動画でお散歩。。。
長谷寺 だだおし

 動画でお散歩。。。
長谷寺 だだおし

nagomi画像
山形県の祭り
奈良県のイベント

奈良県 / 長谷寺 だだおし

you tube 祭り
奈良県のイベント

■ 長谷寺 だだおし

【開催日時】 毎年2月14日
【開催場所】 長谷寺(奈良県桜井市初瀬)
※入山料 : 500円

■大和に春をよぶ火祭りとして知られ、修二会を締めくくる結願の法要で正月行事最後の大法要です。
本尊十一面観音に自身の罪や、けがれを懺悔し、身も心も清浄にして新年を迎えるため悪魔退散、無病息災、万民豊楽を祈ります。

法要の終盤、赤、青、緑の鬼が法印・僧侶の持つ牛玉札や松明に追われて現れ、火の粉を撒き散らして暴れ回り、いずこかへと退散する。

「だだおし」と呼ばれるのは、僧呂が鬼追いの際、堂の床を踏み鳴らす足音が「ダダ」と聞こえるためとか、閻魔大王の宝印である「檀拏(だんだ)」を額に押し当てて加持することに由来するからだとか、疫病神を駆逐する「儺押し(だおし)」から由来したともいわれ諸説が存在しています。

■ 長谷寺

長谷寺(はせでら)は、奈良県桜井市にある真言宗豊山派(ぶざんは)総本山の寺。山号を豊山神楽院と称する。本尊は十一面観音、開基(創立者)は僧侶の道明とされる。西国三十三箇所観音霊場の第八番札所であり、日本でも有数の観音霊場として知られる。

大和と伊勢を結ぶ初瀬街道を見下ろす初瀬山の中腹に本堂が建つ。初瀬山は牡丹の名所であり、4月下旬〜5月上旬は150種類以上、7,000株と言われる牡丹が満開になり、当寺は古くから「花の御寺」と称されている。

また「枕草子」、「源氏物語」、「更級日記」など多くの古典文学にも登場する。中でも「源氏物語」にある玉鬘(たまかずら)の巻のエピソード中に登場する二本(ふたもと)の杉は現在も境内に残っている。

◇ A Related Words :
長谷寺 だだおし 2012/ 長谷寺 奈良 だだおし/長谷寺 奈良/長谷寺 紅葉

=掲載のテキストについて=
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
著者: 記載無し 掲載サイト
掲載のテキストはクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスの下で利用可能です。
最終更新 2011年11月22日 (火) 07:04
Sponsored Link