動画でお散歩。。。若草山の山焼き

 動画でお散歩。。。若草山の山焼き

nagomi画像
山形県の祭り
奈良県のイベント

奈良県 / 若草山の山焼き

you tube 祭り
奈良県のイベント

■ 若草山の山焼き

【開催日時】 1月第4土曜日
【開催場所】 若草山(奈良県奈良市春日野町嫩草)
※花火 18:00〜18:15 / 点火 18:15 〜

■古都奈良の新年を飾る炎の祭典「若草山の山焼き」が開催されます。
奈良の若草山は標高342m、3つの山が重なっていることから、三笠山とも呼ばれています。

火入れに先立ち盛大な冬花火が打ち上げられ、炎の祭礼開始を告げます。ラッパの合図とともに、若草山の枯れ草地へ一斉に火が放たれ、山全体が真っ赤に浮き上がる様は壮観です。
当日山麓では、「鹿せんべいとばし大会」や、コンサートなどのイベントが開催予定されています。

■ 若草山

若草山(わかくさやま)は奈良県奈良市、奈良公園の東端に位置する標高342m、面積33haの山。

■ 若草山の山焼き

毎年1月に山焼きが行われる。東大寺と興福寺による領地争いが発端ともいわれてきたが、近年、その説は否定されることも多く定かでない。 冬季の恒例行事となっており、その写真は、奈良を代表する写真として紹介されることも少なくない。

江戸時代以前からも行なわれていたらしいが、正式行事となったのは明治になってからで、夜間に行なわれるようになったのは明治後半からである。なお昭和戦前には紀元節(現建国記念の日)の2月11日に行われていたという。 太平洋戦争後は、長らく1月15日の成人の日に行なわれていたが、ハッピーマンデー制度導入に伴い、2000年〜2008年は成人の日(第2月曜日)の前日(日曜日)に変更になった。

しかしそれだと日程がわかりにくいのと、以前より時期が早くなってススキやシバなどの枯れ方が不足して燃えにくい上、年によっては消防出初式の時期に近くなってしまい、山焼きには多くの消防団員の手が必要なため、2009年〜2011年は1月の第4土曜日に実施されている。なお正式日が天候不順の場合は、翌週あたりに順延されている。

例年、午後6時前後から本焼きが始まるが、その直前の約10分間(2010年は15分間)は花火が若草山1段目から打ち上げられる。また当日の昼間にも関連アトラクションが奈良市内で行なわれるのが通例である。ただし昭和天皇逝去直後の1989年は、花火・アトラクションは中止となった。

山が本格的に燃え続けるのは、開始後30分〜1時間くらい(年によって異なる)。午後9時前後に最終鎮火確認が消防団員によって行なわれる。 燃焼はその年の芝の生育状況、当日の天候により大きく左右される。山焼きを実施したものの、雨等でよく燃えないこともあった(1988年や2008年等)。また過去には、異常乾燥が続いたり、雨続きで行事自体が中止になることもあった。燃え残りが発生した場合は、後日の昼間に再度燃やされている。

山焼きが1月15日であった頃には、小正月行事として若草山麓に奈良市内の家庭から正月の注連飾りなどを持ち寄って「とんど」として燃やすことも行われていた。ハッピーマンデー以後は日程が合わないため注連飾りの焚き上げについては春日大社が1月15日以降の土曜日に「春日の大とんど」として飛火野に火炉を設置して実施してきた。第4土曜日に変更されて以後は、春日の大とんども山焼きと同じ日に実施されている。

◇ A Related Words :
若草山の山焼き 2012/奈良 若草山の山焼き/若草山 夜景/若草山 ハイキング/奈良 若草山/若草山ドライブウェイ/若草山ヒルクライム/若草山 駐車場/奈良県 若草山

=掲載のテキストについて=
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
著者: 記載無し 掲載サイト
掲載のテキストはクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスの下で利用可能です。
最終更新 2011年11月30日 (水) 12:42
Sponsored Link