内でも有数の規模の花火大会である。

◆ さいたま市民まつり
さいたま市民まつり(さいたましみんまつり)は、毎年10月上旬の土曜日、日曜日に埼玉県さいたま市で行われる市民祭りである。2003年から開催されている。通称は咲いたまつり。

◆ 坂戸よさこい
坂戸よさこい(さかどよさこい)とは、埼玉県坂戸市で毎年8月に開催されている、よさこい祭り形式の祭り。
市制施行25周年の記念として、2001年(平成13年)に始まった。開催時期は毎年、8月の下旬。坂戸市では、学校の体育祭でもよさこいが行われている。演舞場の広さと参加チームの多さは首都圏で一番といわれ、毎年100チーム・6千人を超える踊り子の舞は観客を魅了、多くのよさこいファンに親しまれている。
しかし参加者が、沿線の路線を特攻服に類似した長半纏に股引などの衣装で移動をするなど、マナーの悪さが目立つ。 参加団体も多いため、毎年トラブルも多く、近隣住民からは歓迎されていない[

◆ 狭山入間川七夕まつり
狭山入間川七夕まつり(さやまいるまがわたなばたまつり)は埼玉県狭山市入間川地域で8月第1土曜日・日曜日(時間は両日とも9時から22時30分)に実施される、七夕祭り。
関東三大七夕祭りの一つであるこの七夕まつりは、仙台七夕祭りに次いで古い。狭山市駅前から七夕通りを中心に約2kmの沿道には、商店、事業所、市民が出品した百数十本の竹飾りで埋めつくされる。また、花火大会も実施。毎年40万人ほどが訪れる。
祭り会場となる道路は当日車両通行止めにし、歩行者天国となるため、狭山市駅西口に通じる西武バス路線は一部区間運休・折り返し・臨時便運転となる。
以前は開催日は8月6日・7日と決まっていたが、客足を伸ばす目的や交通事情への配慮から8月第1土曜日・日曜日に変更された。 かつては入曽駅前でも同日に開催されていた。現在、入曽駅前の七夕祭りは廃絶し、一般の夏祭り「入曽まつり」に移行している。 市内小学校では児童の夏休みの図画工作の宿題として「七夕の絵」がある。

◆ 秩父川瀬祭
秩父川瀬祭(ちちぶかわせまつり)は、毎年7月19日と7月20日に開催される埼玉県秩父市の祭りである。平安時代に各地で流行した祇園祭がその前身とされる。1659年(万治2年)の文書に「川瀬祭」としての最初の記述が見られ、350年以上の歴史を持つ。
秩父神社の境内にある日御碕宮(秩父神社の摂社のひとつ)の例祭であるが、一般には冬の秩父夜祭に対する夏祭りとして認知されている。秩父夜祭に比べると知名度は低いものの、1日あたり4 - 6万人の人出がある。19日の夜には秩父川瀬祭花火大会も開催され、祭りに花を添える。
秩父神社とその南側の市街地には交通規制が敷かれ、屋台4台と笠鉾4台の計8台の山車が巡行する。「子供が主役の祭り」とされており、山車の最前部に乗るのは小中学生の男女である。曳き手は老若男女の混合で、方向転換などのジャッキ操作は男性が行う。大通り沿いは模擬店やイベントなどで賑わう。

◆ 秩父夜祭
秩父夜祭(ちちぶよまつり)とは、12月1日から6日に開催される埼玉県秩父市の秩父神社の例祭のこと。2日と3日に提灯で飾り付けられた笠鉾・屋台が市内を練り歩き、例大祭の3日の午後7時頃に、秩父神社から1kmほど離れた御旅所に向けて6台の笠鉾・屋台が出発し、クライマックスを迎える。
京都の祇園祭、飛彈の高山祭と並んで日本三大美祭及び日本三大曳山祭の一つに数えられる。
笠鉾・屋台は、1962年(昭和37年)に重要有形民俗文化財に指定され、3日の例大祭の付祭に公開される笠鉾や屋台の曳行(えいこう)と、曳行のための秩父屋台囃子(ちちぶやたいばやし)、屋台上の秩父歌舞伎や曳踊り等の一式が、1979年(昭和54年)に「秩父祭の屋台行事と神楽」として重要無形民俗文化財に指定された。国指定重要有形・重要無形、両民俗文化財に指定されているものは全国で五件のみで、その内の一件である。
笠鉾・屋台の通過経路(神幸路)に秩父鉄道秩父本線の踏切がある。これは、御花畑駅構内の三峰口方の踏切で、神事を優先させるということで通過の支障となる架線を一時的に取り外すことが可能な構造になっており、例大祭当日の19時〜22時前後にかけて同線の秩父〜影森間は運休[1]となる。また、この踏切は御旅所へ向かう経路最大の見所である団子坂に通じている道路上にあるため、車窓から団子坂を臨むことができる。 また、山車が通る道にある道路標識や信号機はすべて折りたためる構造となっている。

◆ 戸田橋花火大会
戸田橋花火大会(とだばしはなびたいかい)は、荒川河川敷において毎年8月第1土曜日に行行われる花火大会。

◆ 西三ツ木ばやし
西三ツ木ばやし(にしみつぎばやし)は起源、流派は不明であるが江戸後期頃から埼玉県入間市西三ツ木に伝わる祭囃子で、地元の金子神社祭礼(金子神社例大祭)、入間万燈まつりなどで主に演奏されている。近年は特に隣接都県にはない祭囃子として大変有名である。平成16年に入間市指定無形民俗文化財となっており、現在この祭囃子を当時から変わらぬ型で継承している団体は地元の西三ツ木囃子連のみである。
西三ツ木ばやしは、毎年4月の最終土、日曜日の金子神社祭礼(金子神社例大祭)で演奏される。金子神社の御祭神は、素盞鳴尊(スサノオノミコト)であり、祭礼当日は、神輿やヤグラ、山車が西三ツ木、三ツ木台を廻り盛大に行われている。ヤグラと称する底抜け屋台では祇園囃子(道中、車切)が演奏され、山車の上では5人囃子が演奏される。よって、西三ツ木ばやしは2種類の祭囃子が伝承されている。
また、木遣りも伝承されており祭礼当日に行われている。 現在では西三ツ木囃子連により、金子神社祭礼のみならず、入間万燈まつりや老人ホームへの慰問等、様々なイベントで披露されている。また小学生、中学生にも指導を行い後継者の育成にも力を入れている。西三ツ木ばやしは平成16年6月1日に「入間市指定無形民俗文化財」に指定されている。

◆ 飯能まつり
飯能まつり(はんのうまつり)は、11月の第一土曜日・日曜日に埼玉県飯能市で行われる祭り。
1971年(昭和46年)飯能市や市観光協会、商工会議所などが中心となってはじめられ、市内11箇所の山車が市内を練り歩く。飯能の秋祭りはそれまでは9月に各所で行われていたが、雨に悩まされることが多かった。
1971年に統一祭りとして一本化され、市民祭りとして11月の2・3日に開催されるようになった。現在は第一土曜・日曜日に開催。第一日は前夜祭として日中は底抜け屋台の町内引き回し、夜には市の中心部で曳っ合わせが行われる。底抜け屋台とは文字通り底が抜けた屋台で、太鼓・笛・鉦の演奏者は歩きながらお囃子を演奏する。
練り歩くときは飯能音頭やノーエ節などを演奏、屋台と屋台が出会ったときや家々の前ではシャギリという激しい曲を演奏する。特に夜の曳っ合わせは見物。2日目は本祭り。大きな屋台・山車が11台登場。練り歩くときには花万灯、手古舞が先頭に着く。
お囃子は神田囃子の系統で、神田大橋流と小田原囃子若狭流の二つの流派がある。仁馬、屋台、四丁目などの曲があり、いずれもおかめ、ひょっとこ、天狐、獅子、外道など、曲に合わせた踊りがつく。外道は飯能独特。山車のほかにも獅子舞や御輿もあり、2日目夕方には大きな太鼓みこしも登場。
ほかに飯能音頭、飯能屋台囃子、西川音頭などの民謡パレードや梯子乗りなど多彩なイベントが行われる。見所の多い祭りである。なお、7月の第二土日には夏祭りが開催されるが、こちらは底抜け屋台が中心。市中心部は8か町、周辺部でも地区毎に開催。一部山車の引き回しもある。

◆ 南越谷阿波踊り
南越谷阿波踊り(みなみこしがやあわおどり)は、埼玉県越谷市南越谷で毎年8月下旬に行われる祭りである。「徳島市阿波おどり」、「東京高円寺阿波おどり」とともに日本三大阿波踊りの一つに数えられる。
徳島県出身で市内に本社を置く中央住宅(現:ポラス)の創業者中内俊三の呼びかけにより、地元南越谷商店会・自治会・婦人会やその他団体そして、本場徳島の阿波おどり振興協会のによる開催の全面的な協力を得られ、昭和60年(1985年)8月24日、第1回が開催された。第1回は約3万人の来場者だった。
以来回を重ねる毎に大きく広がり。現在では、夏の越谷に欠かせない風物詩となり、人手は例年60万人前後に及ぶ。近年では地元連によって、南越谷の大型3店舗前で、7月下旬に南越谷阿波踊りプレビューが、9月中旬には南越谷アンコール阿波踊りも行われている。
本場徳島では流し踊りがメインとなっているが、南越谷では流し踊りと共に舞台踊りも多く行われるのが特徴である[1]。流し踊りは17:10よりスタートするが、舞台踊りは第一部としていち早く14:00よりスタートする

◆ 龍勢祭り
龍勢祭り(りゅうせいまつり)は、埼玉県の旧秩父郡吉田町(現在の秩父市)にある椋神社の例大祭で行われる祭りである。毎年10月の第二日曜日に実施される。27の流派があり、毎年三十数本の龍勢(火薬を仕掛けた龍)を轟音とともに天高く打ち上げるものである。上がった龍勢は、発煙等の仕掛けを展開する事もある他、パラシュート状の物体を内包することもある。この祭りで奉納する龍勢は各流派の手作りで作成される。通称農民ロケットとも呼ばれている。
なお、打ち上げられたロケットがまるで龍の如き勢いであったことから、龍勢と呼ばれるようになったという説がある。

=掲載のテキストについて=
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
著者: 記載無し 最終更新 2009年2月16日 (月) 13:18 掲載サイト
掲載のテキストはクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスの下で利用可能です。

7月のページへ