動画でお散歩。。。
塩釜神社秋季例大祭 浦安の舞

 動画でお散歩。。。
塩釜神社秋季例大祭 浦安の舞

nagomi画像
宮城県の祭り
宮城県のまつり

宮城県 / 塩釜神社秋季例大祭 浦安の舞

you tube 祭り
志波彦神社

■ 塩釜神社秋季例大祭 浦安の舞

【開催日時】 2011年10月21日 〜 23日
【開催場所】 塩釜神社(宮城県塩釜市)

■ 鹽竈神社

鹽竈神社(しおがまじんじゃ)は、宮城県塩竈市にある神社で、陸奥国の一宮である。全国にある鹽竈神社(塩竈神社、塩釜神社とも表記する)の総本社。

鹽竈神社別宮に塩土老翁神を主祭神として祀り(地図)、左宮に武甕槌神(地図)、右宮に経津主神を祭神として祀っている(地図)。塩土老翁神は海や塩の神格化と考えられる。神武天皇や山幸彦を導いたことから、航海安全・交通安全の神徳を持つものとしても見られる。また安産祈願の神でもある。

明治時代に、式内社の志波彦神社(しわひこじんじゃ)が境内に遷座し、現在は正式名称を志波彦神社鹽竈神社とし一つの法人となっている。

鹽竈神社境内には、国の天然記念物に指定されている鹽竈桜(シオガマザクラ)という貴重な桜の一種があり、毎年メディアに取り上げられるほど有名である。また、日本三大船祭、塩竈みなと祭の際には、鹽竈神社が祭りの出発点となり、志波彦神社鹽竈神社の神輿が塩竈市内を練り歩き、御座船を始め約100隻の船を従えて松島湾を巡幸する。
東北地方で最も多くの初詣客が集まることでも知られる。

■ 志波彦神社

志波彦神社は冠川(七北田川の別名)河畔に降臨されたとする志波彦神を祭る神社である。中世までの詳細な所在地は不明だが、東山道から多賀城へ通じる交通の要所で、軍事的にも岩切城などの重要な城がおかれた、宮城郡岩切村(現在の仙台市宮城野区岩切)の冠川左岸に位置していたと見られる。

元禄8年(1695年)に書かれた縁起によれば、天智天皇3年(665年)に始めて官幣が使わされたとされ、往古国主が重要視した大社として社家7人がいたとする。同縁起では志波彦神の由来を塩土老翁神のことであり、栗原郡の志波姫神社と同体であるとしているが、由来については諸説あり現在のところはっきりとしていない。農耕守護・殖産・国土開発の神と伝えられている。

清和天皇の貞観元年(859年)に正五位下勳四等から従四位下に神階を進め、延長5年(927年)には『延喜式神名帳』へ名神大として記載されている。

このように朝廷からも崇敬されていたが、中世以降は衰微して行く。元禄8年の縁起によれば、社地は百姓の耕作によって侵され、天正年間には火災により神具や縁起などの資料を失い、延宝3年(1675年)の再建時には6尺四方の小さな社殿となって岩切村の牛頭天王社(現・八坂神社)に合祀された。

明治時代になると、国幣中社に列せられたことを機に大きな社殿を造営する機運が生じたが、現・八坂神社境内では社地が狭かったため鹽竈神社境内に遷宮した。現・八坂神社境内の旧社殿はそのまま残し、既に遷宮した当社から1877年(明治10年)3月に分霊して「冠川神社」として摂社となった。

◇ A Related Words :
塩釜神社秋季例大祭 2012/志波彦神社 秋季例大祭 2012/陸奥国一宮 塩釜神社/塩釜神社 浦安の舞

=掲載のテキストについて=
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
著者: 記載無し 掲載サイト
掲載のテキストはクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスの下で利用可能です。
最終更新 2011年5月14日 (土) 03:43
Sponsored Link