日本の世界遺産/知 床

【登録物件名】 Shiretoko

【遺産種別】  自然遺産

【登録年月日】  2005年7月17日(第29回世界遺産委員会ダーバン会議)

【所在地】  北海道斜里郡斜里町、目梨郡羅臼町

登録物件概要

北海道の東端にあるオホーツク海に面した知床半島と、その沿岸海域が登録の対象となっている。

半島中央部は、千島火山帯が貫き、海岸線は荒く海に削られた地域である。
冬には世界で最も南端に接岸する流氷が訪れる。

この流氷により大量のプランクトンが、サケなどの豊富な魚介類が生息する。
サケは秋に知床の河川を遡上し、ヒグマやオジロワシなどに捕食される。
これらの動物の排泄物および死骸は、植物の栄養素として陸地に還元される。

このような、海と陸との食物連鎖を見ることのできる貴重な自然環境が残る点が国際自然保護連合(IUCN)に評価され、2005年に世界自然遺産の登録物件となった。

日本では、自然遺産として3件目の登録。また、海岸線から約3km沖まで登録地域となり、日本で初めて海洋を含む自然遺産登録物件となった。

知床五湖と硫黄岳
野生のヒグマ(ルシャ湾)
羅臼岳山頂より知床連峰
知床峠から見る羅臼岳

世界の宝 しれとこ宣言

知床は、海と陸の生態系と生物の多様性が類まれな価値をもつ、世界自然遺産です。

知床は、北半球で流氷が接岸する世界最南端の地であり、海から陸に繋がる生態系の微妙なバランスの下で多様な動植物が混在し、オオワシやオジロワシなどの国際的希少種の重要な繁殖地にもなっています。
そして豊かな海の恵みは、遡上する魚によって森に運ばれ、そこに生息するヒグマなどの動物を育んできました。

この大いなる知床の自然環境は、いにしえの時代から、この地に息づく多様な「いのち」の営みを支えています。

世界自然遺産「知床」を、人類共有の財産として、次の世代に責任を持って引き継いでいくためにも、私たちは、尊い歴史の歩みと大地の記憶を心に刻み込み、アイヌの人達をはじめ地域の先人達がこれまで培ってきた知恵と技術をしっかり学びながら、道民一丸となって世界に誇る知床の適正な利用と保全に努めていくことをここに宣言します。


  平成17年10月30日

北海道知事  高橋 はるみ
斜里町長  午来  昌      
羅臼町長  脇  紀美夫    

日本の世界遺産一覧
自然遺産 / 知床 自然遺産 / 白神山地 文化遺産 / 日光の社寺
文化遺産 / 白川郷/五箇山の合掌造り集落 文化遺産 / 古都京都の文化財 文化遺産 / 法隆寺地域の仏教建造物
文化遺産 / 古都奈良の文化財 文化遺産 / 紀伊山地の霊場と参詣道 文化遺産 : 姫路城
文化遺産 / 広島の平和記念碑(原爆ドーム) 文化遺産 / 厳島神社 文化遺産 / 石見銀山遺跡とその文化的景観
自然遺産 / 屋久島 文化遺産 / 琉球王国のグスク及び関連遺産群 日本の世界遺産 / トップページ

=掲載のテキスト/画像について=
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
著者: Jpatokal   掲載サイト
掲載のテキストはクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスの下で利用可能です。
掲載の画像はクリエイティブ・コモンズ 表示-継承 3.0 非移植ライセンスのもとに利用を許諾されています。