動画でお散歩。。。
モエレのホワイトクリスマス

 動画でお散歩。。。
モエレのホワイトクリスマス

nagomi画像
広島県の祭り
北海道のイベント動画

北海道 / モエレのホワイトクリスマス

you tube 祭り
北海道のイベント

■ モエレのホワイトクリスマス

【開催日時】 2011年12月23日 〜 25日
【開催場所】 モエレ沼公園 ガラスのピラミッド(北海道札幌市東区モエレ沼公園)

★周辺情報
◇公共交通: 地下鉄環状通東駅からバス25分、モエレ公園東口バス停 → 徒歩10分
◇車: 札樽道伏古ICから道道112号経由で3km

■「モエレのホワイトクリスマス」は、ライトアップされたアトリウムでのコンサートイベントです。
ガラスのピラミッドを舞台に、札幌市内で活躍する音楽家たち15組の出演が予定され、ジャズやクラシック、民俗音楽などさまざまなジャンルの音楽が演奏されます。

美しい音楽で満たされた会場では、スノーキャンドルを灯すイベントも開催され、キャンドルの温かな光とクリスマスの夜を静かに照らします。

★イベント料金(参考)
一般:300円 高大生:200円 小中生:100円
※小学生未満、高齢者手帳お持ちの方無料

■ モエレ沼公園

モエレ沼公園(モエレぬまこうえん、Moerenuma Park)は、北海道札幌市東区にある公園である。分類は、総合公園(都市公園)。

■ モエレ沼公園 概要

半円状のモエレ沼の内側を中心に、沼の岸も含む。1988年に着工し、2005年7月1日に完成、オープンした。面積はモエレ沼の水面もあわせて1.89km2。2002年度のグッドデザイン大賞を受賞している。

モエレ沼公園の整備は、札幌市の市街地の周囲を緑化しようという「緑化環状グリーンベルト構想」で始まった。1979年からゴミの搬入・埋め立てが始まり、公園の基盤整備は1982年から始まった。ゴミの埋め立てが終了したのは1990年である。埋め立てられた廃棄物の量は約270万トンに達する。

公園の基本設計は、日系アメリカ人の彫刻家イサム・ノグチ、監修はイサム・ノグチ財団のショージ・サダオ(貞尾昭二)、設計統括はアーキテクトファイブによる。設計監理統括者は川村純一。ノグチは若い頃から彫刻作品を作る一方で「大地を彫刻する」公園計画などに興味を持ち、1930年代以来「プレイマウンテン」など様々な模型を製作し、コンペにも参加していたがなかなか果たせなかった。しかし札幌市が市街地の周りを公園や緑地など8つの緑地帯で包み込もうとする計画を建て、市長への推薦からノグチへオファーが舞い込んだ。

1988年3月に札幌を初めて訪れたノグチは、ゴミ埋立地だったモエレ沼のために公園を設計した。この計画の中には、彼の数十年来の構想であったプレイマウンテンも含まれていた。彼はそれが形になるのを見ずに同年末に死去したが、その後も基本設計に基づき工事は進められた。当初、全施設の完成予定は2004年とされていたが、それ以前から完成済みの設備から順次利用に供用されている。2005年には最後に残された中央噴水「海の噴水」の工事が完成し、同年7月1日にグランドオープンを迎えた。

◇ A Related Words :
モエレのホワイトクリスマス 2012/モエレ沼公園 クリスマス/モエレ沼公園 スキー/モエレ沼公園 クリスマス/札幌 モエレ沼公園/モエレ沼公園 冬/モエレ沼公園 レストラン

=掲載のテキストについて=
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
著者: 記載無し 掲載サイト
掲載のテキストはクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスの下で利用可能です。
最終更新 2011年12月26日 (月) 04:21
Sponsored Link