動画でお散歩。。。
金木桜まつり 芦野公園

 動画でお散歩。。。
金木桜まつり 芦野公園

nagomi画像
青森県の祭り
青森県のまつり

青森県 / 金木桜まつり 芦野公園

you tube 祭り
金木桜まつり 芦野公園

■ 金木桜まつり 芦野公園

【開催日時】 4月下旬 〜 5月上旬
【開催場所】 芦野公園(青森県五所川原市)

■「金木桜まつり」は、春の北津軽最大のイベントで、期間中約30万人以上の観光客が県内外から訪れます。

日本の桜百選にも数えられる県立芦野公園は、昭和初期より青森県内では弘前公園に次ぐ桜の名所として知られています。

また、この公園は金木町が生んだ作家太宰治が幼少の頃に好んで遊んだ場所であり、太宰治文学碑や津軽三味線発祥之地の碑などが湖畔に設けられています。

園内、約1200ヘクタールには、ソメイヨシノを中心に北海道松前から移入された里桜など約2200本あまりの桜と、約1800本の黒松の老木が芦野湖畔に広がり、湖面に見事なコントラストを見せ、四季折々の豊かな自然環境が満喫できます。

園内には、津軽鉄道芦野公園駅があり、園内を鉄道が走る全国でも珍しい光景を見ることができます。
桜の季節ともなると、線路を覆うように満開の桜が並び、その桜のトンネルをくぐる津軽鉄道との景観はあまりにも有名です。

■ 芦野公園駅

芦野公園駅(あしのこうえんえき)は青森県五所川原市金木町芦野にある津軽鉄道線の駅。1面1線の単式ホーム。

以前は通年有人駅(委託駅)だったが、現在は桜まつり期間中(4月下旬〜5月上旬)のみ社員が配置される。
JR線への連絡乗車券は発売していない。ただし、JR側の連絡運輸区域から当駅までの乗車券は発行可能。

駅舎の隣に旧駅舎が残る。旧駅舎で営業していた「喫茶メロス」は2006年(平成18年)に現駅舎内へ移転した。

ホーム向かいには先代のストーブ列車として使用されたオハ31形式三等客車(国鉄より購入)が1983年(昭和58年)の廃車後に保存展示されていた。2006年(平成18年)7月2日に撤去され、整備を受けた後に2007年(平成19年)10月14日に開業した鉄道博物館に収蔵された。

◇ A Related Words :
金木桜まつり 2012/金木桜まつり 2011/芦野公園 桜/芦野公園 桜まつり

=掲載のテキストについて=
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
著者: 記載無し 掲載サイト
掲載のテキストはクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスの下で利用可能です。
最終更新 2011年5月6日 (金) 08:39
Sponsored Link