動画でお散歩。。。三沢基地航空祭

 動画でお散歩。。。三沢基地航空祭

nagomi画像
青森県の祭り
青森県のまつり

青森県 / 三沢基地航空祭

you tube 祭り
三沢基地航空祭

■ 三沢基地航空祭

【開催日時】 2011年9月4日
【開催場所】 航空自衛隊三沢基地(青森県三沢市大字三沢字後久保地内)

■三沢基地航空祭は、毎年初秋の9月頃に開催される。

米軍基地と同居しているため、地上展示も飛行展示も日米共演と言った感じで盛りだくさんである。
一日で違った二つの雰囲気を楽しめるのが特徴の航空祭である。

F2やF16戦闘機など日米の約40機の航空機が展示され、集まった多くの観客を楽しませてくれます。

特に航空自衛隊のアクロバット飛行部隊「ブルーインパルス」の華麗な演技は全国から集まった航空ファンら約11万人を魅了します。

■ 三沢飛行場

三沢飛行場(みさわひこうじょう)は、青森県三沢市所在の飛行場。日本で唯一、民間、航空自衛隊、アメリカ空軍の3者が使用する飛行場である。「三沢空港」、「三沢基地」とも呼ばれる。

三沢飛行場(三沢空港)は、青森県の太平洋岸東南部にある三沢市のほぼ中央に位置し(三沢市中央部までバスで約15分)、青森県東部の玄関口となる空港である。飛行場の施設については日本政府(防衛省装備施設本部・東北防衛局三沢防衛事務所)が設置し、アメリカ軍が日米地位協定第3条に基づき管理している。

民間定期便が乗り入れるため使用されているエプロン、航空旅客ターミナル等(民航ターミナル地域)については国土交通省東京航空局および民間事業者が設置および管理を行っている。国土交通省が管轄する総面積約10.7haの民航ターミナル地域が「三沢空港」である。民間航空機の駐機スポットと滑走路・誘導路との間は電動ゲートで仕切られている。

■ 三沢基地航空祭(航空ショー)

毎年初秋の9月頃に航空祭を実施している。 三沢基地所属機による展示飛行、「ブルーインパルス」の展示飛行の他に、他基地からの外来機の地上展示、各種イベント等が実施される。

1994年は35年ぶりの来日となる「サンダーバーズ」の『西太平洋ツアー』に合わせ、当初9月15日開催予定を早め、平日水曜日の8月10日に実施、「ブルーインパルス」と「サンダーバーズ」が初共演した。

2004年の『西太平洋ツアー』で来日した「サンダーバーズ」は三沢基地を日本拠点として、百里、浜松へ展開したが 悪天候でフライトディスプレイはキャンセルされ、三沢でも航空祭とは別にフライトディスプレイの予定があったがこちらも悪天候でキャンセルされた。

2009年は10月18日に開催され、アメリカ空軍曲技飛行チーム「サンダーバーズ」が『西太平洋・東アジアツアー』の一環でフライトディスプレイ(展示飛行)を行った。

◇ A Related Words :
三沢基地航空祭 2012/三沢基地航空祭 2011/三沢基地航空祭 ニュース/三沢基地航空祭 ツアー/三沢基地航空祭 プログラム/ 三沢基地航空祭 サンダーバーズ /三沢基地航空祭 シャトルバス/航空自衛隊三沢基地/米軍三沢基地

=掲載のテキストについて=
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
著者: 記載無し 掲載サイト
掲載のテキストはクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスの下で利用可能です。
最終更新 2011年6月19日 (日) 14:11
Sponsored Link