動画でお散歩。。。六郷のカマクラ

 動画でお散歩。。。六郷のカマクラ

nagomi画像
秋田県の祭り
秋田県のイベント動画

秋田県 / 六郷のカマクラ

you tube 祭り
秋田の祭り

■ 六郷のカマクラ

【開催日時】 毎年2月11日 〜 15日
【開催場所】 諏訪神社、かまくら畑(秋田県美郷町六郷本道町)

■「六郷のカマクラ」は、毎年2月11日から15日にわたって開催されます。
豊作、安全繁栄を祈る「年ごい」の行事と、凶作や不幸を除去する「悪魔払い」の行事、そしてその年の吉凶を占う「年占い」の行事が一体となっておこなわれます。

2月15日をピークとし、11日の蔵開きと天筆書初め、12日の小正月市と天筆掲揚、鳥追い小屋造り、15日の餅つき、小正月の年とり、「天筆焼き」、「竹うち」、そして、「鳥追い」この一連行事を六郷のカマクラといい、この形が町に定着したのは江戸初期のころと伝えられています。

東北地方のカマクラの中でも、最も小正月行事本来の姿が伝承され、国の重要無形民族文化財として指定されています。

「六郷のカマクラ」最終日の夜に行われる竹うちは、町を南北に分けて竹で打ち合う勇壮なお祭で、北軍が勝てば豊作、南軍勝てば米の値が上がると伝えられています。この、「竹うち」は、約700年以上の歴史を誇り、国指定の重要無形民俗文化財に指定されています。

■ 六郷のかまくら

美郷町六郷地区では、延暦21年(802年)に征夷大将軍坂上田村麻呂が創建したという、秋田諏訪宮の小正月の神事として「かまくら行事」が2月11日から15日にかけ以下の日程で催される。観光行事としては、「竹うち」が有名。

■ 蔵開き

元旦から2月11日まで米の蔵出しを休む習わしで、蔵の前に据え膳をしてお灯明をともし、この日から蔵出しを始める。

■ 天筆まつり

子どもたちは11日、天筆を書いて翌日に備える。この天筆は、吉書、書初めであり、子どもたちが自分のものは自分で書き、自分で書けない幼年者のものは父兄が代筆し、15日の夜にかまくらに持って行く。元々は男の子の人数分だけ天筆が書かれたが、現在は女の子の分も書かれる。

12日は市が開かれ小正月年越しの準備の日である。この日から天筆を長い青竹の先につけて戸外に立てておく。15日の竹打ちの3回目の決戦の際に、正月の注連飾り、神符や門松とともに天筆が焼かれる、天筆焼きが行われる。

■ 鳥追い行事

13日あたりから、鳥追い小屋作りが始まる。鳥追い小屋と呼ばれる雪室は、雪を40cmくらいの厚さに四角に積み上げて、天井に茅を編んで作ったむしろを載せて作る。鳥追い小屋の中に「鎌倉大明神」が祀られ、子どもたちは互いに鳥追い小屋を訪問し合い、鳥追いの歌を歌ったりしてすごす。

15日になると小正月の餅つきが始まり、柳まゆ玉を作って神棚を飾る。まゆ玉は餅花、団子花ともいい柳の小枝にまゆ玉の餅を付けて作るが、これは稲穂をかたどったもので神棚や米俵の上に立てて豊作を祈願するものである。

■ 竹打ち

2月15日午後7時ころ木貝が鳴り続け、各町内で必勝祈願出陣式を終えた若い衆が青竹を担ぎ駆けだす。そして、約5mほどの竹を上下に振り下ろし叩き合う竹うちが始まる。午後8時半ころ両軍の息詰まるような沈黙が破れると、場内は人と竹の修羅場となり竹の打ち合い、割れる音、相手を殴りつける掛け声、ライトの灯りが雪に青白く映じて奮戦する竹の勇士が闇の中に浮き出される。

やがて9時ころひときわ高く木貝が鳴り響けば、神官が松におをお払いし、これに点火して、3回目の決戦が行われる。天筆を焼くかがり火の中での決戦である。そして、この竹うちで北軍が勝てば豊作、南軍が勝てば米の値が上がると言い伝えられている。安全のため、対戦者は作業用安全ヘルメットの着用が義務付けられており、竹をつつくことは反則とされている。

◇ A Related Words :
六郷のカマクラ 2012/六郷のかまくら/秋田県 六郷のカマクラ/美郷町 カマクラ

=掲載のテキストについて=
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
著者: 記載無し 掲載サイト
掲載のテキストはクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスの下で利用可能です。
最終更新 2011年11月10日 (木) 03:38
Sponsored Link