動画でお散歩。。。
三溪園観桜の夕べ

 動画でお散歩。。。
三溪園観桜の夕べ

nagomi画像
神奈川県の祭り
神奈川県のまつり画像

神奈川県 / 三溪園観桜の夕べ

you tube 祭り
三溪園観桜の夕べ

■ 三溪園観桜の夕べ

【開催日時】 2011年3月26日 〜 4月3日
【開催場所】 三溪園(神奈川県横浜市中区本牧三之谷)

★ 2011年度 三溪園 観桜の夕べは、中止となりました。

■園内の桜が一斉に咲き誇る時期に合わせ、、開園時間が延長されます。

桜や旧燈明寺三重塔などがライトアップされ、昼間とは違った風情ある夜桜も楽しめます。

■ 三 溪 園

三溪園(さんけいえん)は、横浜市中区にある庭園。17.5haの敷地に17棟の日本建築が配置されている。実業家で茶人の原富太郎によって作られた。名称の三渓園は原の号である三渓から。2006年11月17日に国の名勝に指定された。

三渓園は、国の重要文化財建造物10件12棟(移築元:京都5棟、神奈川2棟、和歌山3棟、岐阜1棟、東京1棟)、横浜市指定有形文化財建造物3棟を含め、17棟の建築物を有する。単に各地の建物を寄せ集めただけではなく、広大な敷地の起伏を生かし、庭園との調和を考慮した配置になっている。

園内にある国の重要文化財建造物10件12棟は、全て京都など他都市から移築した古建築であり、移築自体に本来の価値に対する評価を投げかける意見もあるが、中には現地で荒廃していた建築物を修復して移築したものも含まれている。

原富太郎は岐阜県出身の実業家で、横浜の原商店に養子として入り、生糸貿易で財を成した。原は事業のかたわら仏画、茶道具などの古美術に関心を持って収集した。

平安時代仏画の代表作である「孔雀明王像」(国宝、東京国立博物館蔵)をはじめ、国宝級の美術品を多数所蔵し、日本の美術コレクターとしては、益田孝(鈍翁)と並び称される存在であった。彼は古美術品のみならず室町時代の旧燈明寺三重塔をはじめとする京都ほか各地の古建築を購入して移築、庭園も含めて整備を進めていった。1906年(明治39年)5月1日に市民に公開し、その後も建造物の移築は続けられた。

第二次大戦中、横浜大空襲で被害を受け、一部の建造物を失った。原富太郎の古美術コレクションは戦後の混乱期に散逸し、建造物だけがかろうじて残った。1953年(昭和28年)に財団法人三溪園保勝会が設立され、再び庭園の整備を行い、今日に至っている。なお、旧燈明寺本堂、合掌造の旧矢箆原(やのはら)家住宅などは第二次大戦後に三渓園に移築したものである。2000年には、会議、パーティーなどにも利用できる、鶴翔閣(かくしょうかく)を復元した。この建物は横浜市指定有形文化財に指定されている。

◇ A Related Words :
三溪園観桜の夕べ 2012/横浜 三溪園/横浜三渓園/三渓園 紅葉/三渓園 食事/本牧三渓園

=掲載のテキストについて=
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
著者: 記載無し 掲載サイト
掲載のテキストはクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスの下で利用可能です。
最終更新 2011年2月26日 (土) 12:33
Sponsored Link