寺院画像
五重塔画像

32番札所
観音正寺

祈り画像

32番札所  繖山 観音正寺 (きぬがさやま  かんのんしょうじ)

  • 所在地 滋賀県近江八幡市安土町石寺2
  • 山号 繖山
  • 宗派 天台宗
  • 本尊 千手観音
  • 創建年 伝・推古天皇13年(605年)
  • 開基 伝・聖徳太子
  • 札所等 西国三十三箇所32番
  • 文化財 千手観音立像(旧国重要文化財・1993年焼失)
youtube画像
観音正寺画像

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

観音正寺(かんのんしょうじ)は、滋賀県近江八幡市安土町にある天台宗の寺院。山号は繖山(きぬがささん)。
本尊は千手観音。西国三十三箇所第32番札所である。
琵琶湖の東岸、標高433メートルの繖山(きぬがさやま)の山頂近くに位置する。
伝承によれば、推古天皇13年(605年)、聖徳太子がこの地を訪れ、自刻の千手観音を祀ったのに始まるという。
聖徳太子はこの地を訪れた際に出会った「人魚」の願いにより一寺を建立したという。
その人魚は、前世が漁師であり、殺生を業としていたために人魚に生まれ変わり苦しんでいたという。
寺にはその人魚のミイラと称するものが伝えられていたが、平成5年(1993年)の火災で焼失してしまった。

「聖徳太子が人魚の願いにより建立」云々という話が後世の仮託であることは言うまでもない。
ただし、滋賀県の湖東地方には他にも長命寺(近江八幡市)、石塔寺(東近江市)、百済寺(東近江市)などの聖徳太子開基伝承をもつ寺院が点在し、その多くが渡来人ゆかりの寺院であることは注目される。

観音正寺が位置する繖山には、室町時代以来近江国南半部を支配した佐々木六角氏の居城である観音寺城があり、寺は佐々木六角氏の庇護を得て栄えた。
観音寺城は永禄11年(1568年)、織田信長の軍勢に攻められて落城。
数年後には佐々木六角氏所縁の観音正寺も焼き討ちに遭い、全焼した。再興されたのは慶長年間(1596年 - 1615年)のことである。

観音正寺の本堂は平成5年(1993年)に失火で焼失した。
交通不便な山中にある寺院のため、消火活動もままならず、重要文化財に指定されていた本尊千手観音立像も焼失してしまった。
現在ある木造入母屋造の本堂は平成16年(2004年)に再建されたものである。

サイド案内板
西国三十三ケ所霊場一覧
1番札所 : 青岸渡寺 12番札所 : 正法寺 23番札所 : 勝尾寺
2番札所 : 紀三井寺 13番札所 : 石山寺 24番札所 : 中山寺
3番札所 : 粉河寺 14番札所 : 園城寺 25番札所 : 清水寺
4番札所 : 施福寺 15番札所 : 観音寺 26番札所 : 一乗寺
5番札所 : 葛井寺 16番札所 : 清水寺 27番札所 : 圓教寺
6番札所 : 南法華寺 17番札所 : 六波羅蜜寺 28番札所 : 成相寺
7番札所 : 岡寺=龍蓋寺 18番札所 : 頂法寺 29番札所 : 松尾寺
8番札所 : 長谷寺 19番札所 : 行願寺 30番札所 : 宝厳寺
9番札所 : 興福寺 20番札所 : 善峯寺 31番札所 : 長命寺
10番札所 : 三室戸寺 21番札所 : 穴太寺 32番札所 : 観音正寺
11番札所 : 醍醐寺 22番札所 : 總持寺 33番札所 : 華厳寺

=掲載のテキスト/画像について=

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
著者:Jnn  掲載サイト
掲載のテキストはクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスの下で利用可能です。
掲載の画像はクリエイティブ・コモンズ 表示-継承 3.0 非移植ライセンスのもとに利用を許諾されています。