動画でお散歩。。。
アートリンク in 横浜赤レンガ倉庫

 動画でお散歩。。。
アートリンク in 横浜赤レンガ倉庫

nagomi画像
神奈川県の祭り
神奈川県のまつり画像

アートリンク in 横浜赤レンガ倉庫

you tube 祭り
アートリンク in 横浜赤レンガ倉庫

■ アートリンク in 横浜赤レンガ倉庫

【開催日時】 2010年12月4日 〜 2011年2月28日
【開催場所】 横浜赤レンガ倉庫イベント広場(神奈川県横浜市中区)

※入場料金(参考)
大人:500円、小中学生:400円、3歳以上の未就学児:300円 ※貸靴料 :500円、付添観覧料:200円

■横浜赤レンガ倉庫イベントの広場イルミネーション
光のアートとアイススケートが楽しめるのはアートリンクならでは。ヨコハマの夜景を眺めつつ、ロマンチックな夜を満喫できます。

■ 横浜赤レンガ倉庫

横浜赤レンガ倉庫(よこはまあかレンガそうこ)は、神奈川県横浜市中区新港一丁目の横浜港にある歴史的建築物の愛称であり、正式名称は新港埠頭保税倉庫である。

2号館は1911年(明治44年)、1号館は1913年(大正2年)に竣工。保税倉庫としての役割は1989年(平成元年)までに終え、しばらく放置されていた。2002年(平成14年)に、1号館は展示スペース、ホールなどの文化施設、2号館は商業施設となり、付近一帯は広場と公園を備える赤レンガパークとして整備され、横浜みなとみらい21地区の代表的な観光施設となっている。第45回BCS賞 (2004年) 受賞。

赤レンガ倉庫(新港埠頭保税倉庫)は、明治時代の終わりから、大正時代の初めにかけて建設された。

当時の横浜港は、1859年(安政6年)の開港から半世紀を経て、近代的な港湾の整備が横浜市にとって急務となっていた。1889年(明治22年)には第1期築港工事が始められ、大桟橋、東西防波堤などの整備が進められた。これに続く1899年(明治32年)には、横浜税関拡張工事の名目で大蔵省が主導して、第2期築港工事が始められた。

第2期築港工事は、前期と後期に分かれる。前期工事は、税関前の海面を埋め立てて、係船岸壁を有する埠頭の建設を主に進めた。係船岸壁とは、船が直接接岸できる岸壁で、その建設は日本初の試みであった。引き続いて1905年(明治38年)に始められた後期工事は、埠頭の拡張と陸上設備(上屋、倉庫、鉄道、道路)の整備を目指した。赤レンガ倉庫は、後期工事の中で、国営保税倉庫として建設された。後期工事には、日清戦争後に急伸し東洋最大の港となっていた神戸港や大阪港に対抗するため、横浜市も約270万円の費用を負担して、築港の完成を急いだ。これは横浜市が国に働きかけて実現させた事業であり、国と地方の共同事業の嚆矢となった。

赤レンガ倉庫の設計は、妻木頼黄・部長率いる大蔵省臨時建築部。妻木頼黄は、馬車道にある横浜正金銀行本店(現、神奈川県立歴史博物館)の設計もした、明治建築界三巨頭の一人である。2号倉庫が1911年(明治44年)、1号倉庫が1913年(大正2年)に竣工した。第2期築港工事は1914年(大正3年)までに完成し、ここに税関埠頭、現在の新港埠頭が生まれた。

全長約150メートル、背面に鉄骨造ベランダを持ち、日本初のエレベーターや避雷針、消火栓を備える赤レンガ倉庫は、国営保税倉庫建築の模範となるとともに、組積造技術の最高段階を示す建築とされる。レンガとレンガの間に鉄を入れる補強が施されていたことで、1923年(大正12年)に発生した関東大震災でも、被害は1号倉庫の約30%損壊にとどまった。

◇ A Related Words :
アートリンク in 横浜赤レンガ倉庫 2011/横浜赤レンガ アートリンク 2011/横浜赤レンガ倉庫 アートリンク

=掲載のテキストについて=
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
著者: 記載無し 掲載サイト
掲載のテキストはクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスの下で利用可能です。
最終更新 2011年3月12日 (土) 05:46
Sponsored Link