動画でお散歩。。。
當麻寺 練供養会式

 動画でお散歩。。。
當麻寺 練供養会式

nagomi画像
山形県の祭り
奈良県のイベント

奈良県 / 當麻寺 練供養会式

you tube 祭り
奈良県のイベント

■ 當麻寺 練供養会式

【開催日時】 2011年5月14日
【開催場所】 當麻寺(奈良県葛城市當麻)

■牡丹(ぼたん)の名所として知られる當麻寺。見頃となるこの時期、ぼたんまつりが開催されています。
14日は中将姫のご縁日で、千年以上続く伝統行事「練供養会式」が執り行われます。

中将姫の現身往生が再現され、観音菩薩、勢至菩薩ら二十五菩薩が、現世に里帰りした中将姫を迎えて、極楽へ導く儀式が行われます。
それに先立ち、午後1時からは伝統の節回しによる拝礼式「當麻曼荼羅絵解き」と「写仏会」が中之坊にて行われます。

我が国の「練供養(ねりくよう)」の発祥で、境内には、数多くの参詣者が訪れます。

■ 當麻寺

當麻寺(当麻寺、たいまでら)は、奈良県葛城市にある飛鳥時代創建の寺院。法号は「禅林寺」。山号は「二上山」。

創建時の本尊は弥勒仏(金堂)であるが、現在信仰の中心となっているのは当麻曼荼羅(本堂)である。宗派は高野山真言宗と浄土宗の並立となっている。開基(創立者)は聖徳太子の異母弟・麻呂古王とされるが、草創については不明な点が多い。

西方極楽浄土の様子を表した「当麻曼荼羅」の信仰と、曼荼羅にまつわる中将姫伝説で知られる古寺である。

毎年5月14日に行われる練供養会式(ねりくようえしき)には多くの見物人が集まるが、この行事も当麻曼荼羅と中将姫にかかわるものである。奈良時代 - 平安時代初期建立の2基の三重塔(東塔・西塔)があり、近世以前建立の東西両塔が残る日本唯一の寺としても知られる。

◇ A Related Words :
當麻寺 練供養会式 2012/中将姫ご縁日/聖衆来迎練供養会式/當麻寺 駐車場/奈良 當麻寺/當麻寺 拝観料/奈良県 當麻寺/當麻寺 ぼたん/當麻寺 牡丹/當麻寺 練り始め

=掲載のテキストについて=
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
著者: 記載無し 掲載サイト
掲載のテキストはクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスの下で利用可能です。
最終更新 2011年11月27日 (日) 11:08
Sponsored Link