動画でお散歩。。。七日堂裸参り

 動画でお散歩。。。七日堂裸参り

nagomi画像
nagomi画像
福島県のまつり

福島県 / 奇祭!七日堂裸参り

祭り動画
七日堂裸参り

■ 七日堂裸参り

【開催日時】 毎年1月7日
【開催場所】 円蔵寺(福島県河沼郡柳津町)

■毎年1月7日夜に行われる奇祭として有名です。

七日堂裸参りは、福満虚空蔵尊こと臨済宗霊厳山圓蔵寺で、毎年1月7日の夜に行われる福島県を代表するお祭りです。

凍てつく寒さの夜8時過ぎ、福満虚空蔵尊が祭られている菊光堂に、大勢の下帯一本になった素っ裸の男たちが集まります。
お寺の一番鐘を合図にして次々と菊光堂内の、参拝の鐘を突く麻縄が括り付けられている大鰐口を目指して奪い合って一斉に登り始めます。

熱く勇ましい姿に、堂内でひしめきあう見物客たちも大興奮! 熱気と活気が堂内いっぱいに広がります。

この日は圓蔵寺の縁日でもあり、境内及びこれを見るために集まった多くの観光客で会津柳津温泉は大混雑します。
JR東日本・只見線も、この日ばかりは参拝客で大混雑!臨時列車が出るほどの大混雑になります。

■ 円蔵寺

円蔵寺(えんぞうじ)は、福島県河沼郡柳津町にある臨済宗妙心寺派の寺院。山号は霊岩山。本尊は釈迦如来。この寺にある虚空蔵堂は「柳津虚空蔵」(やないづこくぞう)として知られ、村松山虚空蔵堂(茨城県東海村)・金剛證寺(三重県伊勢市)などと共に日本三虚空蔵のひとつに数えられる。また、「福満虚空蔵」とも称される。毎年1月7日に七日堂裸まいりが行われる。

この寺の創建年代等については諸説あって不詳であるが、縁起などによれば807年(大同2年)空海作とされる虚空蔵菩薩を安置するため、徳一が虚空蔵堂を建立したのが始めとされる。円蔵寺は虚空蔵堂(柳津虚空蔵堂)の別当寺として建立されたと伝えられる。南北朝時代の至徳年間(1384年〜1387年)臨済宗に改められ、江戸時代に入って一時真言宗に属することとなったが、1627年(寛永4年)に臨済宗に復帰している。

奥之院弁天堂は室町時代の建立で、重要文化財に指定されている。なお、奥之院は円蔵寺とは別の宗教法人となっている。

◇ A Related Words :
七日堂裸参り 2012/七日堂裸参り 2011/福島県 円蔵寺/福島県 圓蔵寺/夜に行われる奇祭/福満虚空蔵尊/臨済宗霊厳山圓蔵寺/福島県柳津町円蔵寺菊光堂

=掲載のテキストについて=
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
著者: 記載無し 掲載サイト
掲載のテキストはクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスの下で利用可能です。
最終更新 2010年10月26日 (火) 15:27
Sponsored Link