寺院画像
五重塔画像

7番札所
  岡   寺

祈り画像

7番札所  東光山 岡寺=龍蓋寺 (とうこうざん  おかでら)

  • 所在地 奈良県高市郡明日香村岡806
  • 山号 東光山(とうこうざん)
  • 宗派 真言宗(豊山派)
  • 本尊 如意輪観音
  • 創建年 不明
  • 札所等 西国三十三箇所第七番
  • 文化財 仁王門(重要文化財)
youtube入口
龍蓋寺画像

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

岡寺(おかでら)は、奈良県高市郡明日香村にある真言宗豊山派の寺院。
山号は東光山、寺号は龍蓋寺(りゅうがいじ)とも称する(寺号については後述)。
本尊は如意輪観音。西国三十三箇所第7番札所。

創建時期は不明だが、天武天皇の皇子で27歳で早世した草壁皇子の住んだ岡宮の跡に義淵僧正が創建したとされる。

寺の西に隣接する治田神社(はるたじんじゃ)境内からは奈良時代前期にさかのぼる古瓦が発掘されており、創建当時の岡寺は現在の治田神社の位置にあったものと推定されている。
2005年に国の史跡に指定された。

現在では真言宗豊山派の寺院だが、義淵僧正は日本の法相宗の祖であり、その門下には東大寺創建に関わった良弁や行基などがいた。
義淵僧正が法相宗の祖とされていたため、江戸時代までは興福寺の末寺であった。

江戸時代以降は長谷寺の末寺となった。
前述のように、当寺院には「岡寺」「龍蓋寺」の2つの寺号がある。

「岡寺」は地名に由来する寺号、「龍蓋寺」は法号である。
仁王門前の石柱には「西国七番霊場 岡寺」とあり、通常はもっぱら「岡寺」の呼称が用いられている。

宗教法人としての登録名も「岡寺」である(そのため、重要文化財建造物の指定名称は「岡寺仁王門」「岡寺書院」となっている)。

サイド案内板
西国三十三ケ所霊場一覧
1番札所 : 青岸渡寺 12番札所 : 正法寺 23番札所 : 勝尾寺
2番札所 : 紀三井寺 13番札所 : 石山寺 24番札所 : 中山寺
3番札所 : 粉河寺 14番札所 : 園城寺 25番札所 : 清水寺
4番札所 : 施福寺 15番札所 : 観音寺 26番札所 : 一乗寺
5番札所 : 葛井寺 16番札所 : 清水寺 27番札所 : 圓教寺
6番札所 : 南法華寺 17番札所 : 六波羅蜜寺 28番札所 : 成相寺
7番札所 : 岡寺=龍蓋寺 18番札所 : 頂法寺 29番札所 : 松尾寺
8番札所 : 長谷寺 19番札所 : 行願寺 30番札所 : 宝厳寺
9番札所 : 興福寺 20番札所 : 善峯寺 31番札所 : 長命寺
10番札所 : 三室戸寺 21番札所 : 穴太寺 32番札所 : 観音正寺
11番札所 : 醍醐寺 22番札所 : 總持寺 33番札所 : 華厳寺

=掲載のテキスト/画像について=

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
著者:空欄  掲載サイト
掲載のテキストはクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスの下で利用可能です。
掲載の画像はクリエイティブ・コモンズ 表示-継承 3.0 非移植ライセンスのもとに利用を許諾されています。