動画でお散歩。。。
金蛇水神社花祭り

 動画でお散歩。。。
金蛇水神社花祭り

nagomi画像
宮城県の祭り
宮城県のまつり

宮城県 / 金蛇水神社花祭り

you tube 祭り
金蛇水神社花祭り

■ 金蛇水(かなすいへび)神社花祭り

【開催日時】 2011年5月10日 〜 25日
【開催場所】 金蛇水神社(宮城県岩沼市三色吉水神)

■東北有数の牡丹園が見事です。
別名を牡丹祭りともいい、神社の花々、牡丹、つつじ、藤が一斉に咲き誇ります。

1300株100種類余りの牡丹が咲き誇り、その周りをつつじが彩ります。
神社隣接の牡丹園は、総面積1000坪で、昭和5年開園の東北では須賀川に次ぐ歴史ある牡丹園です。

また牡丹園奥と鳥居そばには藤棚があり、特に鳥居そばの藤は「九龍の藤」ともいわれ、樹齢300年にもなる古木ながら、美しい花を咲かせ、その姿と芳香は参拝者を楽しませてくれます。

これらの花々が神社の例大祭には見ごろをむかえ、神社は一大花園となり、参拝者で賑わいます。

■ 金蛇水神社(かなへびすいじんじゃ)

金蛇水神社は、宮城県岩沼市にある神社である。
この神社の創建年代等については不詳であるが、古くから水に関わる神として信仰されてきた。

社名については次のような縁起が伝えられている。永祚元年(989年)、一条天皇の御代に、京都の三条に住む刀匠小鍛冶宗近が天皇の御佩刀を鍛えよとの勅命を賜り、名水を求めて諸国を遍歴していた。

当社の鎮座する三色吉の地を訪れたところ、水神宮のほとりを流れる水の清らかさに心をうたれ、水神宮に参籠祈願して神恩を請い、宝刀を鍛えることができた。宗近は神の御加護に感謝し、雌雄一対の金蛇を斎鍛して水神宮に奉納し、都に上ったという。
以来この金蛇を御神体と崇め、社名も金蛇水神社と称して今日に至っている。

◇ A Related Words :
金蛇水神社花祭り 2012/金蛇水神社花祭り 2011/カナヘビスイジンジャ/かなすいへび じんじゃ

=掲載のテキストについて=
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
著者: 記載無し 掲載サイト
掲載のテキストはクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスの下で利用可能です。
最終更新 2011年3月5日 (土) 09:26
Sponsored Link