動画でお散歩。。。源平火牛まつり

 動画でお散歩。。。源平火牛まつり

nagomi画像
富山県の祭り
富山県のイベント

富山県 / 源平火牛まつり

you tube 祭り
富山県 火牛まつり

■ 源平火牛まつり

【開催日時】 2011年7月22日 〜 23日
【開催場所】 石動駅前、越前町商店街が中心 (富山県小矢部市)

■「源平火牛まつり」は、源平倶利伽羅合戦の際に木曾義仲が用いた、牛の角に松明を付けて戦った奇襲攻撃「火牛の計」に由来した行事です。
平合戦ゆかりの地で開催される全国唯一の豪快で魅力あふれる祭りです。

500kgを超える巨大な藁(わら)で作った火牛を4人1組で曳いて競争する「火牛の計レース」が勇壮におこなわれ、観客から歓声があがります。
また、ちょうちん行列や、輪踊り、和太鼓の披露、よさこい踊りの競演など、多彩なイベントが開催されにぎわいます。

■ 源平火牛まつり

源平火牛まつり(げんぺいかぎゅうまつり)は、富山県小矢部市石動地区(旧 石動町)で毎年7月下旬に行われる祭で、メインイベントとして「火牛の計レース」が行われる。

メインイベントの「火牛の計レース」は、1183年の倶利伽羅峠の戦いで、源義仲が牛の角にたいまつを付けて放った奇襲攻撃で平家軍に大勝した故事にちなんで行われ、鉄骨の台車の上に据え付けられた藁でできた巨大な牛を引いてタイムを競う。
一般・子供の部があり藁でできたそれぞれの牛の重量は、一般の部は約680Kg、子供の部は約150Kgである。

なお小矢部市の公式マスコットはこの祭りの牛をモチーフに、メルヘン建築物が多く建つことにちなんで「メルギューくん」と命名されている。

◇ A Related Words :
源平火牛まつり 2012/源平火牛まつり 2011/富山県 火牛まつり/小矢部市 火牛まつり

=掲載のテキストについて=
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
著者: 記載無し 掲載サイト
掲載のテキストはクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスの下で利用可能です。
最終更新 2011年7月24日 (日) 16:37
Sponsored Link