動画でお散歩。。。青森ねぷた祭り

 動画でお散歩。。。青森ねぷた祭り

nagomi画像
青森県の祭り
青森県のまつり

青森県 / 青森ねぷた祭り

you tube 祭り
青森ねぷた祭り

■ 青森ねぷた祭り

【開催日時】 毎年8月2日 〜 7日
【開催場所】 お祭り広場ほか(青森県青森市)

■ 運行スケジュ−ル

・2日 (夜) 子どもねぷた
・3日 (夜) 大型ねぷた運行
・4日 (夜) 大型ねぷた運行
・5日 (夜) 大型ねぷた運行
・6日 (夜) 大型ねぷた運行
・7日 (昼) 大型ねぷた運行 / (夜) 青森花火大会 ・ ねぷた海上運行

■青森ねぶた祭は、仙台の七夕、秋田の竿灯と並んで、東北三大祭りの一つとして数えられている青森市の夏祭りです。

「ラッセラー、ラッセラー」の勢いのいい掛け声とともに、連日繰り広げられるダイナミックで豪華絢爛な武者人形の山車が町中を練り歩きます。

■ 青森ねぶた

青森ねぶた(あおもりねぶた)、または青森ねぶた祭(あおもりねぶたまつり)とは青森県青森市で8月2〜7日に開催される夏祭りであり、毎年、延べ300万人以上の観光客が訪れる。 1980年には国の重要無形民俗文化財に指定された。

毎年8月2〜7日まで開催される。このうち8月2〜6日が夜間運行である。7日は昼間運行であるが、夜に海上運行と花火大会が催される。また、8月1日には前夜祭が行われる。開催にかかる費用は、約2億2千万円。

青森のねぶたには大型ねぶた、子供ねぶた、地域ねぶたがある。子供ねぶた、地域ねぶたは主に町内会が主流となって運行するねぶたであり大きさも普通の大型ねぶたより一回り小さい。子供ねぶたは8月2・3日の2日間運行される。大型ねぶたは開催期中必ず運行されるが、奨励金の関係か2日と3日は大型ねぶたの運行台数が少ない。

■ ねぶた祭りへの参加

ねぶたの運行に関して基本的な運営(ねぶたの隊列、山車の運行、囃子方)は各出陣団体によって賄われる。それ以外の重要なファクターとしてねぶたをロープで引っ張る子供(現在は形式だけで実際に引く団体は稀)、ハネトがある。特にハネトに関しては正式な装束をまとってさえいればどの団体のねぶたに参加しても自由であり、観光客でも参加することができる。

県内のスーパーやデパートなどでは、花笠を除いて一式5000円程度で販売されている他、ねぶたの運行ルート上には衣装のレンタルを行っている所もある。こういった所では衣装の着付けもしてくれるので気軽にハネトとして参加することができる。

◇ A Related Words :
青森ねぷた祭り 2012/青森ねぷた祭り 2011/青森ねぶた祭りの内容/青森ねぶた祭りとは/青森ねぶた祭り 動画/Nebuta Festival/青森ねぶた祭り 花火/青森ねぶた祭り 宿泊/ 青森ねぶた祭りツアー /青森ねぶた祭り 観覧席/青森ねぶた祭り 桟敷席

=掲載のテキストについて=
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
著者: 記載無し 掲載サイト
掲載のテキストはクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスの下で利用可能です。
最終更新 2011年6月11日 (土) 14:39
Sponsored Link