動画でお散歩。。。
弘前ねぷたまつり

 動画でお散歩。。。
弘前ねぷたまつり

nagomi画像
青森県の祭り
青森県のまつり

青森県 / 弘前ねぷたまつり

you tube 祭り
弘前ねぷたまつり

■ 弘前ねぷたまつり

【開催日時】 毎年8月1日 〜 8月7日
【開催場所】 弘前市内(青森県弘前市)

■武者絵を題材にした勇壮華麗な、約80台の扇ねぷた、組みねぷた(人形ねぷた)が「ヤーヤドー」という掛け声とともに市内を練り歩く。

昭和55年(1980年)に国の重要無形民俗文化財に指定された。

毎年8月1日〜8月7日に開催され、動的で激しい「青森ねぶた」に比べ、「弘前ねぷた」は静的で勇壮な幻想的な祭りである。

■ 弘前ねぷた

弘前ねぷた(ひろさきねぷた)は、青森県弘前市で開催される弘前四大まつりのひとつである夏祭り。

大勢の市民が「ヤーヤドー」の掛け声とともに、武者絵が描かれた山車を引いて市内を練り歩く。 扇ねぷた(扇型)と組ねぷた(人形型)をあわせると約80台ものねぷたが運行される。 1980年(昭和55年)には国の重要無形民俗文化財に指定された。

■ 起源・歴史

ねぷたまつりの由来はさまざまあるが、(伝説)平安時代の初期、征夷大将軍・坂上田村麻呂が、敵をおびき出すために大きな人形を作った。
文禄2年(1593年)7月に藩祖為信が京都滞在中に盂蘭盆会で二間四方の大燈籠を出した。
(定説)江戸時代元禄期の後半からの「七夕祭りの松明流し・精霊流し・眠り流し」や「盆灯籠」などが融合変化し、現在の華麗なねぷた発展してきた。

語源は、「眠り流し」→「ねむた流し」→「ねむた」→「ねぷた(ねぶた)」と転訛。
(表記は佞武多、禰ふたと様々ある) 「眠り流し」は日本各地で行われている。
農作業の激しい夏期に襲ってくる睡魔を追い払うための行事として、厄災・邪悪を水に流して村の外に送り出す行事のひとつ。

士族の子供らが作り練り歩くねぷたでは、他の町会と出くわすと相手のねぷたに石を投げつけるなど喧嘩したため、何度も「ねぷた禁止令」が出されたことがある。これを「けんかねぷた」という。 (その名残が「石打無用」という言葉になってねぷたの肩部分などに記されているものもある)

■ 弘前ねぷたまつり 開催状況

★例年8月1日から7日にかけて行われる。最終日7日(午前運行)のことを「なぬか日」と呼ぶ。

★企業主催のねぷたは少なく、町会・集落単位でのねぷたが多かったが、近年は任意に仲間たちが集まって参加しているグループねぷたが増加傾向にある。それゆえここ10年で10数団体増えており、2008年は81団体の参加となった。

★弘前市の友好姉妹都市である、群馬県太田市(旧・新田郡尾島町、8月14,15日)と北海道斜里郡斜里町(7月中下旬)でもねぷた運行がされており、弘前ねぷたまつりに特別参加する年もある。

★期間中、1日平均約50団体が参加するが、土・日などの開催日には参加団体が多い場合がある。2006年(平成18年)の場合、木曜日の8月3日に59団体、土曜日の5日には62団体と集中したため、両日は出発時間を30分早い、午後6時半からとした。また、2008年(平成20年)には、日曜日の8月3日に63団体、駅前運行初日の5日には61団体が、2010年(平成22年)は、8月3日に61団体、駅前運行初日の5日には64団体が参加している。

★2011年は東日本大震災犠牲者への鎮魂や弘前城築城400年祭記念などをテーマに、7月31日に特別運行・8月7日になぬか日スペシャルが行われた。

◇ A Related Words :
弘前ねぷたまつり 2012/弘前ねぷたまつり 2011/弘前ねぷたまつり審査結果/弘前ねぷたまつり 前夜祭

=掲載のテキストについて=
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
著者: 記載無し 掲載サイト
掲載のテキストはクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスの下で利用可能です。
最終更新 2011年4月2日 (土) 20:22
Sponsored Link