動画でお散歩。。。
當麻寺 中将姫髪供養会

 動画でお散歩。。。
當麻寺 中将姫髪供養会

nagomi画像
山形県の祭り
奈良県のイベント

奈良県 / 當麻寺 中将姫髪供養会

you tube 祭り
奈良県のイベント

■ 當麻寺 中将姫髪供養会

【開催日時】 2011年6月16日
【開催場所】 當麻寺中之坊(奈良県葛城市當麻)

■「中将姫髪供養会」は、天平宝字7年6月15日、尼となり剃髪した中将姫が、翌日16日、その髪をもって阿弥陀三尊の梵字を刺繍(霊宝館に収蔵されている)し、本尊導き観音とその教主阿弥陀如来への感謝を表現したという故事に由来し、髪を供養し諸願成就を願う祈願祭です。

尺八奏者・泉川獅道による奉納演奏があります。

■ 中将姫

中将姫(ちゅうじょうひめ、天平19年8月18日(747年9月30日)- 宝亀6年3月14日(775年4月22日))は、奈良の当麻寺に伝わる当麻曼荼羅を織ったとされる、日本の伝説上の人物。平安時代の長和・寛仁の頃より世間に広まり、様々な戯曲の題材となった。

■ 伝説における生涯

藤原鎌足の曾孫、右大臣藤原豊成とその妻の紫の前(品沢親王の娘)の間には長い間子どもが出来ず、桜井の長谷寺の観音に祈願し、中将姫を授かる。しかし、母親は、その娘が5歳の時に世を去り、7歳の時に豊成は、橘諸房の娘である照夜の前を後妻とする。

中将姫は、美貌と才能に恵まれ、9歳の時には孝謙天皇に召し出され、百官の前で琴を演奏し、賞賛を受ける。しかし、継母である照夜の前に憎まれるようになり、盗みの疑いをかけられての折檻などの虐待を受けるようになる。13歳の時に、三位中将の位を持つ内侍となる。

14歳の時、豊成が諸国巡視の旅に出かけると、照夜の前は、今度は家臣に中将姫の殺害を命じる。しかし、命乞いをせず、極楽浄土へ召されることをのみ祈り読経を続ける中将姫を家臣は殺める事が出来ず、雲雀山の青蓮寺 (宇陀市)へと隠す。翌年、豊成が見つけて連れ戻す。中将姫は1000巻の写経を成す。

天平宝字7年(763年)、16歳の時、淳仁天皇より、後宮へ入るように望まれるが、これを辞す。その後、二上山の山麓にある当麻寺へ入り尼となり、法如という戒名を授かる。

26歳で長谷観音のお告げにより、当麻曼荼羅を織り上げる。仏行に励んで、徳によって仏の助力を得て、一夜で蓮糸で当麻曼荼羅(観無量寿経の曼荼羅)を織ったとされている。

宝亀6年(775年)春、29歳で入滅。阿弥陀如来を始めとする二十五菩薩が来迎され、生きたまま西方極楽浄土へ向かったとされる。

◇ A Related Words :
當麻寺 中将姫髪供養会 2012/當麻寺 中将姫/中将姫伝説/中将姫 キャラクター/当麻寺 中将姫/せんとくん 中将姫

=掲載のテキストについて=
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
著者: 記載無し 掲載サイト
掲載のテキストはクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスの下で利用可能です。
最終更新 2011年11月30日 (水) 00:06
Sponsored Link