動画でお散歩。。。遠野まつり

 動画でお散歩。。。遠野まつり

nagomi画像
岩手県の祭り
岩手県のまつり

岩手県 / 遠野まつり

you tube 祭り
遠野まつり

■ 遠野まつり

【開催日時】 2011年9月17日 〜 18日
【開催場所】 遠野市 市街地(岩手県遠野市)

■遠野八幡宮の例大祭で、様々な郷土芸能が演じられる遠野市最大の秋のイベントである。

宵宮祭では、山伏神楽と呼ばれるテンポが速く躍動的である八幡神楽が、毎年八幡宮の宵宮に舞う。

町内を神輿が練り歩き、その道中、神輿を各家庭の門口に留め、家中の安全祈願祭を執り行う神輿渡御が行われる。

九月十五日の例大祭では、遠野南部流鏑馬が南端直線で120間(約220m)の芝生の馬場(市文化財)で行われる、勇壮な行事である。

■ 祭りの起源・由来

遠野八幡宮は鎌倉時代の創建で古来から遠野最大の祭り。特に、やぶさめは「北奥路程記」にも八戸藩の「根城村に遠野士、八幡御神事射手に行く節、馬場ならしを致す所あり・・・」とあり、古くは遠征もしていたようだ。

■ 遠野八幡宮 由 緒

= 遠野八幡宮 案内文より =

■八幡宮の由緒は詳らかではないが、文治5年(1189)平泉の藤原氏追討に従軍として功があり、源頼朝から遠野郷を賜った阿曽沼広綱が宇夫方広房を代官として送り、松崎村駒木に「舘」を築いて氏神である八幡神をまつって遠野郷を統治し、その後阿曽沼親綱が横田城を築き、城の鬼門である、東北の方角にある宮代に八幡宮を勧請して崇敬したのが始まりとされる。

慶長5年、阿曽沼氏衰退後南部領となり、寛永4年南部直栄が八戸から転封し、八幡宮は古来より源氏の氏神であったので南部家も厚く崇敬し、社領10石を寄進。更に直栄は寛文元年現在地に遷宮した。

大正2年本殿・幣殿改築。昭和25年八幡神社を「遠野郷八幡宮」と改称。翌26年には出雲大社の御分霊他三柱の神を合祀する。昭和42年には創建780年・現在地遷宮300年を記念して、幣殿・拝殿を改築し、昭和62年『遠野郷八幡宮創建八百年誌』を刊行し、八百年大祭を盛大に執行。

平成14年6月から「遠野郷八幡宮創建820年・現在地遷宮350年記念事業」を興し、平成15年9月に本殿屋根の改修、幣殿の改築を終え、平成16年10月には「お待殿(参拝者控え室)」が完成し、現在に至っている。

◇ A Related Words :
遠野まつり 2012/遠野まつり 2011/岩手県 遠野八幡宮/遠野南部流鏑馬

Sponsored Link