寺院画像
五重塔画像

2番札所
紀三井寺

祈り画像

2番札所  紀三井山 紀三井寺 (きみいざん  きみいでら)

  • 所在地 和歌山県和歌山市紀三井寺1201
  • 山号 紀三井山
  • 宗旨 救世観音宗
  • 寺格 総本山
  • 本尊 十一面観音
  • 創建年 伝・宝亀元年(770年)
  • 開基 伝・為光上人
  • 正式名 紀三井山金剛宝寺護国院
  • 文化財 楼門・鐘楼・木造千手観音立像ほか
    (重要文化財) 本堂(和歌山県指定文化財)
youtube入口
紀三井寺画像

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

紀三井寺(きみいでら)は、和歌山県和歌山市紀三井寺にある仏教寺院。
正式名は紀三井山金剛宝寺護国院。
西国三十三箇所第2番札所。

寺号は詳しくは紀三井山金剛宝寺護国院と称す。
宗教法人としての公称は「護国院」であるが、古くから「紀三井寺」の名で知られる。

宗派はもと真言宗山階派に属したが、1948年に独立して救世観音宗総本山を名乗る。
本尊は十一面観音で、西国三十三箇所観音霊場の第2番札所である。

伽藍は山の中腹にあって、境内から和歌山市街を一望できる。
山内に涌く三井水(吉祥水・清浄水・楊柳水)は、「名水百選」に選ばれている。
また、境内は関西一の早咲き桜として知られており、観桜の名所として名高く、日本さくら名所100選にも選ばれている。

伝承によれば、宝亀元年(770年)、唐僧の為光が、日本各地を行脚していた時、名草山山頂から一筋の光が発せられているのを見た。
光の元をたどって名草山に登った為光は、そこで金色の千手観音を感得した。
為光は自ら観音像を彫刻し、胎内仏としてその金色千手観音像を奉納し、草堂を造って安置したのが紀三井寺の始まりであるという。
名草山に三つの霊泉(清浄水、楊柳水、吉祥水)があることから「紀三井山」という山号になったといわれるが、『紀伊続風土記』では付近の地名「毛見(けみ)」が転じたものとされている。

真言宗山階派勧修寺の末寺であったが、昭和23年(1948年)3月20日、救世観音宗を開創して本山より独立した。

サイド案内板
西国三十三ケ所霊場一覧
1番札所 : 青岸渡寺 12番札所 : 正法寺 23番札所 : 勝尾寺
2番札所 : 紀三井寺 13番札所 : 石山寺 24番札所 : 中山寺
3番札所 : 粉河寺 14番札所 : 園城寺 25番札所 : 清水寺
4番札所 : 施福寺 15番札所 : 観音寺 26番札所 : 一乗寺
5番札所 : 葛井寺 16番札所 : 清水寺 27番札所 : 圓教寺
6番札所 : 南法華寺 17番札所 : 六波羅蜜寺 28番札所 : 成相寺
7番札所 : 岡寺=龍蓋寺 18番札所 : 頂法寺 29番札所 : 松尾寺
8番札所 : 長谷寺 19番札所 : 行願寺 30番札所 : 宝厳寺
9番札所 : 興福寺 20番札所 : 善峯寺 31番札所 : 長命寺
10番札所 : 三室戸寺 21番札所 : 穴太寺 32番札所 : 観音正寺
11番札所 : 醍醐寺 22番札所 : 總持寺 33番札所 : 華厳寺

=掲載のテキスト/画像について=

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
著者: 663highland   掲載サイト
掲載のテキストはクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスの下で利用可能です。
掲載の画像はクリエイティブ・コモンズ 表示-継承 3.0 非移植ライセンスのもとに利用を許諾されています。