動画でお散歩。。。浜 降 祭

 動画でお散歩。。。浜 降 祭

nagomi画像
神奈川県の祭り
神奈川県のまつり画像

神奈川県 / 浜 降 祭

you tube 祭り
浜降祭

■ 浜 降 祭

【開催日時】 毎年7月の海の日
【開催場所】 茅ヶ崎市西浜海岸(神奈川県茅ヶ崎市)

■浜降祭(はまおりさい)は、毎年、7月の海の日に行なわれる神奈川県茅ヶ崎市西浜海岸のお祭りである。

浜降祭は、寒川町・茅ヶ崎市にある各神社の氏子たちが、その神社の神輿を担ぎながら一斉に海に入り、海から出た後は再び神社まで、神輿を担ぎながら戻っていくお祭りである。平成の初め頃までは、海中に神輿を叩き込むこともある荒っぽい祭りだったが、近年は神輿の更新にかかる出費を抑えるため、担いで海に浸かる大人しい形に変わってきている。そのせいか、近年は女性や子供の参加者も増えてきている。

近年では西浜海岸から遠い神社について、神社のある地域から西浜駐車場まで神輿をトラックで輸送し、氏子たちは貸切バスで移動するケースが多い(貸切バスには神奈中の路線バスが大量に動員される)。 それまでは、深夜0時ごろから各神社で宮出しが始まり、夜明けまでに西浜海岸に着くように担いで行っていた。

■ 祭りの起源

浜降祭の起源については次の3つの説があり、3つ目の説が有力である。以下に紹介する。

天保9年(1838年)または天保11年(1840年)、寒川神社の神輿が、例年春に大磯で行われる国府祭(こうのまち)に渡御した帰りに相模川の渡し場で一ノ宮の寒川神社の氏子と四ノ宮の前鳥神社の氏子とが争いを起こし、御輿が川に落ちて行方不明となる。

数日後、南湖の網元である鈴木孫七が漁の最中にご神体を発見し、寒川神社に届けたことを契機に、寒川神社の神輿が南湖の浜で「禊(みそぎ)」をするようになったという。争いは裁判となり、代官は四ノ宮の氏子16名に打首断罪の判決を下したが、処刑の日にその丁髷だけを斬り落として打首に代えたという。その「丁髷塚」が平塚市榎木町に作られている。

江戸後期に幕府の昌平黌地理局がまとめた『新編相模国風土記稿』によれば、佐塚大明神(後に鶴嶺八幡宮に合祀)では寒川神社のお礼参りよりかなり昔から「みそぎ」の神事のための御輿の浜辺への渡御が行われていたという。

鈴木孫七による御輿の発見は偶然ではなく、探索の結果であり、御輿の紛失事件以前から寒川神社の浜での禊(ミソギ)は行われていた。寒川神社は相模川河口で、鶴嶺八幡は南湖の浜で別々に禊(ミソギ)を行っていた。それが場を南湖に統一され、合同で行われるようになり、諸社も参加するようになった。

(永田衡吉『神奈川県民俗芸能誌』神奈川県教育委員会、1966年3月)「3」の場所変更は御輿を発見した鈴木孫吉の功績に関係していると推定されているが、地震による河口の変遷も視野に入れるべきであろう。

◇ A Related Words :
浜降祭 2012/浜降祭 2011/浜降祭 中止/ 寒川神社 浜降祭/ 茅ヶ崎 浜降祭/浜降祭 動画/ 浜降祭 画像

=掲載のテキストについて=
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
著者: 記載無し 掲載サイト
掲載のテキストはクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスの下で利用可能です。
最終更新 2010年7月26日 (月) 18:28
Sponsored Link